携帯の契約をするとき、乗り換えしづらいと感じるポイントに違約金があります。かつては、解約しても違約金が発生しない「更新月」と呼ばれるタイミングで変えなければ、9500円(税抜)の解約金を支払う必要がありました。

しかし、201910月以降から法律が変わり、各社の解約金が1000円以下になりました。これにより、格安SIMへの乗り換えが今までよりもずっとやりやすくなったのです。

この記事では、解約金の負担をかけずに格安SIMに乗り換える方法と、契約縛りの無い格安SIMを紹介していきます。解約金の呪縛から解き放たれたい人は参考にしてください。

大手3キャリアを解約しても本当に解約金は1000円だけなのか?

かつては、大手3キャリアとも2年間の更新契約という制度が採用されていました。更新契約とは、契約を満了しても自動で再契約される(ループする)契約です。

以下は、2年間の更新契約を行った場合のイメージ図になります。

この場合、契約満了月の前後3ヶ月しか「違約金の発生しない時期」が存在し、それ以外の解約だと、たとえ2年以上加入していたとしても違約金が発生するようになります。

それが、2019年の10月以降からは以下のようになりました。2年間の更新契約はそのままですが、解約金が9500円から1000円に改定されています。

ただし、いま大手3キャリアを契約している人たちが自動的に解約金1000円になるわけではありません。違約金の負担を減らすためには、対象プランへの変更手続きを行う必要があります

ドコモはプランを変えても、すぐに解約金は変わらない

対象プランとは、10月以降に設定された新料金プランのことです。現在加入中の旧プランから、解約金が1000円に設定された新プランに変更しなければ、違約金は9500円のままとなります。

では、プランさえ変えればすぐに解約金が1000円になるのかというと、3キャリアの中でドコモだけはすぐに反映されないため、注意が必要です。

なぜならドコモには、保留期間と呼ばれる期間が存在するからです。以下のように、小さい文字で公式サイトに書かれています。

保留期間とは、2019年10月以降の新料金プラン(違約金が1000円のプラン)に変更しても、9500円の違約金がかかってしまう期間のことです。

保留期間は契約内容によって違います。具体的には、今まで加入していたプランの解約金のかからない期間までとなります。

例えば、現在加入中のプランが2020年の3月に更新月(違約金のかからない月)を迎えるとします。

この場合、違約金を1000円にするため2019年の10月に新料金プランへ変更したとしても、違約金が1000円になるのは2020年の3月以降となります。

早い話が、ドコモは「簡単にはやめさせない」と言っているわけです。

さて、ドコモの解約金負担を1000円にする指定のプランは以下のプランになります。

  • ギガホ2
  • ギガライト2
  • ケータイプラン2
  • データプラン2
  • キッズケータイプラン2

上記のプランに変更し、解約更新月を迎えることで、それ以降の違約金が1000円になります。注意すべき点は、プランの名称に「2」と書かれていないものは、解約金が9500円(税抜)かかるということです。

解約金が1000円になるのは10月以降から始まった「2」と表記されたプランのみのため、プラン名が同じでも違約金が9500円ほどかかります。

したがって、現在加入中のプランが「2」と書かれた新料金プランかどうかを今一度チェックしたうえで、解約の手続きをするようにしてください。

auはプラン変更した翌月から解約金1000

一方、auはドコモとは違い、保留期間などは一切設けられていません。auはプランを変更した翌日から解約金を1000円(税抜)にすることができます

例えば10月に解約したいときは、9月中に指定プランへ変更すれば、従来の9500円から1000円へと解約金を変更したうえで、10月にauを解約することができます。

auの解約金負担を0円にする指定プランは、以下のプランになります。

  • auデータMAXプランpro
  • auデータMAXプランNetflixパック
  • auフラットプラン25NetflixパックN
  • auフラットプラン20N
  • auフラットプラン7プラスN
  • 新auピタットプランN

上記の名称以外のプランは、すべて解約金が9500円(税抜)かかってしまいます。したがって、解約金をかけずにauをやめる場合は、前月までに前もって上記のプランに変更しておく必要があります。

ソフトバンクはプラン変更した翌月から解約金0円!

なお、ソフトバンクは大手3キャリアの中でもっとも解約金に対する縛りがゆるいです。auと同じく対象のプランに変更してしまえば、翌月から解約金が変更されますが、その料金がなんと0円になります

ソフトバンクの解約金撤廃

例えば、10月にソフトバンクを解約したい場合、9月に指定のプランに変更しておけば、翌月に解約するとき違約金が発生しなくなります。

ドコモやauは1000円の解約金を設けていますが、ソフトバンクは違約金の制度を完全に撤廃しています。そのため、ソフトバンクをやめる直前にプランを変えれば、違約金ゼロでスムーズに解約することができます。

ソフトバンクの解約金負担をゼロにする対象プランは、以下のプランになります。

  • 基本プラン(音声)
  • 基本プラン(データ)

上記以外のプラン名の場合、すべて旧プラン扱いとなり、解約金が9500円(税抜)かかります。そのため、まずは新プランへの変更手続きを行い、翌月に他社へ乗り換えるようにしましょう。

このように、キャリアによって契約内容が異なります。他社へスマホを乗り換えるときは、以上の内容に留意しながら行ってください。

格安SIMの解約金(違約金)や期間縛りのまとめ

では、10月以降の格安SIMの契約はどのようになっているのでしょうか。これから格安SIMを申し込む場合の契約制度の一覧を以下に表でまとめています(表内の金額はすべて税抜きになります)。

格安SIM会社契約期間解約金転出料注意点・その他
ワイモバイルなしなし3000円
UQモバイルなしなし3000円
楽天モバイルなしなし3000円
mineoなしなし3000円
IIJmio12ヶ月1000円3000円
B-mobileなしなし3000円
NifMo(ニフモ)なしなし3000円
LIBMO(リブモ)なしなし3000円
OCNモバイル6ヶ月1000円3000円
BIGLOBEモバイル12ヶ月1000円3000円
LINEモバイル12ヶ月1000円3000円
イオンモバイルなし1000円3000円
or
15000円
※転出料
90日以内に
乗換で15000円
リンクスメイトなしなし2000円別途、SIM削除料
3000円かかる
エキサイトモバイル12ヶ月9500円3000円
U-mobile6〜
24ヶ月
3500〜
12000円
3000円加入プランにより
期間と金額が変動
nuroモバイル12ヶ月1000〜
12000円
3000円解約時期により
解約金が変動
QTモバイル13ヶ月1000〜
12000円
3000円解約時期により
解約金が変動

注意すべき点として、携帯会社を乗り換えるときは解約金のほかに「転出料」と呼ばれる手数料が発生することです。

これは、大手キャリアや格安SIM問わず、会社間を電話番号を引き継いで契約する(MNP契約と言う)場合に発生します。料金は税抜き2000円もしくは3000円が一般的です。

また、SIM削除手数料などといった名目で手数料を取ることもあります。契約期間・解約金なしと謳っていても、それ以外の手数料が設定されている場合もあります。

契約縛りのゆるいオススメの格安SIM

それでは、格安SIMの中でも解約金や各種手数料の負担が少ないオススメの格安SIM会社とは何があるのでしょうか。これについて、以下で紹介していきます。

・UQモバイル

UQモバイルはauと同じKDDIグループの傘下企業が運営しているため、通信速度が他社の格安SIMと比較して圧倒的に速い特徴を持ちます。

ショップが各所に点在していたり、クレジットカード以外の支払いもできたりと大手キャリアにもっとも性質が近い格安SIMといえます。

初期費用3000円(税抜)
契約期間 / 解約金なし
支払い方法クレジットカード、口座振替、デビットカード
ショップ有無あり

・ワイモバイル

Y1mobile(ワイモバイル)はソフトバンク株式会社のサブブランドです。大手携帯会社であるソフトバンクが運営しているため、UQ同様、通信速度が安定して速いです。

ショップ数が大手3キャリアに次いで多く、支払いも様々な選択肢から選ぶことができます。基本的にソフトバンクで使える場所では問題なく機能します。

初期費用3000円(税抜)
契約期間 / 解約金なし
支払い方法クレジットカード、口座振替、デビットカード
ショップ有無あり

・mineo

顧客満足度が非常に高い格安SIMです。マイネ王というコミュニケーションサイトを有しており、そこでユーザー同士がコミュニケーションを取れたり、スタッフに質問できたりするため、格安SIM初心者におすすめです。

支払いがクレジットカードのみなのがデメリットです。ただ、ユーザーからパケットをもらうことができるなど助け合いの文化が根強く、すこし独特な雰囲気を持つサービスです。

初期費用3000円(税抜)
契約期間 / 解約金なし
支払い方法クレジットカード
ショップ有無あり(ただし、修理受付不可)

※提携先が消失したため、別のASPで再申請中

・IIJmio

20年以上も通信業界を牽引しているインターネットイニシアティブ(IIJ)が運営する通信事業サービスです。通信障害などがおきづらく、安心して使えるという特徴を持ちます。

支払いはクレジットカードのみでショップなどもありませんが、家族向けのプランが充実しているため、複数契約を考えているのであれば一考の価値ありです。

初期費用3000円(税抜)
契約期間 / 解約金12ヶ月間 / 1000円(税抜)
支払い方法クレジットカード
ショップ有無なし

・楽天モバイル

契約者数がもっとも多い格安SIMです。楽天が運営しているため、楽天市場や楽天カードなどの利用者はポイントが溜まるお得なキャンペーンがたくさんあります。

通信速度が不安定な部分が気になるものの、ショップも点在しているため、いざというときに頼りになります。

初期費用3000円(税抜)
契約期間 / 解約金なし
支払い方法クレジットカード、口座振替、デビットカード、楽天ポイント
ショップ有無あり

昔に比べて気軽に乗り換えができる

以前は契約期間や違約金などが設けられていたため、気軽に携帯会社を変更できないというデメリットがありました。

しかし、今は最低利用期間や違約金を設けている会社は少なくなりつつあります。

そのため、仮に自分の思っていたサービスと異なっていたとしても、すぐに別のSIM会社へ移行することが可能となりました。

格安SIMに興味はあったものの、解約金負担の不安があり手を出すことが出来なかったのであれば、この機会に検討してみてください。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。