「OCNモバイルONEを解約したいけど、どのように行えばいいのか分からない…」

このような疑問に応えていきます。

OCNモバイルONEの解約手順を画像付きで分かりやすく解説していきます。もし、解約の方法がわからずに困っているのであれば、本記事を参考にしてください。

ちなみに、本記事はスマホ(iPhone)で操作しています。スマホの方が認証操作などが簡単に行えるためです。ただ、パソコンなどでも操作手順はほとんど変わりませんので安心してください。

OCNモバイルONEの解約手順

まずは、OCNの総合サイトにアクセスする必要があります。GoogleやYahooなどの検索エンジンを利用して「OCNモバイル 解約」などで検索してみましょう。

OCNの公式サイトにアクセス出来たら、「ONEモバイルONE」のコーナーを探しましょう。OCNモバイルONEを見つけたら、SIMカード/端末という項目の右にある「解約手続きをはじめる」を押してください。

ここまでの操作はすべて共通ですが、ここから自分が置かれている状況によって対応内容が異なります。以下で、それぞれ個別に対応の仕方を記載していきます。

OCN会員登録証を持っている場合

OCNモバイルONEを契約すると、SIMカードと一緒に「OCN会員登録証」というものが送られてきます。

解約に必要な情報はここにすべて記載されているため、OCN会員登録証を持っている場合は、手もとに置いてから作業を始めてください。

さて、解約の手続きに進もうとすると、OCNに登録しているメールアドレスやパスワードを入力してログインを要求されます。

ここは、OCN会員登録証のOCNメールと書かれた項目に記載されているOCNメールアドレスとOCNパスワードを入力すれば、先に進むことができます。

ログイン直後に出てくる青いページに「こちら」と書かれたリンクボタンがありますので、それを押してください。

続いて、次のページの一番下にある「OCN解約」というボタンを押します。

次のページでは、「お客様番号」「認証ID」「認証パスワード」の3点を入力する必要があります。

入力後に、ページ下部にある「認証」というボタンをタップして先に進んでください。上記3つの情報もOCN会員登録証に記載されています。

しばらく、以下のように同意項目のボックスにチェックを付けていきます。

最後に解約希望日の選択をします。ここでは、OCNモバイルONEの解約日をいつにするかを決めることができます。「当日」か「今月末」かを選択できます。

他の会社のSIMなどを既に持っており、OCNモバイルONEが使えなくなっても問題なければ「当日」を選ぶといいでしょう。移行先のSIM会社が決まっていなければ、「今月末」を選び、猶予を残しておくのもいいです。

ただ、今月末を選んだとしても、解約をキャンセルすることは出来ないため、注意してください。

いずれかを選択したのち、ページ下部の「次へ」を押して先に進んでください。

しばらく「次へ」のボタンを押し続けると、最終確認のページの最下部に「解約する」というボタンがあります。これを押すことでOCNモバイルONEを解約することができます。

連絡先メールアドレス宛に解約の旨を通知するメールが届いたら、解約処理が正しく済んだことになります。

OCN会員登録証があれば、このようにOCNモバイルONEの解約をスムーズに行うことができます。

OCN会員登録証を持っていない場合

もし、前述のOCN会員登録証を持っていなかった場合、以下の契約情報5点をどうにかして入手する必要があります。

  • お客様番号(Nから始まる番号)
  • 登録メールアドレス(ログイン時に必要)
  • ログインパスワード(ログイン時に必要)
  • 認証ID(解約時に必要)
  • 認証パスワード(解約時に必要)

OCN会員登録証を持っていなくても、上記の契約内容を把握していれば問題ありません。ただ、把握していない場合が圧倒的に多いため、以下に契約情報の入手方法をお伝えします。

・お客様番号(Nから始まる10桁の番号)

ログインボタンの下にある「メールアドレス・パスワードをお忘れの方」もしくは「パスワード変更」を押してください。次のページの最下部にある「お問い合わせフォーム」を押します。

以下のように必要事項を記入していきます。

最後に、問い合わせ内容という入力フォームがあるので、ここで「お客様番号」や「アドレスとログインパスワードが分からない」と入力して「次へ」を押しましょう。

入力内容を確認して「申し込む」を押してください。すると、受付完了ページが表示されるので、連絡先アドレスにOCNからメールが届くまで待ちましょう。

メールが届いたら、お客様番号をシーラーハガキで送るために本人性確認フォームを開くよう誘導されるので、画像の右下にあるリンクを押してください。

ちなみに後述しますが、画像のように登録メールアドレスとログインパスワードを確認するためにはお客様番号が必須です。そのため、まずはお客様番号の取得を優先するようにしてください。

お問い合わせフォームに移動したら、個人情報を入力して、最後にメールに記載された「メール管理番号」を入力してください。すべて入力し終えたらページ下部の「確認画面へ進む」を押します。

あとは、次ページで問い合わせの申し込みを完了すれば、後日、OCNからお客様番号の書かれたハガキが郵送で送られてきます。

・登録メールアドレスとログインパスワード

お客様番号がハガキで届いたら、OCNのマイページでメールアドレスとパスワードを変更することができます。

お客様番号を取得するときに送られてきたOCNメールに記載されたURLからOCNのマイページにアクセスできます。お客様番号を含めた必要事項を入力し、次のページへ進みましょう。

他人が勝手に自分のメールアドレスやパスワードを変更しないように、二段階認証というセキュリティをワンクッション挟む必要があります。

以下の画像のように、SMSか電話音声通知のいずれかを選び、認証コードと呼ばれる一時的に利用する暗証番号(ワンタイムパスワード)を受信してください。

届いた6桁の暗証番号を下記のフォームに入力すれば、メールアドレスとパスワードを変更することができます。

変更したあとはログインページに戻り、変更後のアドレスとパスワードを入れてログインしてください。

・認証IDと認証パスワード

認証IDと認証パスワードは、「web上で確認する」か「OCNから郵送でハガキを送ってもらう」のどちらかの方法で見つけ出します。

下の画像のように、「OCN会員 認証ID 忘れた」等で検索すれば、OCN会員サポート内のピンポイントのページに飛ばしてくれます。

サイトにアクセスできたら、「web上で確認する」か「再発行(郵送)」のどちらかを選択します。web上で確認する方が手続きが簡単なため、以下の契約情報4点をすべてを把握していれば「web上で確認」を押しましょう。

  • お客様番号(Nから始まる10桁の番号)
  • ご契約者名(カナ)
  • OCNご契約者住所郵便番号
  • OCNに登録している連絡先電話番号

上記のうち、一番下の「OCNに登録している連絡先電話番号」が分からない場合、二番目の「再発行(郵送)」を押してください。

では、以下でそれぞれの取得方法について触れていきます。

・web上で確認する場合

以下の申し込みフォームから、必要な情報を入力していき、ページ下部の「次へ」を押して先に進みましょう。

認証番号と呼ばれる一時的に利用するログインパスワードの受信方法を決めます。電話音声通知でもいいですが、聞き間違える可能性もあるため、SMS(ショートメッセージサービス)による受信方法がおすすめです。

あとは、届いた認証番号(ワンタイムパスワード)を次のページの入力フォームに入れれば、認証IDと認証パスワードを確認することができます。

念のためですが、認証番号(ワンタイムパスワード)はOCNの認証パスワードを確認するために一時的に使われるパスワードです。そのため、認証番号をOCNの認証パスワードと勘違いして途中で操作をやめないように注意してください。

・再発行(郵送)の場合

OCN会員登録証を再発行してもらう場合も、web上で確認するときと同じように必要事項を入力する必要があります。ただ、web上で確認するときと違う点は、連絡先の入力が不要ということです。

  • お客様番号(Nから始まる10桁の番号)
  • ご契約者名(カナ)
  • OCNご契約者住所郵便番号
  • OCNに登録している連絡先電話番号

上記の赤字になっている項目のみ情報が不要のため、それ以外の項目を入力するだけでOKです。あとは、入力した郵便番号あてにOCN会員登録証が再発行されます。

このようにして5つすべての契約情報を把握できれば、OCN会員登録証が現時点で手もとになかったとしても、ログインページより解約の手続きを行うことができるようになります。

乗り換え先のSIM会社は大丈夫?

OCNモバイルONEを解約するということは、OCNのサービスに対して何かしらの不満を持っていたということになります。新しく契約するSIM会社では、あなたの不満は解消されそうですか?

もし、深く考えずに乗り換えをしようとしている場合、同じ失敗を踏んでしまうかもしれません。携帯会社はそれぞれ特徴があるため、自分が望んだサービスがあるかどうかをしっかりと認識しておく必要があります。

そこで、OCNモバイルONEによくある不満点を解決できる格安SIMをいくつかピックアップしました。これを見て、後悔のないSIM選びをしてください。

・通信速度の速さが気になるならUQモバイル

UQモバイルはauと同じKDDIが管理する企業の格安SIMです。そのため、通信速度が1日通して安定しています。

OCNモバイルONEの通信速度はお世辞にも速いとはいえない品質のため、インターネットを快適に使いたいのであればUQモバイルがおすすめです。


・サポート品質の良さを求めるならmineo(マイネオ)

mineoには、マイネ王と呼ばれるユーザー同士の交流が盛んなサポートサイトがあります。マイネ王では、分からないことをユーザーに質問したり、パケットをユーザーからもらうことができたりします。

OCNは格安SIMだけではなく、インターネット事業をはじめ数数のサービスを取り扱っています。そのため、サイトが複雑でよく分からないデメリットがあります。

丁寧にわかりやすいサポートを期待している場合はmineoが適しています。

・通信トラブルの少ない会社が良ければiijmio

iijmio(mioモバイル)は、通信事業を20年以上も運営している会社「インターネットイニシアティブ」が運営する格安SIMです。

経験豊富な会社なため、通信障害やトラブルなどが少なく安定した信頼感があります。通信障害でネットが繋がらないなどの苦い経験をしたのであれば、iijmioがその不満を解消してくれるでしょう。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。