月額料金を安くする方法に、格安SIMへ乗り換える方法があります。中でも、楽天モバイルとmineoは、格安SIMのシェアで1位と2位を誇る事業者として有名です。

そのため、上記の2社を検討する人は多いです。ただ、プラン内容・料金・通信速度など、考えることが多くてややこしいですよね。

そこで今回は、楽天モバイルとmineoを様々な視点から徹底的に比較します。この記事で、あなたが選ぶべき格安SIMをどちらにするか決定します。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。ひとつのキャリアに縛られたショップ店員とは違い、日頃から複数のキャリアを提案している私が、あなたに最適な格安SIMを紹介します。

プラン内容の比較

楽天モバイルとmineoのプランを見てみると、種類は楽天モバイルの方が多いです。なぜなら、楽天モバイルには、「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」という二つのプランから選べるからです(表内はすべて税抜きです)。


楽天モバイルmineo(A)mineo(D)
0GB1250円
0.5GB1310円1400円
2GB1480円(S)
3GB1510円1600円
3.1GB1600円
5GB2150円
6GB2480円(S)2190円2280円
10GB2960円3130円3220円
14GB4480円(S)
20GB4750円4590円4680円
21GB5480円(S)
30GB6150円6510円6600円
  • (S)=スーパーホーダイ:通信制限のゆるいプラン(1Mbps)
  • mineo(A)=mineoのAプラン(au回線の電波)
  • mineo(D)=mineoのDプラン(docomo回線の電波)

スーパーホーダイは「通信制限のゆるいプラン」です。通信制限とは、各プランに設けられたパケット量(GB)を使い切ってしまうと、インターネットの接続スピードが非常に遅くなってしまう規制のことを指します。

通常、通信制限がかかると、動画が一向に再生されなかったり、サイトがいつまで経っても開かなかったりと、使い物にならないレベルにまで速度が低下してしまいます。

しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイは、通信制限がかかってしまったとしても、ある程度の作業なら問題なく行うことができます。

上記の「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」があるため、楽天モバイルは、選べるプランのバリエーションがmineoよりも多いことが特徴です。

高負荷なサービスを利用しなければ楽天モバイルがおすすめ

基本的には、インターネットを多用する場合はパケット量(GB)の多いプランを選ぶべきです。

しかし、インターネットをするとは言っても、「高画質な動画」や「アクションゲーム」などの高負荷なサービスを利用しないのであれば、楽天モバイルがおすすめです。

なぜなら、楽天モバイルには前述した「スーパーホーダイ」があるからです。

例えば、Youtubeを見る場合、通信制限がかかった状態の動画は、以下のような再生状況になります。

一方、スーパーホーダイの場合、通信制限がかかっていても、以下のように問題なくYoutubeを見ることができます。

Youtubeが見られれば、FacebookやインスタグラムなどのSNSや、インターネットで調べものをする程度の作業も問題なく行うことができます

そのため、過度な負荷のかかるサービスを利用しないのであれば、スーパーホーダイの一番下のプラン(2GB)を選んだとしても、実質インターネットが使い放題になります

スーパーホーダイは一度契約するとやめづらい

楽天モバイルのスーパーホーダイは、一度契約するとなかなかやめづらいというデメリットがあります。なぜなら、スーパーホーダイは最大3年間の契約縛りがあるからです。

▼各プランの最低利用期間

他社へ乗換(MNP)普通の解約
楽天モバイル
スーパーホーダイ
1~3年間
9800円(税抜)
1~3年間
9800円(税抜)
楽天モバイル
音声通話SIM
1年間
9800円(税抜)
1年間
9800円(税抜)
楽天モバイル
データSIM
なしなし
mineo
音声通話SIM
1年間
9500円(税抜)
なし
mineo
データSIM
なしなし

「最大」と言ったのは、スーパーホーダイは最低利用期間を1年・2年・3年の中から選べるからです。

ただし、3年契約を選ばないと月額料金が高額になってしまったり、キャンペーンが受けられなかったりします。そのため、3年契約を選ばないとスーパーホーダイにするメリットがほとんど無くなってしまいます

一方、mineoは契約の縛りが非常にゆるく、他社への乗り換えでなければ、いつ解約してもかまいません。

そのため、電話番号が変わってしまっても問題なければ、解約してから他社を新規契約すれば「解約金の負担なし」で他社へ切り替えることもできます。

したがって、mineoは楽天モバイルに比べて、気軽に契約できるというメリットがあります。

通話の条件はまったく同じ

また、インターネット以外に重要視するポイントとして、「通話」があります。

ただ、楽天モバイル・mineoともに、通話の条件はまったく同じです。通話に関しては、両社とも以下のような内容になっています。

基本通話料20円/30秒(税抜)
アプリ通話10円/30秒(税抜)
通話オプション月額料金:+850円(税抜)
内容:1回の通話が10分以内なら何度でも国内通話無料

まず、何もサービスを付与せずに通話を利用した場合、30秒あたり20円の通話料金が発生します。加えて、格安SIM事業者が提供する専用の通話アプリを利用することで、上記の通話料金が半額になります。ここまでは無料です。

さらに、頻繁に通話をする場合、通話オプション(任意で付けられる有料のサービス)を付けることで、通話料金をかからなくさせることができます。

楽天モバイルとmineoの場合、毎月850円を追加で支払えば、「一回の通話が10分以内なら何度でも国内通話無料」という状態にすることができます。

これは、金額・内容も含めて楽天モバイルとmineoはまったく同じ条件です。したがって、どちらの事業者を選んでも、通話に関して大きな差はありません

オプションサービスのラインナップの違い

重要ではないものの、格安SIMを選ぶにあたっての判断材料のひとつに「オプションサービス」と呼ばれる有料の追加サービスがあります。

格安SIMごとに、付帯できるサービスは違います。ただ、基本的なオプションサービスは同じです。保証、WiFIサービス、ウィルス対策、フィルタリング、電話補助などは、どの格安SIMにも付いています。

では、オプションサービスで格安SIM事業者の違いが大きく出るのは、どの部分でしょうか。それは、娯楽系のサービスになります。

楽天モバイルのオプションはスポーツ観戦向き

楽天モバイルの提供するオプションはスポーツを観戦したい人に向いています。なぜなら、楽天モバイルには以下の二つのオプションがあるからです。

  • Rakuten NBA Special by 楽天モバイル 900円/月
  • Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル 639円/月(税抜)

上記の二つのオプションは、NBAとパ・リーグの観戦に特化したサービスです。楽天モバイル経由で申し込めば、初月だけ無料で利用することができます。

▼RakutenTVアプリをダウンロードする

▼中継の時間が来たらアラームで知らせてくれる

必須のサービスではありませんが、もし、上記のスポーツ観戦に興味があれば検討してみてください。

mineoのオプションはバランス型

mineo(マイネオ)のオプションはバランス重視です。なぜなら、音楽・映画・書籍と幅広い需要に対応したオプションを揃えているからです。

音楽・RecMujic ライトプラン 300円/月(税抜)
・AWA 889円/月(税抜)
・ANiUTa(アニュータ) 556円/月(税抜)
映像・Hulu(フールー) 933円/月(税抜)
・U-NEXT 990円/月(税抜)
書籍・Renta! 300ptプラン 280円/月(税抜)
・Renta! 1000ptプラン 920円/月(税抜)
・タブホ 480円/月(税抜)

上記のサービスを利用してみたい場合、mineoから同時に申し込むことができます。また、ほとんどのオプションは、最初の2か月間を無料で利用することができるため、使うかどうか迷っている場合の「お試し」にちょうどいいです。

通信速度はmineoの方が速い

インターネットに接続する際の通信速度は、mineoの方が速いです。なぜなら、楽天モバイルとmineoの速度をアプリで測定したところ、あらゆる時間帯でmineoの方が楽天モバイルよりも速度が上回っていたからです。

▼朝の時間帯

▼昼の時間帯

▼夕方の時間帯

▼夜の時間帯

このように、すべての時間帯でmineoの速度の方が上回っていました。昼と夕方は回線がもっとも混み合う時間帯のため、どちらも速度は遅いです。しかし、わずかではあるものmineoの方が速度は速いことが分かります。

したがって、通信速度はmineoの方が優秀だといえます。

各格安SIMに向いている人の特徴とは

最後に、それぞれの格安SIMの特徴やメリットをお伝えします。どのような人が、「楽天モバイル」もしくは「mineo(マイネオ)」に向いているのでしょうか。

楽天モバイルは楽天サービス利用者と相性が良い

楽天モバイルの最大のメリットは、楽天ポイントの還元率が大幅に増えることにあります。なぜなら、楽天モバイルにするだけで、ポイント還元率が2倍になるからです

公式サイトより引用

上の画像を見ると、楽天モバイルのサービスを何かしら利用していれば、楽天ポイントの還元率が大きく増えることが分かります。

例えば、私の場合、以下の楽天サービスを利用しています。

  • 楽天市場で買い物をする(1倍)
  • 楽天市場アプリを利用(+1倍)
  • 楽天モバイルを利用(+2倍)
  • 楽天カード(キャッシュ機能付き)を利用(+3倍)

上記のサービスを利用することにより、合計で通常の7倍のポイントが還元されることになります。

例えば、楽天市場で以下の商品を購入するとします。

楽天ポイントは、税込みの金額から1%のポイントが還元されます。そのため、通常、画像の商品を購入すると21ポイントだけ楽天ポイントが付きます。

ただ私の場合、前述のとおり7倍のポイントが付くため、21ポイントではなく147ものポイントが付きます(21×7=147)。

「たかが147ポイント」と思うかもしれませんが、今回の例ではあくまで水を購入しただけの場合です。もし、日用品のほとんどを楽天市場で購入した場合、還元ポイントは相当なものになります。

そのため、楽天のサービスを日頃から利用している人ほど、楽天モバイルにするメリットは高くなります。

mineoは格安SIMの初心者におすすめ

mineo(マイネオ)は、初めて格安SIMを利用する人に向いています。なぜならmineoは、ユーザー目線のフォローサービスが充実しているからです

例えば、mineoには「マイネ王」というユーザー同士が交流できるコミュニティサイトがあります。

ここでは、分からないことを質問することができます。そして、その質問はyahoo知恵袋のような仕組みで、mineoユーザーが答えてくれるシステムになっています。

画像のように、自分が投稿した質問に対して、自分と同じmineoユーザーが答えてくれるため、ユーザー目線の回答が得られるメリットがあります。

また、mineoには「フリータンク」や「パケットギフト」といった、データ容量(GB)を他のmineoユーザーに譲ったり貰ったりできる機能があります。

▼フリータンク

▼パケットギフト

このように、mineoは「ユーザー同士が助け合える環境」を育んでおり、この文化こそが、初心者でも安心して格安SIMに乗り換えることができる一助となっています。

自分が何を格安SIMに求めているのかを考える

楽天モバイル・mineo(マイネオ)のどちらの格安SIMにも、それぞれ良いところと悪いところがあります。ここまでの内容をふまえた上で、自分が格安SIMに何を求めているのかを考えて選んでください。

では、最後にもう一度、2社の特徴を紹介していきます。

楽天モバイル

楽天モバイルはインターネットをたくさん使いたい人に向いていますが、契約の縛りが3年間だったり、通常の通信速度がmineoに少し劣っていたりします。

ただ、楽天サービスとの連携が強いため、日頃から楽天のサービスを多用している人にとって、非常に相性の良い格安SIMになります。

メリット
■高画質な動画やアクションゲーム以外なら実質使い放題
■リアル店舗がある
■楽天サービスとの連携特典が大きい
デメリット
■契約縛りが最大3年間ある
■通信速度が比較的遅い(問題なく使えるレベル)
■ワイモバイルのオペレータースタッフは塩対応が多い

 

mineo(マイネオ)

mineoは契約の縛りがなく、ユーザー目線のサービスが充実しているため、格安SIMの初心者にはもってこいの事業者となっています。

また、フリータンクやパケットギフトなどのパケット使用量の融通を利かせるサービスがたくさんあるため、選んだプラン以上のパケットを利用できます。

そのため、プラン内容だけで判断せず、もらえるパケットを考慮して、安いプランを検討することも可能になります。

メリット
■マイネ王というサイトで現役ユーザーに質問できる(けっこう優しい)
■フリータンクから毎月1GB分のパケットがもらえる
■MNPでなく通常の解約であれば、契約の縛りが一切無い
デメリット
■実店舗はあるが、修理などはできないため意味なし
■家族割はあるが50円引き。家族向けではない
■プランの種類が比較的少ない

 


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。