UQモバイルにしたいけど、どのプランを選べばいいのか分からないという人は多いです。

この記事では、UQモバイルの新料金プランの解説をしていきます。これを読めば、あなたにとって最適なプランを悩むことなく選ぶことができます。

あなたに適したプランを一緒に考えていきましょう。

新料金プランの内容を理解する

おすすめのプランを説明する前に、まずはUQモバイルのプランにはどのようなものがあるのか触れておきます。といっても、UQモバイルのプランは非常にシンプルなため、そこまで難しくありません。

UQモバイルのプランは、以下の表のように3種類あります(表内の金額はすべて税抜きです)。

プラン名月額料金データ容量
プランS1980円3GB
プランM2980円9GB
プランL3980円14GB

まず、プランにはS・M・Lと3種類あります。選んだプランに応じて、毎月支払う金額が変わります。

表内の項目にある「データ容量」とは、1ヶ月の間で快適に利用できるインターネットの使用量です。1ヶ月間でこの数値をオーバーしてしまうと、インターネットの通信速度が遅くなり、ほぼ使い物にならなくなってしまいます。

通信速度が低下すると、ページの読み込みに時間がかかったり、動画が再生されるまでにやたらと時間がかかったりします。

このように、ネットを使いすぎるとスマホが機能不全に陥るため、1ヶ月で自分がどの程度のインターネットを使うのかを把握しておく必要があります。

まずは自分の携帯の使用状況を確認する

自分の使用状況を確認することはプランを選ぶうえで必須です。自分がインターネットや通話をどの程度使っているのかをチェックしておかないと、どのUQプランが自分にとって最適なのか分からないからです。

自分の利用状況は、契約しているキャリアの会員サービスで確認することができます。

会員サービスとは、「My docomo」「My au」「My softbank」と呼ばれる、ユーザーが自分の契約状況を確認できるサイトやアプリのことを指します。

例えば、auのデータ使用量をチェックする場合は、GoogleやYahooなどの検索エンジンで「My au」と検索します。すると、検索結果の一番上に「My au」の公式サイトが現れますので、クリックしましょう。

ページの真ん中あたりに「au ID」でログインと書かれたボタンがあるので、それを押します。

以下のように、ログインページでau IDとパスワードを入力します。

IDやパスワードが分からない場合は、「ID・パスワードを忘れた場合はこちら」と書かれたリンクボタンを押してください。ログインページのどこかに必ずあるはずなので、そこからパスワードの再設定などを行ってください。

My auの場合は、「昨日までのご利用料金」というところを押せば、今月と前月のインターネット使用量を確認することができます。

▼昨日までのご利用料金

▼今月分のデータ使用量

▼前月分のデータ使用量(青い部分)

このようにして自分の利用状況を確認しましょう。docomoやsoftbankも、だいたい似たようなやり方でデータ使用量を確認することができるので、試してみてください。

あなたにとっておすすめのUQプランとは?

それでは自分の利用状況を把握した上で、どのようなプランで構成するべきかを解説していきます。とはいえ、毎月のデータ使用量に合わせたプランを選ぶだけです。基本的には以下のように選べば問題ありません。

  • 1〜3GBの使用量…プランS(3GB)
  • 4〜9GBの使用量…プランM(9GB)
  • 10〜14GBの使用量…プランL(14GB)

ただ、インターネットのデータ使用量に毎月バラつきがある場合、気持ち少なめのプランを選ぶことをおすすめします。なぜなら、UQモバイルは余ったデータ容量を翌月に「繰り越し」できるからです。

例えば、私の半年間のインターネット使用量には大分ばらつきがあります。実際には、以下のような使用量になります。

7月8月9月10月11月12月
3.0GB0.6GB5.1GB0.3GB2.3GB4.7GB

上記のネット使用量の場合、基本的には3GBのプランSを選べば問題ないです。何回か3GBをオーバーしている月がありますが、ここで前月の「繰り越し」が役に立ちます。

8月は0.6GBしか使っていないため、3−0.6=2.4で「2.4GB」の余りがあります。この8月の余った2.4GBと9月の新たな容量3.0GBを合わせ、5.4GBものデータ容量を9月に使うことができます。

したがって、9月に5.1GB使っていたとしても、使い方にムラがあれば、前月の余ったデータ使用量でまかなえてしまう可能性があるのです。

ちなみに、12月も3GBをオーバーして4.7GB使用していますが、ここも繰り越しでまかなえています。

11月は2.3GB使っているため、余り0.7GBしかないように感じるかもしれません。しかし、注目してほしいのはさらにその前月の10月のデータ使用量です。

10月は0.3GBしか利用していないため、3.0-0.3=2.7で余りが2.7GBあります。11月は2.3GBしか利用していないため、10月の余りである2.7GB分の使用量で事足りているのです。

この場合、11月の3GBは丸々使わずに残っていることになります。なぜなら、データ消費は繰り越しされた容量から消費されていくからです。

これにより、12月は11月の余りのデータ容量の3.0GBと12月分の3.0GB合わせて6.0GBものデータ容量を使えることになるため、4.7GBの使用量をカバーできるのです。

このように考えれば、たまにデータ容量がオーバーしてしまう程度なら繰り越し機能でカバーできる可能性が高いため、わざわざ高いプランを選ばなくてもいいことがわかります。

通話の頻度によって通話オプションを追加する

また、「通話オプション」を付けるかどうかも決める必要があります。通話は基本的に30秒あたり20円(税抜)かかりますが、通話オプションを付けることにより、無料通話が可能になります。

UQモバイルの通話オプションは3種類存在します。サービス内容は以下のようになります(表内はすべて税抜)。

オプション名月額料金
かけ放題(24時間いつでも)1700円/月
かけ放題(10分/回)700円/月
通話パック(60分/月)500円/月

結論として、通話オプションを付けるなら、「かけ放題」を選んだ方がいいです。1ヶ月でトータル通話時間を60分無料にする「通話パック」は使い勝手の悪いプランと言わざるを得ないからです(赤字のプラン)。

「長電話」もしくは「短い電話を何度もかける」のいずれのケースでも、60分という時間はとても短いです。

例えば、私の働く家電量販店に来るお客さんで、長電話をするという人の1回の平均通話時間は2時間以上の人がほとんどです。とても60分ではカバーし切れません。

一方で、断続的にそこそこの通話をする人の場合、通話の回数が多くても、10分を越える通話をする人はそこまで多くないのが現状です。ただ、トータルの通話時間は100分以上の人が大多数のため、やはり60分以内には収まっていないのです。

通話パック(60分/月)はかけ放題(10分/回)よりも200円ほど安いですが、上記の理由から基本的にかけ放題を選ぶことをおすすめします。

通信速度を求めるならUQモバイル

UQモバイルのメリットはたくさんあります。ピックアップするとすれば、以下のようになります。

  • インターネットの通信速度が1日通して速い
  • リアルショップがある
  • クレジットカード以外にも口座振替などの支払い設定ができる
  • 解約しても違約金がかからない
  • auとのコラボキャンペーンなどがある

特に、auと同じKDDI管轄の企業が運営しているため、通信速度が安定しているのがいちばんのメリットです。

通常の格安SIMでは、昼時や夜間の通信速度が著しく低下するデメリットがありますが、UQモバイルはそのあたりを心配する必要がありません。



大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。