格安SIMのmineo(マイネオ)を検討するときに、「機種を何にするか」という問題があります。ただ、できることなら、今の慣れ親しんだiPhoneをそのまま使いたいと考えていませんか?

もし、今のiPhoneをそのまま格安SIMに差し替えて利用することができれば、「データ引継ぎが不要」「本体料金の支払いが不要」「使い方を覚え直す必要がない」といった様々なメリットがあります。

ただ、自分の持っているiPhoneをどのように格安SIMに乗り換えさせればいいのかを知っている人は少ないです。

そもそも、あなたのiPhoneを他の携帯会社で使うことができるのかも含め、知らない人がほとんどです。この記事を読めば、あなたの持っているiPhoneをそのままmineo(マイネオ)で使うことができるようになります。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。普段から、お客さんの携帯料金や機種選びの相談に多く乗っている私が、iPhoneをmineo(マイネオ)で利用するための手法を伝えます。

あなたのiPhoneはmineo(マイネオ)で利用できるのか

スマホには、他社のSIMカードを挿しても使うことができない「SIMロック」と呼ばれるものがかかっています。

そのため、「ドコモならドコモの端末」「auならauの端末」のように、同じ会社から出ているスマホでなければ使うことができません

ただ、mineoは選ぶプランによって利用できる電波の種類が変わります。そのため、iPhoneと紐づいたキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に合わせてプランを選ぶことができます。

iPhoneのキャリアに合わせてプランを決める

mineoには、大きく分けて3つのプランがあります。それが、以下のプランになります。

  • Aプラン…auの電波を利用するプラン
  • Dプラン…ドコモの電波を利用するプラン
  • Sプラン…ソフトバンクの電波を利用するプラン

上記のプランの中から、iPhoneを購入したキャリアと同じプランを選べば、手持ちのiPhoneをそのままmineoで使うことができます。

なぜなら、iPhoneと同じキャリアの電波を利用すれば、SIMロックがかかったままでも、mineoのSIMカードを挿して使うことができるからです

例えば、ドコモから発売したiPhoneを持っている場合は、Dプランを選べばいいです。同じように、auならAプラン、ソフトバンクならSプランになります。

mineoの独自調査では、「5S/5C」から最新機種の「XS/XSMax/XR」までの互換性を確認しています。したがって、iPhone5以下のグレードでなければ、上記のプラン選びだけで、問題なくiPhoneをmineoで利用することができます。

異なるキャリアプランを選んだ場合、SIMロック解除が必要

もし、電波が入らない等の理由で、iPhoneのキャリアと異なるプランを選ばなければならない場合、iPhoneにかかったSIMロックを解除する必要があります

なぜなら、SIMロックがかかったままだと、iPhoneと紐づいたキャリア以外のSIMを利用することができないからです。

以下にSIMロックの解除方法をキャリアごとに記載します。以下の手順に従い、SIMロックの解除を行ったうえでmineoへ乗り換えを行ってください。

▼ドコモのiPhoneをSIMロック解除する

「my docomo」で検索→My docomoの公式サイトへアクセス
「デスクトップ用サイトを表示」にしないと、SIMロック解除の項目が出てこない
契約内容・手続き→その他→SIMロック解除→お手続きする
ログインしたら、あとは手順通り進めるだけでSIMロックを解除できます

▼auのiPhoneをSIMロック解除する

ネットで上記のように検索すれば、SIMロック解除のページに行けます
あとはパスワードを入力して、手順通り進めればSIMロックを解除できます。

▼ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する

ネットで上記のように検索すれば、SIMロック解除のページに行けます
ログインしたら、端末のIMEI番号を入力すれば解除できます

以上のやり方で、SIMロックを外すことができます。

3社すべてに言えることですが、すでに元のキャリアを解約してしまっている場合、90日以内であればショップでSIMを解除できます(ただし、手数料が3000円かかります)。

元キャリアを90日以上前に解約している場合は、残念ながらSIMロックを解除することはできません。そのため、同じキャリアのプランにするか、新しいiPhoneを調達するしかありません。

そのままiPhoneを持ち込みして乗り換えるときは「SIMのみ」で申し込む

では、実際に契約するときには、どのような手続きを踏めばいいのでしょうか。

mineoはwebから申し込みを行います。公式サイトから申し込みのボタンを押して、登録を進めていきましょう。すると、以下の二つの選択を迫られます。

  • 端末とSIMカードを購入する
  • SIMカードのみを購入する

この選択項目で、「SIMカードのみを購入する」を選んでください。なぜなら、すでに端末は手持ちのiPhoneを使うため、端末とセット購入する必要がないからです。

「SIMカードのみを購入する」を選べば、今持っているiPhoneをそのまま使いまわすことができます。

あとは、届いたmineoのSIMカードを自分のiPhoneに挿し、mineoの電波を受信できるようにするための「設定」を行うだけです。

mineoの格安SIMが届いたら、iPhoneのAPN設定を行う

mineo(マイネオ)のSIMカードが届いたら、「APN設定」というセッティングをしなければなりません。

APN設定とは「アクセス・ポイント・ネーム」の略で、手持ちのスマホがmineoの契約だと識別させるための設定になります。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は、あらかじめAPN設定が成されているため、ユーザーの方で設定する必要はありませんでした。

しかし、格安SIMではAPN設定は自分で行わなければなりません。mineoから届いたSIMカードをそのままiPhoneに挿しても使えないため、APN設定を行う必要があります。

設定方法を以下にまとめたので、参考にしてください。

▼公式サイトの「端末」→「動作確認済み端末検索」

▼キーワードに「iPhone」と入力

▼対象のiPhoneとプランの右下にある「ネットワーク設定方法」を押す

▼QRコードをiPhoneに読み込ませる

ここで、操作を一旦iPhoneに移します。注意すべき部分として、上の画像にあるプロファイルのインストールを行ううえでは、必ずiPhoneがインターネットにつながっている必要があります

そのため、自宅のWiFiなどに接続したうえで、以下の作業を行ってください。

▼カメラアプリでQRコードを読み、safariで開く

▼「許可」→「インストール」を3回押す→「完了」

右上のインストールを2回押す
下のインストールを押す→右上の完了を押す

▼mineoのプロファイルが入っていればOK

「設定」→「一般」→「プロファイル」 で確認できます

接続していたWiFiを切り、4Gの表示が左上に現れれば設定終了です。念のために、インターネットに繋がるかどうかも確認しておきましょう。

まとめ

まずは、自分の持っているiPhoneがどのキャリアのものだったのかを確認してください。それに沿ったプランを選びましょう。

もし、何らかの理由で、iPhoneと同じキャリアのプランを選べない場合は、iPhoneのSIMロック解除を行ったうえで、mineoに申し込んでください。

webで契約を行う際には、「SIMカードのみを購入する」を選択して下さい。端末とセットで購入する方を選んでしまうと、手持ちのiPhoneを流用できなくなります。

契約後にmineoのSIMカードが届いたら、「APN設定」を行っておきましょう。ただ、挿しただけではmineoの電波を拾うことはありません。

以上の内容を踏まえたうえで、mineoでiPhoneの流用を行ってください。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。