「今使っているiPhoneをそのまま楽天モバイルで使いたい!」と考えていませんか?

新しい機種を買おうとすれば、iPhoneクラスの性能の機種では8万円以上は平気でかかります。せっかくまだ使えるiPhoneが手元にあるのに、それを使わないのはもったいないと思うのは当然です。

実際のところ、いまのiPhoneをそのまま流用すれば、「使いなれた機種をそのまま使える」「新しく機種を買う出費を減らせる」「データの引き継ぎが不要」とメリットが多いです。

この記事を読めば、いま持っているiPhoneをそのまま楽天モバイルで利用することができるようになります。そのために必要な準備や設定などを伝えていきます。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。普段から価格相談や機種選びの相談を受けている私が、スムーズにあなたのiPhoneを「楽天モバイルの格安スマホ」にします。

あなたのiPhoneは楽天モバイルで利用できるのか

まずは、あなたの持っているiPhoneが楽天モバイルで利用できるのかを判別しなければなりません。どのように調べればいいのかも含め、以下で解説していきます。

使えるiPhoneと使えないiPhoneを見分ける

結論から言うと、iPhone6S以降は使うことができますが、ドコモ以外のiPhone6以前の機種では楽天モバイルを使うことはできません。なぜなら、iPhone6以前の機種は「SIMロックの解除」ができないからです。

SIMロックとは、他社のSIMを挿しても使えない状態のことです。このロックはショップやインターネット上から外すことができますが、前述のようにSIMロックを解除できない端末が存在します。

具体的には、以下の表のようになります。

docomoausoftbank
5S/5C
6/6+
××
6S/6S+
SE
7/7+
8/8+
X/XR
XS/XSMax
  • 〇…利用可能
  • △…要SIMロック解除
  • ×…利用不可

iPhone6以前の機種でも、SIMロックを外す方法が無いわけではありません。しかし、いわゆる「脱獄」と呼ばれる手段であり、場合によっては機種の故障を引き起こすことに繋がるため、基本的にはオススメしていません。

また、今からiPhone6以前の機種を流用できたとしてもソフトウェアのアップデートによって、次第に動作がにぶくなったり充電の減りが早くなったりしてくるようになります。

そのため、ドコモ以外のiPhone6以前の機種を所持している場合は、残念ですが機種の流用はあきらめた方がいいです。

ドコモのiPhoneの場合はそのまま使える

いま持っているのがドコモのiPhoneの場合は、何もしなくても楽天モバイルでそのまま使うことができます。なぜなら、楽天モバイルはドコモの電波を使って運営しているからです

実際に、ドコモのiPhone7にそのまま楽天モバイルのSIMカードを挿してみたところ、問題なく動作しました。

このように、ドコモでiPhoneを利用している人が、そのまま楽天モバイルに乗り換える場合は、SIMロック解除などを行うことなく使うことができます。

auとソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除が必要

反対に、auとソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除が必要になります。なぜなら、auとソフトバンクのスマホには、他社(ドコモ)の電波を受信できないようにするロックがかかっているからです。

iPhoneのSIMロック解除はインターネット上で行うことができます。ショップでも解除できますが、3000円(税抜)の手数料がかかってしまうため、可能であればインターネットでSIMロックを外しておきましょう

下記のようにアクセスすれば、SIMロック解除をインターネット上で行うことができます。

▼auのSIMロック解除アクセス方法

画像のように検索すれば、トップページにSIMロック解除用のページが出ます
ログインが出来たら、あとは手順通り進めていくだけです

▼ソフトバンクのSIMロック解除アクセス方法

画像のように検索すれば、トップページにSIMロック解除用のページが出ます
My softbankにログインをしたあと、15桁のIMEIを入力すればOK

上記の「auIDのパスワード」や「My softbankのパスワード」は、契約時に決めた4桁のネットワーク暗証番号が分かれば再設定できます。もし、4桁の暗証番号が分からない場合は、ショップで新しく作り直すしかありません。

また、IMEI番号とは、スマホ個別に設けられた15桁の製造番号のことです。iPhoneの場合、設定→一般→情報→IMEIで確認することができます。もしくは、機種の裏面に書いてあります。

以上のやり方で、SIMロックの解除を行ってから、楽天モバイルの手続きをしてください。

そのままiPhoneを使い回すときは「SIMのみ」で申し込みをする

それでは、楽天モバイルで契約するときに、どのように申し込みをすればいいのかを伝えます。

楽天モバイルでは、契約する方法を2種類設けています。それは、「端末+SIM」の契約と、「SIMのみ」の契約です。

今回のような、今の機種をそのまま使う場合は、後者の「SIMのみ」の契約を選択する必要があります。なぜなら、端末はすでにiPhoneを持っているため、端末をセットで購入する必要がないからです。

実際に、webで申し込みを進めていくと以下のような画面が出てきます。

ここで、「SIMのみ」を選択して先に進みましょう。これで、後日に楽天モバイルからSIMカードのみが届きます。

あとは、もともと持っているiPhoneに楽天SIMを挿し、後述するAPN設定を行えば、そのままiPhoneを流用できます。

他社の電波を受信するためのセッティングを行う(APN設定)

他の会社のSIMカードをスマホで使えるようにするためには、「APN設定」と呼ばれるセッティングを行う必要があります。

APN設定とは、Access Point Name(アクセス・ポイント・ネーム)の略称で、特定のキャリアの電波を受信するための接続設定のことを指します。

このAPN設定を行わないと、ドコモまたはSIMロックが解除された端末であっても、楽天モバイルの電波をiPhoneが認識してくれません。そのため、SIMが届いたら必ずAPN設定を行う必要があります。

同梱されている冊子の右下に楽天SIMが入っている。
楽天SIMをスマホに挿す。
アクティベーションロックを外す(要求されたときだけ)

Apple IDは設定から確認できます。また、Apple IDのパスワードは、アプリをダウンロードするときの8文字以上の英数字のものです。

Wi-Fiに接続する
ユーザーズガイドのQRコードを読み取る

楽天モバイルのAPNは3種類用意されており、配送されたSIMにランダムで割り当てられているようです。そのため、冊子に書かれたAPNを確認しなければ登録することができません。

構成プロファイルの表示を許可→インストールを押す
パスコードの入力(自分のスマホで設定している場合のみ)
インストールを押す(2回)
右上の「完了」を押す。設定→一般→プロファイルで「楽天モバイル」と表示されていればOK

上記のやり方でAPN設定を行いましょう。楽天モバイルから届く小包の中に、設定ガイドが一緒に入っているため、手順通りに行えば問題ありません。

まとめ

まずは、自分の所有するiPhoneが楽天モバイルで利用できる端末かどうかを確認します。

ドコモ以外でiPhone6以前の端末を持っている場合は、新しく買い替えることをオススメします。しかし、どうしても前述の機種を使いたい場合は、GPPLTEを利用してSIMロックを解除しましょう。

機種の準備が出来たら、楽天モバイルの契約を行います。このときに「SIMのみ」の契約を選ぶようにしましょう。「端末+SIM」を選んでしまうと、契約時に新しい機種を買わなければならなくなるため、注意してください。

最後に、楽天モバイルのSIMカードが届いたら、持っているiPhoneでAPN設定を行ってください。これにより、楽天モバイルの電波を受信する体制が整います。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。