mineo(マイネオ)は、顧客満足度No.1と様々な方面から評価されている人気の格安SIMです。そのため、mineoをはじめての格安SIMに選ぶ人は非常に多いです。

とはいえ、「本当にmineoを契約しても大丈夫なのか」「何か落とし穴があるんじゃないか」と不安になる気持ちも分かります。

そこで今回は、mineoを利用している私が、あえてmineoのデメリットをいくつか挙げてみようと思います。この記事を読めば、本当にmineoを契約すべきかどうか決定することができます。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。日頃から、携帯の相談を多く受けている私が、あなたにmineoを契約すべきかどうかを伝えます。

長電話には向いていない

まず、mineo(マイネオ)は、長電話をするユーザーには向いていません。

なぜなら、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアと違い、24時間無制限に通話ができる「かけ放題プラン」がないからです

mineoで通話をすると、以下のような通話料金がかかります。

通常の通話30秒あたり20円(税抜)
mineoでんわアプリ30秒あたり10円(税抜)
mineoでんわ10分かけ放題1回の通話が5分以内なら無料
それ以上の通話は30秒あたり10円(税抜)

通常の通話は、普通の電話アプリで通話をする場合の金額です。それ以外の通話は、「mineoでんわ」と呼ばれるmineo専用の通話アプリを使う必要があります。使い方は、通常の電話アプリと一緒です。

基本的に、mineoでは上記の方法でしか通話をすることができません。「24時間いくらでも通話できる方法」が存在しないため、長電話をするユーザーにとっては使い勝手が悪いです。

ただ、他の格安SIMもほぼ同じような内容となっています。そのため、長電話に向いていないのは、mineoだけというよりも格安SIM全体に言える話になります。

また、どうしても格安SIMで気兼ねなく通話をしたい場合は、「ララコール」というサービスを使うことをおすすめします。

特定の知り合いとの通話しかしない場合は「ララコール」がおすすめ

LaLa Call(ララコール)とは、mineo(マイネオ)を運営している会社「OPTAGE(オプテージ)」が提供している通話サービスです。

同じ会社が運営しているサービスのため、「mineo×ララコール」の組み合わせで利用すれば、以下のように様々な特典が付いてきます。

特典内容補足
通話料が安くなるララコールで通話をすれば30秒あたり8円(税抜)
ララコール同士の通話が無料
月額料金が実質無料ララコールの月額料金の100円(税抜)分の
無料通話が付いてくる。
つまり100円分は通話が無料になる。
シングルタイプで契約可ララコールはインターネットが使えれば利用可能。
そのため、音声契約(電話+ネット)の必要なし。
パケット料がかからないララコールはデータ通信を消費するが、
mineoであればララコールの使用分は
通信料が使い放題になる。
電話番号がひとつ追加ララコールを申し込むと、
電話番号がもう一つ付いて来る。
仕事とプライベートなどで使い分けが可能。
mineoと請求を合算通常はクレジットカードによる支払い設定が必要。
しかし、mineoを契約していれば、
引き落とし先を一緒にできる。

特に、表の上にある「ララコール同士の通話が無料」という特典をうまく使えば、通話をかけ放題にすることができます。

例えば、よく通話をする家族や知り合いにララコールを一緒に申し込んでもらえば、その人との通話は完全に無料になります。

もちろん仕事などで、電話回線による通話をしなければならない場合は別です。

ただ、ララコールの利用が可能な人物との通話であれば、ララコールによる通話を試してみてください。

iPhoneでテザリングを使いたい人は要注意!

テザリングとは、スマホを「中継機」としてパソコンやタブレットなどの端末をインターネットに繋げることができるサービスです。

この機能があれば、自宅にインターネット環境がなくても、ある程度のインターネット環境を保持することができます。

ただし、上記のテザリングを使う場合、mineoのAプラン(au回線)を選ぶのはおすすめできません。

なぜならAプランでiPhoneを使う組み合わせの場合、テザリングを利用することができないからです。

しかし、2018年10月31日より、一部機種が利用可能になりました。

上の画像で、○の付いている機種はテザリングが利用できるようになっています。そのため、どうしてもiPhoneでテザリングを使いたい場合は、上記の該当する機種を選ぶようにしましょう。

家族割が意外としょぼい

また、mineoには家族割引があります。しかし、その家族割が意外としょぼいという事実があります。なぜなら、割引額が50円しかないからです。

公式サイトより引用

例えば、家族4人でmineoにしたとしても、4回線にそれぞれ50円ずつの値引きが入るだけのため、4人で200円しか安くなりません(50×4=200)。

ただ、そもそも格安SIMには、家族割自体を行っている事業者が少ないのが実情です。そのため、「あるだけマシ」と捉えることもできます。

また、データ通信量はパケットシェアなどのサービスが充実しているため、インターネットの使用量に関しては家族同士で工面し合うこともできます。

通信速度が遅くなるときがある

mineoでは、昼間と夜間の時間帯に、通信速度が遅くなってしまいます。なぜなら、昼と夜は回線が混み合う時間帯のため、大手キャリアから電波を借りているmineoでは、回線速度を維持できないからです。

以下は、楽天モバイルとmineoの通信速度を計測アプリで比較したときの画像です。12時と18時の時間帯になると、極端にスピードが低下しているのが分かります。

▼朝の時間帯(下り:23.4Mbps)

▼昼の時間帯(下り:0.9Mbps)

▼夕方の時間帯(下り:3.4Mbps)

▼夜の時間帯(下り:29.2Mbps)

ただし、上記の画像を見れば分かるとおり、比較対象の楽天モバイルも同じ時間帯に速度が低下しています。他の格安SIMも条件的には同じのため、mineoに限った話ではありません。

支払いはクレジットカードのみ

mineo(マイネオ)は、毎月の支払いをクレジットカードで行う必要があります。なぜなら、銀行の口座振替による支払いができないからです。

格安SIMは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアと違い、資本も契約者数も多くありません。ユーザーから料金の滞納などをされてしまうと、大手キャリアよりも体力のない格安SIM事業者は非常に困ってしまいます。

そのため、クレジットカードを所有している人に契約してもらいたいのです。なぜなら、クレジットカードの審査に通ったということは、それだけで信頼のおける人物だからです。

したがって、基本的には口座振替による受付はできず、クレジットカードによる申し込みだと考えてください。

しかし、どうしても口座振替による引き落としにしたい場合は、自宅のインターネット環境をmineoが提供する「eo光」に変えるという方法があります。

eo光はmineoと提供元が同じ「OPTAGE」という会社になります。そのためeo光に加入している人は、mineoの月額の振り込みをeo光の引き落とし先にまとめることができます。

つまり、自宅のネットを銀行口座による引き落としにしたeo光にしておけば、mineoの引き落とし先をeo光に指定することで、クレジットカードによる申し込みを回避することができます。

もし、どうしてもクレジットカードによる支払いをしたくないのであれば、上記の方法を検討してみてください。

まとめ

ここまで、mineo(マイネオ)のデメリットを紹介しましたが、mineoというよりも格安SIM全体に言える弱点が多いです。むしろ、他の格安SIMと比較すると、mineo特有のデメリットはほとんどありません。

本記事で伝えたデメリットは、通信速度の部分以外に関しては以下のように解決策も提示されています。

  • 長電話ができない→ララコールで対応
  • iPhoneでテザリングが使えない→2018年10月より一部対応
  • 家族割がしょぼい→パケットシェアなどは充実
  • 昼間と夜間の速度が遅い→他の格安SIMも同じ
  • クレジットカードが使えない→eo光で間接的に口座振替にできる

そのため、自分が契約するにあたって、上記の内容をデメリットと感じなかったり、デメリットを解決できる手段を持っていたりするのであれば、是非mineoを検討してみてください。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。