格安SIMのmineo(マイネオ)には、「ジュニアパック」と呼ばれるオプションがあります。ジュニアパックは、年齢的に中学生~高校生までの子供がスマホを利用する上で、安心して利用できる様々な機能が使えるサービスです。

ただ、ジュニアパックがどのようなものか知らなければ、mineoの契約に踏み切れませんよね。サービスの内容だけでなく、本当に実用的なサービスなのか気になっていると思います。

そこで今回は、mineoのジュニアパックの設定方法や、実際に利用してみた感想をレビュー形式で伝えていきます。

この記事を読めば、mineo(マイネオ)のジュニアパックに加入すべきかどうかを見極めることができます。

追加オプションは任意で利用できるサービスであるがゆえに、付けるべきかどうかの判断に迷うものです。家電量販店で、現役の携帯販売員をしている私が、あなたにとってジュニアパックが必要なものかどうかを伝えます。

ジュニアパックの各種アプリの内容とレビュー

まずは、ジュニアパックにはどのようなサービスがあるのかを紹介していきます。ジュニアパックには、大きく分けると「危険防止のアプリ」「学習用のアプリ」「どうでもいいアプリ」の3種類があります。

危険防止のアプリ・スマモリ
・Filii
・スマートフォンセキュリティ
学習用のアプリ・えいご上手
・ジーニアス英和辞典MX
・ジーニアス和英辞典MX
・明鏡国語辞典MX
どうでもいいアプリ・スマートステラ
・TAP10
・超便利ツールズ
・超ブルーライト削減

どうでもいいアプリは、タップゲームの「TAP10」、ライトやカレンダーやメモ帳といった基本的なアプリをまとめただけの「超便利ツールズ」、画面を目に優しくする「超ブルーライト削減」があります。

上記の3つのアプリは、今のスマホにはどれも標準で備わっているものばかりのため、付けなくても全く問題ありません

また、スマートステラは星図を確認できるだけのアプリです。星座に興味があれば入れてもいいと思いますが、必須のサービスではありません。

ジュニアパックで重要になってくるアプリは、「危険防止のアプリ」と「学習用のアプリ」になります。

ではここからは、それぞれのアプリの説明をしていきます。

スマモリとFiliiでは、Filiiの方がおすすめ

スマモリとは、スマホで有害サイトや有害アプリなどを使えないようにして、子供を危険な目に合わないようにさせる安心フィルタリングサービスです。スマモリには、以下のような機能があります。

▼特定のジャンルのサイト閲覧を規制する

▼時間帯による規制

▼リアルタイムの子供の位置情報を検索

一方、Filii Liteは、特にスマホの利用を制限するものではありません。

ただし、SNS(LINEやFacebookなど)でいじめと認識できるメッセージを受信したり、怪しいユーザーとのやり取りが発覚した場合、すみやかに親に警告されたりする機能になります。

分かりやすくいうと、スマモリとFilliは以下のような違いがあります。

  • スマモリ…最初からサービスを使えない状態にして予防する
  • Filli…利用状況を緩く監視して、使い方は子供に任せる

一見、スマモリの方が、子供がスマホを利用する上で、危険の防止につながるように思えます。

しかし、禁煙や禁酒と似ており、使えない状態にされると、かえって我慢が出来なくなってしまうものです

例えば、お店へ相談に来るお客さんの中にも、「規制をかけたのに、子供があらゆる手段を使って規制を看破してしまう」という相談が多くあります。

そこで、あえてセキュリティソフトを外し、Filiiのような監視アプリを入れるだけにしたところ、子供が自然に「規制がかかりそうなサイト」へのアクセスをしなくなったということがありました。

そのため、ある程度使い方を子供に任せた方が、子供から進んで危険を犯すことはしなくなります。また、子供の自主性や忍耐力を鍛えることにも繋がります。

とはいえ、完全に子供任せにしてしまうと親は不安なはずです。そこで、Filiiを付けることにより、子供の使い方に違和感があったり、いじめや事件に巻き込まれていたりしたときに、親がそのことを把握することができます。

子供とはいえ、一人の人間です。今後の子供の成長のためにも、がんじがらめに規制をかけてしまうよりも、少し離れたところから見守るFiliiを私はオススメします。

スマートフォンセキュリティはつけなくてもいい

スマートフォンセキュリティは、ウィルスバスターやマカフィーなどと同じく、ウィルスに感染しているかどうかを調べることができます。

ただ、スマートフォンセキュリティは付ける必要がありません。なぜなら、ウィルスの被害は年々減少傾向にあるからです。

IPA(情報処理推進機構)調べ

とはいえ、感染する可能性はゼロではないため、不安な場合は付けておいてもいいです。インストールしておけば、以下のようにウィルスに感染していないかを確認することができます。

ただし、ウィルスソフトをインストールすると、スマホ自体が非常に重くなってしまうため、使い勝手が悪くなるというデメリットがあります。

したがって、念のためにスマートフォンセキュリティを入れておきたい場合は、スマホの処理能力が低下する可能性があることを認識しておいてください。

英和辞典・和英辞典・国語辞典

子供の学習用として重宝するのが、辞典アプリです。ジュニアパックには、以下の3つの辞典アプリが収録されています。

  • ジーニアス英和辞典MX第2版(大修館書店)
  • ジーニアス和英辞典MX第2版(大修館書店)
  • 明鏡国語辞典MX第ニ版(大修館書店)

この3つのアプリは、ジュニアパックを申し込むなら必ず入れておくべきです。なぜなら、本来、上記の辞典を普通に購入する場合、1冊3000円もの料金を支払う必要があるからです

しかし、ジュニアパックは毎月200円(税抜)のため、年間にしても2400円(税抜)です。さらに、セキュリティソフトなども付いているため、十分元は取れるでしょう。

辞典アプリの利用方法はとてもシンプルです。検索フォームに、調べたい単語を入力するだけです。

上の画像のように辞典アプリを使うことができます。ジュニアパックを付ければ、わざわざ電子辞書を買わなくても、スマホ一台で事足ります。

えいご上手は英会話の学習にオススメ

えいご上手は、英会話に特化した学習用アプリになります。会話が始まる前に、要点を抑えた解説があるため、どの部分を注意して聴けばいいのかが分かります。

えいご上手は、英会話の学習用アプリとしてオススメできます。なぜなら、収録内容も豊富で、要点を抑えた解説があるからです。

▼ストーリー形式の音声会話を選ぶ

▼英文の要点を解説してもらえる

▼音声付きの英文を視聴

▼英文の日本語訳で答え合わせ

▼全3問の確認テスト

以上に流れで英会話を学べます。シンプルですが、効果的な学習手段の一つです。

以上が、ジュニアパックの各種アプリの内容になります。

ジュニアパックの申し込み方法

では、どのようにしてジュニアパックを申し込むのかを説明します。申し込む方法は、mineoの契約時に同時に申し込む方法と、mineoの契約後に追加申し込みする方法の2種類があります。

mineoの契約と同時に申し込む

一つ目の方法は、mineoを契約するときに一緒に申し込む方法です。下記の公式サイトへアクセスします。

mineo

公式サイトのどこかにある「今すぐWebで申し込む」というマゼンダ色のボタンを押します。

手続きを進めていくと、オプションを選択する項目があります。そのオプション一覧の中に、「ジュニアパック」があるため、チェックボックスを押してレ点を付けましょう。

あとは、手順通り契約を進めていくだけです。

mineoの契約後に追加で申し込む

2つ目の方法は、mineoの契約がすでに終わっている場合に、追加でジュニアパックを申し込む方法です。

▼ネット検索し、サイトでオプション追加申し込みをする

▼mineoの契約時に決めたeoIDとパスワードでログインが必要

これで、申し込みは完了です。非常に簡単ですが、申し込みが反映されるまでに1日近くかかる場合もあるため、注意してください。

eoIDとeoIDパスワードが分からない場合の対処法

もし、eoIDとパスワードが分からない場合は、ログインボタンの下にある「eoIDとeoIDパスワードがわからない場合」を押しましょう。

すると、初期eoIDと初期eoIDパスワードを入力するよう促されます。初期eoIDと初期eoIDパスワードを入力すれば、ログインできるようになります。

初期eoIDと初期eoIDパスワードは、契約時にmineoから届いた封筒の中の「mineo契約内容通知書」に記載されています。

もし、mineo契約内容通知書を紛失している場合は、「初期eoIDをご存知でない方」という項目を押してください。

名前・生年月日・連絡用メールアドレスを入力すれば、入力したメールアドレス宛にパスワード再設定用のメールが届きます。

再設定した新パスワードを使えば、ログインすることができます。

もし、メールアドレスが届かないなどのトラブルがあった場合は、最終手段としてmineoサポートダイヤルに電話しましょう。本人確認後、mineoオペレーターが適切な案内をしてくれます。

以上のいずれかの方法を利用して、まずはログインできるようにしてください。

ジュニアパックの設定方法と使い方

申し込みをしただけでは、ジュニアパックを利用することはできません。ここからは、ジュニアパックを利用するための設定方法について解説していきます。

まずは、申し込んだジュニアパックのシリアル番号を確認する必要があります。シリアル番号は、mineoのマイページと呼ばれるユーザーサポートページにアクセスする必要があります。

▼シリアル番号の確認方法

mineoのマイページにログインする
ご利用状況の確認→ご契約内容照会と進めば、シリアル番号を確認できる

シリアル番号を確認できたら、「管理アプリ」と呼ばれるものを公式サイトからダウンロードする必要があります。

▼アプリのダウンロード

▼ダウンロードページにあるQRコードをスマホで読み取る

管理アプリをダウンロードしたら、インストールされた管理アプリを開いてください。最初の画面の左上にあるメニューボタンを押すと、「ライセンス」という項目があらわれます。

ライセンスを登録することで、ジュニアパックのアプリがダウンロードできるようになります。

▼メニュー項目内のライセンスを押す

▼「はじめての方」という項目からライセンス登録を行う

▼あらかじめ確認しておいた「シリアル番号」をここで入力する

▼ユーザー登録には、ソースネクスト社のアカウントが必要

▼ライセンス登録後、管理アプリから欲しいアプリをダウンロード可能に

以上が、ジュニアパックを利用するまでの流れになります。あとは、各種アプリを起動して手順通り進めれば使えるようになります。

まとめ

ジュニアパックには、危険防止のためのアプリと、学習補助のアプリの2種類があります。危険防止のアプリでオススメのアプリはFilii Liteです。子供のスマホ利用を規制せずに、子供の使い方を見守ることができます。

学習補助サービスに関しては、特に辞典アプリを必ず入れておきましょう。そうすれば、わざわざ辞典の書籍や電子辞典を購入する必要がなくなります。

もし、まだmineoの申し込みをしていないのであれば、契約する際、同時にジュニアパックを申し込めば、手間がかかりません。

あと、ジュニアパックは申し込んだけでは使うことができません。ジュニアパックを使えるようにするための設定を行う必要があります。

本記事に書かれた内容に従って、正しく設定を行ってください。