格安SIMのひとつにmineo(マイネオ)があります。mineo(マイネオ)を契約するにあたって、機種選びは避けて通れない問題です。

もし、あなたがAppleのiPhoneを検討している場合、mineo(マイネオ)でもiPhoneをセット販売しているため、契約するときに一緒に購入することができます。

ただ、mineoでセット購入することが本当にお得なのかは別の問題です。何にも考えず、mineoの契約と一緒に購入するだけでは、損をしてしまう可能性があります。

そこで、今回はmineoのiPhoneを買うことがお得なのかどうか解説していきます。また、実際に購入する手続きの方法も記載します。この記事を読めば、mineoを契約する際に、どのようにiPhoneを用意すればいいのか分かります。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。iPhoneを契約したい人の相談を日頃から多く受けている私が、あなたにmineoにおける最適なiPhoneの入手方法について教えます。

iPhoneの入手方法は4つある

iPhoneの入手経路は、大きく分けて以下の三つがあります。

  • mineoでセット購入する
  • 大手携帯会社で購入する
  • Apple storeで購入する
  • メルカリなどで中古品を購入する

では、それぞれどのような特徴があるのかをこれから解説していきます。

mineoでセット購入する

まずは、mineoを契約するときにセット販売されているiPhoneを一緒に購入するという方法です。この方法がもっともポピュラーでおすすめの方法となります。

なぜなら、契約時に一緒に申し込んでしまえば、手続きの手間がかからないし、確実にmineoに対応している端末という安心感もあるからです。

iPhoneをセットで購入する場合、「端末とSIMカードを購入する」という項目を選ぶ必要があります。この項目を選んでおかないと、次の項目で機種を選ぶことができません。

手続きを進めていくと、端末を選ぶ項目が現れます。メーカーをAppleで絞り込めば、取り扱っているiPhoneの一覧が表示されます。

あとは、手順通り進めて、申し込みを完了させるだけです。数日後に、SIMカードと一緒に端末が送られてきます。

しかし、mineoで新規購入するときに、注意すべき点がひとつだけあります。それは、機種のラインナップです。

mineoで取り扱っているiPhoneは、iPhone8 64GB・iPhone8 256GB・iPhone8plus 64GB・iPhone8plus 256GB・iPhone6S 64GBの5種類のみです。そのため、XS、XSMax、XRなどの最新機種は用意されていません

もし、最新機種やiPhoneSEなどの、「mineoで取り扱っていないiPhone」を使いたい場合は、このあと紹介する残り三つの方法で、端末を入手する必要があります。

大手携帯会社でMNP契約をする

大手携帯会社とは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのことです。大手キャリアでiPhoneを購入する場合、必ずMNP(docomo→auなどの他社をまたぐ契約)を行ってください。

なぜなら、MNP契約はキャンペーンが付きやすいため、最新機種の一つ前ぐらいの機種であれば、本体料金を一括0円で購入できる可能性があるからです

例えば、私の働いている家電量販店では、iPhoneXR 64GBがMNP契約で「本体一括0円」というキャンペーンをやっていました。

上記のキャンペーンであれば、仮に9500円(税抜)の解約金がかかったとしても十分元が取れます。なぜなら、違約金を考慮してもお得であることが理解できるはずです。

ただし、キャリアでiPhoneを購入する場合は契約が伴うため、しばらく大手キャリアにいなければならないというデメリットがあります

一括0円キャンペーンで本体がかかっていないとしても、「端末購入サポート」と呼ばれるキャンペーンの縛りにより、すぐに解約することはできません。

なぜなら、一年以内に解約してしまった場合、端末購入サポート解除手数料として3~5万の高額な違約金を支払わなければならないからです。

そのため、最低でも一年間は大手キャリアに居続ける必要があります。この方法は、格安SIMに変えるまで、かなり気の長い計画になります。

Apple storeで購入する

続いて、Appleの直営店で直接SIMフリーのiPhoneを買うという方法です。新品を少しでも安く購入したい場合は、Apple storeで購入する方法が最適です。

なぜなら、Apple storeで買った方が、mineoで新品のiPhoneを買うよりも少しだけ安く購入できるからです

例えば、iPhone8 256GBを買いたいとします。iPhone8 256GBをmineoで購入しようとすると、本体総額は85200円(税抜)になります。

一方、Apple storeで購入すると、84800円(税抜)になります。400円(85200-84800=400)とわずかな差ではあるものの、少しだけApple storeで買った方が安くなります。

ただ、iPhone8 64GBを見てみると、mineoとApple storeの金額はまったく同じ67800円(税抜)でした。

上の画像のように、機種によってはどちらも変わらないというケースもあります。

上記の方法を手間と感じる場合は、mineoで端末をセット購入した方がいいです。私の場合も、400円の差しかなかったため、mineoで一緒にiPhone8 256GBを申し込みました。

メルカリなどで中古品を購入する

最後に、フリマアプリやネットオークションなどを利用して、中古品を購入する方法です。

もし、新品でなくてもよければ、中古品の方が圧倒的に安い価格でiPhoneを購入することができるためお得です

例えば、iPhone8 64GBの場合、Apple storeやmineoで購入すると67800円かかります。しかし、メルカリで「iPhone8_本体」と検索すれば、50000円ぐらいでごろごろ売られています。

さらに、メルカリは「オファー」という手軽に行える価格交渉の機能がついているため、うまくいけば表示価格よりもさらに安くしてくれる可能性もあります。

また、mineoやApple storeで取り扱っていないiPhoneSEなども出回っています。そのため、公式が取り扱いを終了しているiPhoneを購入したい場合、このように中古品から調達する必要があるでしょう。

結局どこで買った方がいいのか?

前項で紹介した4つの方法は、自分がどのようにして機種を入手したいのかによって、選び分ける必要があります。

以下のように、メリットとデメリットがあるため、自分の許容できる購入方法を選んでください。

購入先メリットデメリット
mineo手続きが簡単。価格が高い
大手携帯会社一括0円の可能性
違約金の縛り
Apple store最新機種の入手手続きが面倒
メルカリなど手軽に安く買える中古品

結局のところ、上記のどの入手方法が最適なのでしょうか。もし、iPhoneの機種自体にこだわりがないのであれば、「mineoでセット購入」がもっともおすすめです。

なぜなら、申し込みにもっとも手間がかからないからです。わずかの価格差でApple storeで機種を購入よりも、まとめてmineoで申し込んでしまった方が圧倒的に楽です。

また、大手携帯会社のキャンペーンについては、非常に手間と時間がかかります。一年以上の長期的な計画になりますし、いろんなお店のキャンペーンを調査する必要も出てきます。そのため、紹介はしたものの、あまり素人向けの作戦ではありません。

メルカリで買うのは、中古品の安いiPhoneを手に入れるには良い方法と言えます。実際に私も、SIMフリーの中古iPhoneをいくつかメルカリから購入しています。

どんどん増えていく私のiPhoneたち

出品者によっては、50000円だったものを25000円ぐらいで交渉に応じてくれる人もいます。もともと、値引き交渉前提で、高く吹っ掛けてきている人もいるため、ガンガンオファー機能を使って値引きしていきましょう。

まとめ

前述したiPhoneの購入方法の中で、おすすめレベルは以下のようになります。

購入先おすすめレベル
mineo★★★★
メルカリなど★★★☆
Apple store★★☆☆
大手携帯会社★☆☆☆

大手携帯会社の契約は玄人向けです。キャンペーンの把握や時期の兼ね合いなどタイミングがシビアのため、素人にはあまりおすすめできません。

私のように業界事情に精通している知り合いがいない場合は、やめておいた方が無難です。

また、Apple storeに関しても、最新機種が欲しいわけでなければ、mineoで買った方が手間を省くことができます。

したがって、新品であればmineoのセット購入、中古でも良ければメルカリなどで買うのが最適といえるでしょう。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。