2020511日に第二世代となる新型iPhoneSE(以下、iPhoneSE2)が発売されました。このiPhoneSE2は他のiPhoneシリーズと比べて安価な価格で購入することができるため、ライトユーザーに向けたスマホとなっています。

「スマホにあまりお金をかけたくない!」と考えている層に人気があるため、iPhoneSE2を格安SIMで使いたいという人が多いのもまたこの機種になります。

ただ、格安SIMiPhoneSE2を運用するにあたって、以下のような不安をかかえていませんか。

・どこでiPhoneSE2を購入するのがお得?
・どこの格安SIMで運用すべきなの?
・どうやって格安SIMに乗り換えればいいの?

本記事では、このような疑問に応えていきます。

私は、家電量販店で携帯の販売を行っています。各社を比較検討しながら、お客様に合ったスマホをご提案する立場として、あなたにiPhoneSE2の最適な運用方法をお伝えします。

この記事を読めば、できるだけ安い価格でiPhoneSE2を利用することができるようになるでしょう。

iPhoneSE2を購入する方法

iPhoneSE2が購入できるのは、以下の4つの会社です。

  • Apple
  • docomo
  • au
  • softbank

上記以外の会社では、iPhoneSE2を取り扱っていません。そのため、この中から購入先を決める必要があります。では、iPhoneSE2を購入するのであれば、4つの会社のどこから買うのがベストなのでしょうか。

結論を先に述べると、iPhoneSE2を購入するならば、Appleから直接買うのがオススメです。つまり、docomo・au・softbankといった大手キャリアから購入するのは避けた方が良いということです。

理由は以下の2つがあります。

  • 本体価格が安いから
  • 最初からSIMフリーだから

以下でさらに詳しく解説します。

本体価格が安いから

大手キャリアよりもAppleで買った方が本体の値段が安いです。以下に、各社それぞれのiPhoneSE2の料金をまとめています(※表内はすべて税率10%込の価格です)。

▼iPhoneSE2本体価格の各社比較表(2020.07.14時点)

AppledocomoauSoftbank
64GB49,280円57,024円55,270円57,600円
128GB54,780円62,568円61,250円64,080円
256GB66,880円75,240円75,215円78,480円

上記の表を見てわかる通り、すべての容量においてAppleの購入価格がもっとも安いことが分かります。

ただ、Appleで直接本体を購入する場合、分割ができないのではないかという疑問が出てくることがあります。しかし、実際のところはAppleでも問題なく分割を組むことができます。

Appleの公式サイトでは、oricoと提携して24回までは金利なしで分割を組むことができると書かれています。

キャリアでは36回や48回まで金利がかからずに分割できるという点はありますが、トータルで支払う金額が安いため、基本的にはAppleで買うべきです。

例えば、AppleとドコモのiPhoneSE2の128GBでは、以下のような価格差が生まれます。

62568-54780=7788円

24回の分割にしたときの差額は毎月324円程度ですが、トータルの料金は7,788円とそこそこの差があります。

また、キャリアでiPhoneを購入すべきでない理由はもうひとつあります。それは、キャリアの分割の組み方が少し複雑になっているからです。

どういうことかというと、キャリアは本体の分割料金を安く見せるために、以下のような施策を打ち出しています。

  • スマホおかえしプログラム(docomo)
  • かえトクプログラム(au)
  • トクするサポート+(softbank)

上記の施策は内容に多少の違いはあるものの、仕組みはほぼ共通しています。

それは、契約から2年後に、機種の下取り込みで自社(今と同じキャリア)へ機種変更することで、本体料金の一部を免除するというものです。

一見、良心的なローンの仕組みと思われるかもしれませんが、結局のところユーザーを他社へ逃さないための囲い込みキャンペーンに他なりません。

つまり、本体料金の残債を人質にとって、「払いたくなければ(あなたが料金を支払った)本体を返却したうえで、もう一度自社で契約をしなさい」と言っているのと同じです。

このように、キャリアで購入するとキャリアの施策で身動きが取りづらくなる可能性があります。どこで購入しても本体の性能に差があるわけではないため、よほどの理由がなければキャリアのしがらみが無いAppleで購入しましょう。

AppleのiPhoneは最初からSIMフリー

Appleで購入すべき理由はもうひとつあります。それはAppleで購入したiPhoneはすべてSIMフリー端末だからです。

SIMフリーとは、「どの携帯会社との契約でも利用できる状態の端末」ということです。格安SIMでスマホを利用する場合、そのスマホはSIMフリーである必要があります。

逆にいえば、docomo・au・softbankなどのキャリアで購入する端末は、「SIMロック(他社の契約で利用できない状態)」がかかっています。この状態では、格安SIMを使うことはできません。

キャリア端末のSIMロックを解除するには、各社の顧客管理サイト「my ○○(キャリア名)」にアクセスし、SIMロック解除の手続きを行わなければなりません。

ただ、本体の料金を分割にしていると、契約から101日以上経過しなければSIMロックの解除ができないようになっています。

そのため、大手キャリアでiPhoneSE2を分割購入する場合、わざわざ101日経過した後に顧客管理サイトでSIMロックの解除手続きを行わなければならないのです。

しかし、AppleでiPhoneSE2を購入すれば、最初からSIMフリーの状態のため、わざわざサイトにアクセスして面倒な手続きをしたり、期間を空けたりする必要はありません。

以上の点から、iPhoneSE2はAppleで買うことを推奨します。

ちなみに、壊れてしまったときの対応が不安な場合はAppleで購入する際にApplecareという保険に加入することができます。

この保険に加入しておけば、何かあった場合でもAppleの電話窓口がかなり親切に対応してくれます。故障や盗難・紛失が怖い場合は加入しておくといいでしょう。

格安SIMの選び方

よく、スマホと相性の良い格安SIMを探そうとする人がいますが、これはあまり意味がありません。なぜなら、電波のつながりや通信速度に多少の違いはあれど、日常的に使う上で、スマホと格安SIMの親和性にそこまで大きな違いはないからです。

また、月額料金の価格やキャンペーンなども、格安SIM各社において、そこまで差はありません。

当サイトでおすすめしている格安SIM6社の「UQモバイル」「Y!mobile」「楽天モバイル」「mineo」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」といった格安SIMを契約したとしても、iPhoneSE2であることで得られる恩恵は何もありません。

強いていえば、UQモバイルであれば「SIMのみ・他社から乗り換え(MNP)の契約で10000円のキャッシュバックが入る」という特典を受けることができます。

前述でお話ししたように、AppleでiPhoneを購入しておけば、キャッシュバックを受ける条件は満たされています。そのため、キャンペーンの部分に関していえば、UQモバイル がひとつ抜きにでていると言えるでしょう。

ただ、iPhoneSE2を使うことが、格安SIMを選ぶ決め手にはならないことには変わりありません。

「じゃあ結局、どの格安SIMを契約するのがいいのか?」という疑問について答えていきます。ただ、あなたの普段スマホを使っている使い方に左右されるため一概に言うことはできません。

そこで、利用者別におすすめの格安SIMを以下で紹介していきます。

通信速度を重視するなら

・UQモバイル

auと同じKDDIグループの会社が運営している格安SIMのため、通信品質が非常に高いことが特徴です。動画やゲームなどを遅延なく快適に利用したい場合は、UQモバイルがオススメです。

Y!mobileとの違いは、通話オプションが脱着可能なため、より安いプランが用意されていることです。通話をそこまで重視していなければUQモバイルがいいでしょう。

  • 通信速度が速い
  • ショップがある
  • 通話オプション無しの安いプランがある

・Y!mobile

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは、UQモバイルと同様に大手通信事業者が運用している格安SIMです。そのため、通信速度が他の格安SIMとは段違いに速いことが特徴です。

UQモバイルとは違い、通話のオプションがプランに標準搭載されているため、どのプランに加入したとしても、1回の通話が10分間は無料になります。

  • 通信速度が速い
  • ショップがある
  • 通話オプションが自動でついている

サポート体制を重視するなら

・mineo

mineoにはマイネ王と呼ばれるユーザー同士が意見交換や助け合いを行えるサポートサイトが存在します。

分からないことを質問する掲示板があったり、余ったパケットを譲ったり貰ったりできる機能もあります。初心者でいろいろとサポートしてほしい場合には、初心者に優しい格安SIMです。

  • 分からないことや質問をmineoの現役ユーザーが教えてくれる
  • パケットの受け渡しや、意見交換などができる
  • 運営側にユーザーの要望が通りやすい(ユーザーとの風通しが良い)

ポイント還元重視なら

・楽天モバイル

楽天市場や楽天カードなどの、楽天のサービスを多用している場合は楽天モバイルがオススメです。楽天ポイントの還元率が非常に高いため、ポイントを日常的に利用している楽天ユーザーなら持っておきたいところ。

  • 楽天サービスとの連携特典が大きい
  • リアル店舗がある

通信トラブルなどの不安を解消したいなら

・IIJmio

IIJmioは、通信業界の中でも老舗の事業者です。長年のノウハウが培われているため、今まで大きな通信災害やトラブルに見舞われたことが少ない企業でもあります。

そのため、携帯会社の通信障害に嫌悪感を抱くことが多かったり、以前に通信障害のせいでひどい目にあったことがあったりした人は、IIJmioを選ぶと良いでしょう。

  • 通信の安定性において、もっとも信頼性の高い事業者
  • 家族プランがある

格安SIMに乗り換える際の注意点

iPhoneSE2を入手し、移転先の格安SIMも決めたら、あとは実際に乗り換えの手続きを行うだけです。このとき、事前にやっておくべきことが2つあります。

  • 今いるキャリアで「MNP予約番号」を取得する
  • 携帯のデータの引き継ぎを行う

以下で詳しく説明していきます。

今いるキャリアで「MNP予約番号」を取得する

MNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティの略で、「今の電話番号を引き継いで他社に乗り換える契約」のことを指します。

MNPを行うためには、今いるキャリアで予約番号を取らなければいけません。予約番号を取得することにより、ようやく現携帯会社から他社への乗り換えを許可された状態になります。

MNP予約番号はインターネットもしくは電話にて取得することができます。

ドコモ利用中【ドコモの携帯から】151
自動音声後、1→#→暗証番号入力
【一般電話から】0120-800-000
自動音声後、4→2→電話番号入力→暗証番号入力
au利用中【auの携帯から】0077-75470
自動音声後、1→1→暗証番号入力
【一般電話から】0077-75470
自動音声後、1→1→電話番号入力→暗証番号入力
ソフトバンク利用中【ソフトバンクの携帯から】*5533
自動音声後、1→#→4→暗証番号入力
【一般電話から】0800-100-5533
自動音声後、1→#→電話番号入力→暗証番号入力→4
※4桁の暗証番号を間違えても、何回か入力すればオペレーターに繋がります

ただし、格安SIMでデータ通信のみの契約をしたい場合、MNPを行うことができません。この場合、今の携帯会社を解約して、新規で格安SIMを契約してください。

MNP予約番号の取得方法をもう少し詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

格安SIMにMNPを行う流れと方法、実際の契約の仕方について

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。したがって、できるだけ余裕を持って取得するようにしてください。

土壇場になって取得しようとすると、電話が混雑していて繋がらなかったり、ネットで受付ができない契約状況だったりすることが多くあります。

上手く取得できないトラブルに見舞われ、契約したい日にちに契約できなかったということも起こり得ます。

そのため、早めに予約番号を準備しておくといいでしょう。仮に、15日間の有効期限を過ぎてしまったとしても、また取得し直せば良いだけなので問題ありません。

データの引き継ぎを準備をする

今回、iPhoneSE 2へ機種を変えるため、今まで使っていた機種からデータを引き継ぐ必要があります。データの引き継ぎの重要性は、これを見ているあなたも理解できると思います。

ただ、できれば契約をする前に準備を終えておくことが望ましいです。

なぜなら、事前にデータの引き継ぎを準備しておかないと、移せなくなるデータがあるかもしれないからです。

例えば、gmailを引き継ぎたいとします。gmailはgoogleアカウントのパスワードが分かれば、引き継ぐことができます。

ただし、多くの場合でgoogleのパスワードを忘れてしまっているケースが多いです。このとき、googleのパスワードを再設定する必要が出てきます。

最近では、googleアカウント作成時に電話番号を登録していれば、ショートメッセージにパスワードを再発行するためのメールを送ることができます。この場合は、特に問題ありません。

しかし、大昔にgoogleアカウントを作った場合、電話番号が登録されていないことがあります。すると、googleアカウントを作ったときのスマホやパソコン宛にパスワード再設定のメッセージが届くことがあります。

ただ、携帯を乗り換えてしまった場合、旧端末で電波が入らないため、再設定用のメッセージを受け取れない可能性があります。

他にも様々な手段でパスワードの再発行を促してきますが、①電話番号登録をしていない②旧端末の契約が切れているという条件が重なると、80%以上の確率でgmailは引き継げなくなり、以下のような画像のページが表示されてしまいます。

他にも、Facebook・LINEなどのSNSや、ゲームアプリなども旧端末で引き継ぎできるようにパスワードを把握しておいたり、電話番号登録しておいたりしないと、最悪の場合引き継ぎができなくなるおそれがあります。

したがって、どうしてもデータを移したいサービスがある場合は、事前に各種アプリの引き継ぎについて調べておいてください。

すべてのアプリには対応していませんが、よく質問されるアプリの引き継ぎ方法をまとめた記事を下記に載せていますので、参考にしてみてください。

機種変更時にデータの引き継ぎが必要になるアプリまとめ

まとめ

さて、それでは本記事の内容をもう一度おさらいします。

  • iPhoneSE 2はAppleストアで直接購入する
  • iPhoneSE 2と親和性のある格安SIMは無い
  • 自分の使用状況に応じた格安SIMを選ぶ
  • 乗り換える前に、MNP予約番号の取得とデータの引き継ぎ準備をしておく

当サイトで利用者別におすすめしている格安SIMは、以下の会社になります。

iPhoneSE 2は価格がリーズナブルでいて性能レベルも高いため、おすすめの商品です。中身の性能が良いということは長持ちもしやすいということなので、長く付き合うパートナーとして検討してみるといいでしょう。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。