楽天モバイルには、「楽天モバイルWiFi by エコネクト」というオプションがあります。エコネクトとは、外出先のWiFiスポットを利用できるサービスです。

外でもWi-Fiが使えれば、外出先で動画を見たり、大きいデータを送受信したりするときに重宝します。ただ、エコネクトは毎月362円(税抜)かかります。せっかくお金を払うのに、快適に利用できるかどうか分からなければ不安になってしまいますよね。

この記事を読めば、楽天モバイルのエコネクトは利用する価値があるかどうかを知ることができます。楽天モバイルの現役ユーザーである私が、エコネクトの使用感についてレビューします。

エコネクトの評判はあまり良くない

実のところ、エコネクトの評判はあまり良くありません。なぜなら、エコネクトのアプリのレビューを見ると、「繋がりが悪い」という感想が多く記載されているからです。

それでは、実際のところはどうなのでしょうか。私自身がエコネクトを使ってみたときのレビューを交えて解説します。

エコネクトを実際に使ってみた感想

エコネクトを二週間ほど利用してみて、使える場所とそうでない場所に大きく違いがあったことと、天候の影響には左右されないということの二点が分かりました。

以下で、詳しく説明していきます。

使える場所と使えない場所に差がある

私がエコネクトを使ってみたところ、付近のスポットを検索すると、スルガ銀行やアニメイト、マクドナルドなどがありました。

しかし、実際に現地で利用してみると、使える場所と使えない場所に大きく差が出ました。

例えば、スルガ銀行やアニメイトでは繋がりが非常に悪かったものの、マクドナルドでは快適に利用することが出来ました。

▼スルガ銀行のWi-Fiスポットでエコネクトを使ったときの映像


▼マクドナルド内のWi-Fiスポットでエコネクトを使ったときの映像


このように、エコネクトは、使える場所と繋がりが悪い場所に大きく違いが出ることが分かりました。

前述のレビューで酷評をしている人たちは、付近のスポットの繋がりが非常に悪いところだったことが考えられます。

エコネクトのようなWi-Fiスポットサービスは、カフェやファストフード店などの決められた場所で使う人が多いです。そのため、行きつけの場所で使えないとあまり意味を成さないサービスであることは否めません。

ただ、繋がりの良い場所(今回の場合はマクドナルド)ではかなり快適に利用することができました。インターネットで調べ物をすることはもちろん、動画やゲームなども遅延なく利用できます。

そのため、近所のスポットで快適にWi-Fiを拾える場所があれば、エコネクトを使うメリットは大きいです。

天候の影響はあまり受けない

また、エコネクトを利用して気付いた点として、天候の影響をあまり受けないということが分かりました。

本来、周波数の高い電波は、壁などの障害物に干渉されやすい特徴をもちます。そのため、雨も電波の受信に少なからず影響を与えます。

しかし、エコネクトでは、雨の日でも問題なく使うことができます。

なぜなら、雨の日と晴れの日で、繋がりの悪さやインターネットの速度に影響が出るかを調べてみたところ、雨でも晴れでも大きく影響が出なかったからです。

▼晴れの日と雨の日で速度の測定

建物の中では、雨による影響は少ないため、建物の外でも試してみました。しかし、回線の安定性は変わらなかったため、雨が降っているときに外出先でWi-Fiを使うことが問題なく使えることが確認できました。

エコネクトがつながらないときの対処方法

現地で利用していると、たびたびエコネクトが繋がらない場面に遭遇することがありました。

単純に、Wi-Fiスポットの繋がりが悪いだけの可能性もありますが、それ以外にも原因が考えられます。エコネクトが繋がらないときには、二つほど解決する手段があるため、これからその手法を解説していきます。

ver2.0アプリを導入する

エコネクトには、通常のアプリのほかに、ver2.0アプリが存在します。こちらを導入することで、繋がりの悪さを改善することができる可能性があります。

▼Ver2.0エコネクトをダウンロード→プロファイルをインストール

▼「楽天モバイルアプリ」でアドレスとパスワードを確認する

▼上記のIDとパスワードを使い、Ver2.0エコネクトアプリにログイン

なぜなら、Ver2.0のアプリの方が最新の情報が登録されているため、Ver1.0に比べて繋がりの悪さが改善されている可能性が高いためです。というより、特に理由がなければ、そもそも最初からVer2.0を入れておいた方がいいです

このように、Ver2.0のアプリを入れるだけで繋がりの悪さが改善されることがあります。したがって、Ver2.0のアプリを導入していないのであれば、事前に入れておきましょう。

自動接続をオンにする

もうひとつの改善策としては、自動接続をオンにしておくという方法です。なぜなら、自動接続がオンになっていないと手動でWi-Fiを接続しても、エコネクト側が接続を遮断してしまうことがあるからです。

たとえば、私が近所のマクドナルドでエコネクトを利用しようとしたときの話をします。

エコネクト経由でWi-Fiの接続を試みたところ、最初はWi-Fiにつながり、問題なく使えていました。しかし、気付いたらWi-Fiが切断されており、4Gの電波に戻ってしまいました。

そこで、自動接続をオンにして様子を見たところ、Wi-Fiが切断されることなく、ずっと使い続けることができました。

原因は分かりませんが、どうやらエコネクトの自動接続がオフになっていると、接続した電波を自動的にシャットアウトしてしまう可能性があるようです。

そのため、利用したいWi-Fiの自動接続をオンにしておけば、先の状態を改善できるかもしれません。もし、同じような状況におかれていたら、試してみてください。

無料WiFiよりも優秀な二つのポイント

今では、エコネクトのような有料のWi-Fiスポット以外に、無料で提供されているWi-Fiも数多くあります。そのため、わざわざ有料のWi-Fiを利用しなくてもいいのではないかという声もあります。

ただ、もし外出先でWi-Fiを利用したいと考えているのなら、やはり有料の方が優秀です。理由は二つあります。

混雑しないため、安定した速度が出る

有料のWi-Fiは、無料の公衆無線Wi-Fiと比較すると、利用者がそう多くありません。そのため、回線が混雑しておらず安定した回線スピードが実現できます。

例えば、仕事のために外出先でパソコンを操作しているとします。このときに、データのアップロードやダウンロードに一時間も掛かっていてはどうでしょうか。まったく仕事に進まなくてイライラしてしまうと思います。

有料Wi-Fiは、有料という時点で「お金を払うつもりのない人」を選別しています。そのため、無料Wi-Fiに比べて利用者が少ないため、快適な通信を実現できるのです。

したがって、有料Wi-Fiを利用することで、データの送受信を手間なく快適に行うことができます。上記の例でいえば、仕事をストレスなくスムーズに行うことができるでしょう。

セキュリティのレベルが高い

もうひとつは、有料Wi-Fiの方が無料の公衆無線Wi-Fiよりも、セキュリティのレベルが高いことが挙げられます。

なぜなら、無料の公衆無線Wi-Fiは、通信のやり取りを暗号化していないため、簡単に情報を盗み見たり、ハッキングされたりしてしまうからです

例えば、有料Wi-Fiはパスワードがなければアクセスできず、契約などをした限られた利用者しか使用できないようになっています。

さらに、仮にアクセスできたとしても、情報の中身が暗号化されており、パッと見てすぐに情報をくみ取ることができない仕組みになっています。

一方、無料の公衆無線Wi-Fiは、誰でもパスワード無しで簡単にアクセスできてしまいます。さらに、中の情報が暗号化されていないため、少し知識のある人なら、中身の情報を簡単に盗み見ることができてしまうのです。

したがって、外出先でWi-Fiスポットを利用したいと考えている場合、エコネクトに限らず、有料のサービスを利用した方が賢明です。

まとめ

エコネクトは、天候の影響には左右されませんが、電波が入りづらいスポットもあります。そのため、近所のWi-Fiスポットが繋がりづらいと、使い勝手が悪いサービスです。

なぜなら、頻繁に利用する行きつけの場所で利用するユーザーが多いため、使いたい場所の電波が弱いと使い道がないからです。

ただ、エコネクトがWi-Fiに繋がらない原因は立地条件の問題だけではなく、アプリや接続の設定に問題がある可能性もあります。

そのため、アプリのバージョンを更新したり、自動接続をオンにしたりして、接続の設定を変更してから判断してください。

エコネクトは、外でWi-Fiを利用するつもりのない人にとって、特に無くても差し支えの無いサービスです。しかし、外でWi-Fiを使いたいのであれば、やはり無料ではなく、エコネクトのような有料のサービスを使いましょう。

なぜなら、有料のWi-Fiサービスは通信回線が安定しており、さらにセキュリティレベルも高いため、安心して使うことができるからです。

楽天モバイルでは、現在「楽天モバイルWiFi by エコネクト」を2ヶ月無料で使うことができます。そのため、試しに使ってみて、近所に快適に使える場所がないか探してから判断するのも悪くないでしょう。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。