HUAWEI P20 lite(読み方:ファーウェイ・ピートゥエンティーライト)は、中国の通信機器メーカーであるファーウェイ・テクノロジーズ社が2018年6月15日に発売したAndroid(アンドロイド)スマートフォンです。

ここに来たということは、あなたもHUAWEI P20 liteの購入を検討しているのだと思います。

しかし、HUAWEI P20 liteの性能や機能なども含めて、自分に合っている機種なのかいまいち判断できていないのではないでしょうか。

そこで、実際に私が実機を利用したレビューを交えて、HUAWEI P20 liteの性能や機能について評価します。本記事を読めば、HUAWEI P20 liteがあなたにとって最適な機種かどうかを見分けることができます。

HUAWEI P 20 liteの外観・デザイン

まずは、HUAWEI P20 liteの外観を確認します。

外観、画面の大きさ、持ったときの感触

HUAWEI P20 liteの本体サイズは、日本で最も利用者が多いとされるiPhoneの標準サイズと比べると、一回りほど大きいです。ただ、Androidスマホの中では、一般的なサイズです。

上の写真は、左から順に、iPhone7、HUAWEI P20 lite、HUAWEI P10 liteの大きさを比較したものです。前機種のP10 liteと比較すると、少しだけ横幅がスリムになっています。そのため、片手で持ちやすくなっているという特徴があります

ディスプレイサイズ(液晶画面の大きさ)は5.84インチです。この数値から、4.7インチのiPhoneや、5.0~5.2インチの標準的なAndroidスマホと比較しても、非常に大きな液晶画面であることが分かります。

さらに、液晶画面は非常に大きいにも関わらず、P20 liteの全体サイズは、一般的なAndroidの大きさとそこまで変わらないという利点があります。

なぜなら、HUAWEI P20 liteは全面が液晶画面の「フルディスプレイモデル」となっているからです。物理ボタンがついていないため、その分画面が大きくなっています。

さらに、周りの枠をできるだけ排除した「ベゼルレス仕様」になっているため、表面の液晶部分がさらに広くなっています。片手で持ちやすいサイズでありながら、大画面で操作ができる部分が魅力的です。

また、ノッチ(画面上部のインカメラなどがついている部分)が付いているデザインも、今のトレンドを意識した作りになっています。例えば、Appleの高価格機種(ハイエンドモデル)であるiPhoneXにかなり近いデザインです。

また、HUAWEI P20 liteには3色のカラーラインナップがあります。それぞれ、「ミッドナイトブラック」「クラインブルー」「サクラピンク」の3色があります。

特に、「クラインブルー」の背面は、メタリック仕様となっており非常に綺麗です。ただ、滑りやすい材質のため、ケースは必須となります。綺麗なだけに、そのままでは使いづらいところが勿体ないと感じました。

縦に長く横幅がスリムになったため、片手持ちがしやすくなったということは先ほど述べました。

片手で持つにあたって、気になるのは重さです。HUAWEI P20 liteの重さは145gになります。iPhoneや一般的なAndroidの重さが140~145g前後のため、平均的な重さといえます。持ってみたところ、本体はとても軽いという印象でした。

しかし、前述したとおり、本体自体が非常に滑りやすいため、そのまま使うと落としてしまう可能性が高いです。そのため、滑り止めの効いたグリップ感のあるケースを付けるべきです。ただし、ケースの重量もプラスされてしまうため、選んだケースによってはズシっとした重みを感じるかもしれません。

それでも、落とすよりはずっと良いです。本体の色を強調したいのであれば、透明なケースなどを付けて、本体の色が見えるようにしましょう。いずれにしても、本体の滑りやすさを考慮した場合、ケースは必ず付けておくことをおすすめします。

どのようなケースをつけるべきか

ケースには大きく分けて「手帳型」か「背面型」の2種類があります。こだわりは人それぞれあるため、すでに付けたいケースが決まっていれば、そのままそれを使ってもらって問題ありません。

ただ、もしどちらにするのか迷っているのであれば、「背面型ケース+ガラスフィルム」の組み合わせをおすすめします。なぜなら、手帳型ケースの場合、落としてしまうのは手帳を開いているときの方が多いからです。

ケースを開いているときに落としてしまえば、画面が露出したまま地面に叩きつけられることになります。そうなると、手帳型のケースは意外にも画面保護に向いていないことが分かります。

そのため、かさばらずに片手持ちしやすい背面ケースを付けた方がいいです。ただ、背面ケースは画面を常に露出することになるため、ガラスフィルムを付ける必要があります。こうした理由から、「背面型ケース+ガラスフィルム」をおすすめしています。

ただ、背面型ケースといっても種類は膨大にあります。そのため、背面ケースを付けるといっても、何を選べばいいのか分からないと思います。

「滑り止めが効く」という観点から考えると、固い材質の「ハードケース」では滑りやすいため、選ぶべきではありません。また、滑り止めの効果はあっても、ブヨブヨしていてすぐ取れてしまったり、ベタベタして埃や汚れが付着しやすかったりする「シリコンケース」もおすすめしません。

ちょうどいいのは、多少の固さを保持しつつも、曲げたり捻ったりできる「ソフトケース」になります。そして、実は、この条件をすべて満たすケースが付属品として付いています

このケースであればフチまで覆っているため、万が一落としてしまっても画面から直接落ちることはありません。これにガラスケースを付ければ、画面保護の役割は十分果たしてくれます。

実際に付属品の背面ケースを付けて片手持ちをしてみましたが、電話をしたりLINEやネットで調べ物をしたりするにあたり、片手でほとんどの操作を行うことができました。

また、胸ポケットやズボンのポケットであれば普通に入ります。そのため、持ち運びにもそこまで困ることのない大きさとなっています。

充電端子はmicroUSB「タイプC」なので注意

充電器の差込口はタイプCと呼ばれる端子となっています。似たようなケーブルで、台形のような形をしたものがありますが、それはタイプBと呼ばれる旧世代の端子です

そのため、市販のmicroUSBケーブルを購入する場合は、タイプBとタイプCを間違えて購入してしまわないように注意しなければなりません。特別な理由がなければ、充電器は付属品のものを利用してください

なぜなら、付属している充電器は、充電速度やバッテリーへの負担を考慮し、最適化されて作られているからです。実際に、市販の急速充電器と付属品の充電器で充電速度を比べたところ、満充電になるまでの速度がおよそ3倍違いがありました

そのため、基本的には市販のものは使わずに、付属品のケーブルとコンセントアダプタを利用するようにしてください。

ちなみに、イヤホンジャックも側面下部に付いているため、イヤホンマイクは下から挿す形になります。

HUAWEI P20 liteの性能

では、実際にHUAWEI P20 liteの性能について考えていきます。当サイトでは、端末の性能を数値化できる「Antutu BenchMark」というアプリを用いてベンチマークスコアを計測しています。

ベンチマークとは、比較可能な数量的な性質を指します。つまり、Antutuを用いることで、本来目に見えない「性能」を数値化し、端末の性能を比較できるということを意味します。数字として算出するため、ひとつの目安にすることができます。

▼HUAWEI P20 liteのAntutu ベンチマークスコア

▼Antutu ベンチマークスコアの指標

スコアスコアの性能レベルに向いている人
150000点以上高性能を追い求めている人向け。
100000点以上3Dアクションゲームをしたい人向け。
75000点以上動画やゲームをやりたい人向け。
50000点以上SNSを使いたい人向け。
30000点以上電話・メール・調べ物がしたい人向け。
29999点以下持ってさえいればいいという人向け。

上記の目安表を見ると、Youtubeで動画を見たり、アプリのゲームをしたりすることに向いていることが分かります。もちろん、LINEやFacebookといったSNSや、ネットで調べ物をするなどの基本的な使い方も問題なく行えます。

ちなみに、他の機種のAntutuベンチマークスコアは以下のようになります。

  • 【iPhone7】178090点
  • 【HUAWEI nova lite 2】87441点
  • 【HUAWEI P10 lite】76454点

iPhoneなどのハイエンドモデルと比較すると、やはり性能には大きな差があることが分かります。ただ、ゲームなどの高負荷な処理も75000点以上あれば問題なく動作するため、あまり気にしなくても問題ありません。

旧機種であるHUAWEI P10 liteと比べると、性能が向上しているのが分かります。HUAWEI P20 liteはP10 liteの後継機モデルのため、ここは当然といえます。

HUAWEI nova lite 2とは、性能がほぼ同じという結果が出ました。nova lite 2は価格もP20 liteよりも安いため、コスパ重視の場合はnova lite 2の方がいいかもしれません。

1GB分大きいメモリ(RAM)やノッチ(画面上部のカメラやセンサーが搭載された切れ込み)の付いているデザインの方がいい場合は、HUAWEI P20 liteが良いでしょう。

HUAWEI P20 liteとゲームアプリの相性

スマホを利用するうえで、もっとも重要な部分は処理能力の高さです。なぜなら、処理能力が低ければ、サイトが一向に開かなかったり動画が再生されなかったりして、ストレスを感じてしまうからです。

高い処理能力を必要とする作業にゲームがあります。特に、「対人アクションゲーム」は処理能力が高くなければ利用できないサービスになります。なぜなら、相手の動きをみて、反射的に操作を行わなければならないからです。

そこで、対人アクションゲームの中でも、スマホへの負荷が大きいことで知られる「PUBG MOBILE」というゲームを実際にプレイしてみました。

▼PUBG MOBILEのプレイ動画

2時間ほどプレイしてみましたが、遅延することもなく非常に快適でした。PUBG MOBILEができれば、その他のゲームを含めたサービスは、ほぼ利用可能と思って差し支えありません。

ただし、画質は「中画質」に設定しておくことが望ましいです。なぜなら、高画質で3Dアクションゲームを行うと高確率で処理速度が遅くなり、プレイに支障をきたすからです。

高画質で上記のようなゲームをプレイするのであれば、100000点以上のベンチマークスコアが出るスマホを選ぶべきです。

PUBG MOBILEに限らず、3Dゲームはグラフィックの画質をユーザーが決められることが多いため、HUAWEI P20 liteで3Dゲームをする場合、多少の画質は目をつむってください。

また、PUBG MOBILE以外にも、いくつかゲームアプリの動作確認を行っています。以下に試したアプリの一覧をまとめたため、P20 liteでゲームをやりたい場合は参考にしてください。

  • PUBG MOBILE
  • 荒野行動
  • ツムツム
  • 刀剣乱舞
  • Minecraft(マイクラ)
  • アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(ミリシタ)
  • モンスターストライク(モンスト)
  • リネージュ2 レボリューション(リネレボ)
  • グランブルーファンタジー(グラブル)
  • アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)
  • BanG Dream!(バンドリ)
  • 星のドラゴンクエスト(星ドラ)
  • パズル&ドラゴンズ(パズドラ)
  • パワプロ
  • ポケモンGO
  • Fate / Grand Order(FGO)
  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

バッテリー(電池持ち)

スマホの性能でユーザーが注目するポイントとして「電池持ち」があります。いくら高機能なスマホでも、電池が半日しか持たなければ意味がありません。

HUAWEI P20 liteのバッテリー容量は3000mAhです。これは、現行のスマホの中では平均的なレベルのバッテリー容量になります。

しかし、電池持ちを決めるのは、バッテリー容量が全てではありません。スマホの消費電力や、使い方によって消費スピードは大きく変わります。

そこで、私がさまざまな使い方で、実際にHUAWEI P20 liteを使用した内容を以下に公開します。

  • youtubeの動画(標準画質)を再生し続ける=9時間22分
  • bluetoothスピーカー(SRS-X13)に繋ぎ、Google Play mujic(音楽アプリ)で音楽を聴き続ける=16時間33分
  • 標準設定で動画を撮影し続ける=測定中

上記の内容は、連続で使用し続ける可能性のある使い方で試したものです。ただ、日常でこのような使い方はしないため、私自身が、特に意識せずに丸一日利用した内容も以下に載せておきます。あくまで一例ですが、参考にして下さい。

一日の使用状況電池残量
目覚ましアラーム鳴らす
100%
LINEのトークを2、3回やり取り100%
1時間の通勤時間中に車で音楽を聴き続ける96%
仕事の電話を3回(約10分)ほどかける90%
休憩時間中にアプリゲームを40分程度する72%
LINEのトークを10回ほどやり取り68%
帰宅中にも1時間ほど車で音楽を聴き続ける54%
2時間ほどyoutubeで動画を見る33%
ネットで15分ほど調べ物をする28%

上記の内容で、残り電池残量が28%ほどでした。最後のyoutubeを見る直前までは54%ほどまであったため、やはり動画系のサービスを利用すると電池消耗量が激しくなることが分かります。

動画やゲームをたくさん利用するのであれば、持ち運びできる充電器「モバイルバッテリー」を携帯するようにしましょう。安いモバイルバッテリーなら、10000mAhもの容量にもかかわらず、3000円程度で買える商品もあります。

HUAWEI P20 liteの機能

この項目では、HUAWEI P20 liteの特徴的な機能について説明します。

カメラ機能

HUAWEIのPシリーズはカメラ機能が優れていることが特徴です。ここでは、ファーウェイシリーズの特徴的なカメラ機能をいくつか紹介します。

・ワイドアパーチャ

HUAWEI P20 liteにはダブルレンズが搭載されています。2つのカメラがあることで、一眼レフカメラで撮影するような遠近表現の高い写真を撮影することができます。このダブルレンズは、旧端末のP10 liteには搭載されていなかった機能です。

上記のダブルレンズを使った特徴的な機能に「ワイドアパーチャ」と呼ばれるものがあります。この機能は、撮影した写真のピント調節を「撮影した後に変更することができる機能」です。

例えば、風景の写真を1枚撮影したとき、後ろの方がくっきり映っているのに手前がボヤけていることがあります。これは、撮影時にピントが後ろの方に合わせてあるためです。

本来は、この撮影した写真のボヤけ具合を後から変えることはできません。しかし、この「ワイドアパーチャ効果」をオンにした状態で撮影した写真は、2つのレンズによって測定した被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)を記憶しておくことができます

そのため、撮影した写真を開き、ピントを合わせたい箇所をタップすることで撮影後の写真のピント調節を行うことができます

これがワイドアパーチャです。撮影した写真の見栄えが悪いと感じたら、ワイドアパーチャを利用して、後から編集しましょう。

・ポートレート

続いては、「ポートレート機能」についてです。これは、ポートレート機能をオンにすることにより、被写体の顔を少し綺麗に魅せることができます。俗っぽい言い方をすれば「盛る」ということになります。

ただ、HUAWEIの目指すところは「ナチュラルに少しだけ盛る」というコンセプトのため、プリクラのようにまるで別人になってしまうコテコテの盛り方ではありません。

実際にインカメラで自分の顔を撮影してみましたが、通常モードよりもポートレートモードの方が、少しだけ血色が良くてハリがあるように感じました。

ただ、たまたま映ったニキビなども若干目立ってしまいました。つまり、ポートレート機能とは、「くっきりと鮮明に撮影ができる機能」だといえます。

この機能によって「完璧な美人」に撮影できるとは思わないで下さい。しかし、少しだけ見栄えをよくすることはできます。インカメラにも備わっているため、自撮り撮影に非常に効果的です

・夜間モード

最後に夜間モードについて紹介しておきます。夜間モードとは、夜などの暗い場所における撮影でも、はっきりと撮影することができる機能です。

しかし、実際に撮影して見ると使い勝手は非常に悪く、撮影した写真はほぼ間違いなくブレてしまいます。なぜなら、HUAWEI P20 liteの夜間撮影は15~30秒間、同じ場所を撮影し続けることにより写真を生み出す合成技術を採用しているためです

シャッターボタンを押すと、15秒もしくは30秒程度のカウントダウンが始まります。そのあいだ、ずっとシャッターを押したときの箇所を撮り続けなければなりません

手でスマホを持ちながら、同じ場所をズラすことなく30秒ものあいだ撮影することは不可能です。そのため、夜間モードを利用する場合、三脚などのスマホを固定する機材が必ず必要になります。

上記の写真のように、夜間モードは明暗は自然ですが、手ブレによってブレブレになってしまいます。フラッシュを焚いて撮影した方が綺麗に撮れるレベルです。

したがって、夜間撮影を期待しているのであれば、HUAWEI P20 liteはおすすめできません。夜間でも綺麗に撮れるカメラ機能を持った機種は、価格が10万円を越えるような高機能端末(フラッグシップモデル)でないと難しいでしょう。

ただ、低価格帯のミドルモデルの中では、HUAWEI P20 liteのカメラ技術はとても優れているため、コストとカメラを両立させたい場合はHUAWEI P20 liteにすると良いでしょう。

顔認証と指紋認証(比較)

認証機能とは、スマホにパスワードを設定してロックをかけたとき、わざわざパスワードを入力しなくても本人であることを証明する機能です。HUAWEI P20 liteには、「指紋認証」だけでなく、「顔認証」もついています。

顔認証機能は、HUAWEI P20 liteの画面を覗き込むだけでロックを解除できる機能です。顔認証は、旧端末のP10 liteには備わっていなかった機能です。

実際に試して見ると、たしかに画面を覗き込めばすぐに画面ロックを解除することができました。そのレスポンス(反応速度)はかなり早いため、日常的にも問題なく使えます。

しかし、指紋認証機能と比較すると、指紋認証の方が「反応速度」や「利用のしやすさ」といった点で機能的に勝っています

顔認証では、画面が真っ暗の状態(スリープモード)のときは、画面を覗き込んでも認識してくれません。そのため、一度電源ボタンを押して、画面を起動させたのちに顔を覗き込まなければなりません。

しかし、指紋認証であれば、スマホが起動していない状態でも関係ありません。スマホを持って、背面の指紋認識センサーに、あらかじめ登録した指を添えるだけでロックを解除することができます。

わざわざ、「持つ→電源ボタンを押す→顔を覗き込む」という行程を踏まなければならない顔認証よりも、「持つ→指紋センサーに指を添える」という手順だけで済む指紋認証機能の方が手間もかからないため優秀です。

ファーウェイ機種との比較

ファーウェイには、HUAWEI P20 liteの旧モデルにあたるHUAWEI P10 liteと、novaシリーズのライト版にあたるHUAWEI nova lite 2(ファーウェイ ノヴァ ライト ツー)という似たような機種があります。

P10 liteとP20 liteに関しては、カメラがシングルレンズだったり、性能(スペック)に大きく違いがあったりするため、明確に差別化することができます。簡単にいえば、P10 liteに比べて、P20 liteは本体価格が1万円ほど高い代わりに、各スペックとカメラ機能が大きく向上しています

しかし、nova lite 2はP20 liteと同じく、カメラがデュアルレンズだったり、CPUなどの性能もほぼ同じだったりするため、目に見えて大きな違いはありません。では、具体的にどこが違うのでしょうか。

そこで、P20 liteがnova lite 2とどこ違うのかを以下にまとめています。

  • au系の格安SIMが使える
  • 充電器の端子がタイプCになっている
  • RAMが1GBだけ上がっており、処理能力が向上している
  • 液晶画面の大きさ(ディスプレイサイズ)が少しだけ大きい
  • カメラの画素数が300万ほど高い
  • Blue toothのバージョンが高く、接続スピードと節電力が向上している

上記の中でもっとも重要な違いは、HUAWEI P20 liteは「au系の格安SIMが使える」という点です。

au系の格安SIMとは、UQモバイルやmineo(Aタイプ)などの、auから電波を借りて運営している格安SIMを指します。HUAWEI nova lite 2は、auの周波数に対応していないため、前述のau格安SIMを使うことができません。

そのため、au系の格安SIMと契約したい場合はHUAWEI P20 liteにしなければなりません。

HUAWEI P20 liteのスペック(仕様)

最後に、基本的なスペックや付属品の紹介をします。

カラー
(色)

ミッドナイトブラック
クラインブルー
(↑メタリックで綺麗。おすすめです)
サクラピンク
サイズ・インチ数
(大きさ)
約149×71×7.4mm
重さ約145g
OSAndroid™ 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコア (2.36 GHz / 4 + 1.7 GHz / 4)
RAM(メモリ)
4GB
ROM(ストレージ)64GB
SIMサイズnano(ナノ)
microSDmicroSD/SDHC/SDXC(最大256GB)
バッテリー容量3,000mAh
ディスプレイ約5.84インチ FHD+
LTPS IPSディスプレイ
解像度1080 x 2280 フルHD+
アスペクト比18:9
アウトカメラ約1600万画素 + 約200万画素
ダブルレンズ搭載
インカメラ約1600万画素 
対応バンド【SIMフリーモデル・ワイモバイルモデル】
FDD LTE:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応
WCDMA:B1/2/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)

【au、UQモデル(HWV32)】
4G LTE&WiMAX 2+
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz両方対応)
BluetoothBluetooth® ver.4.2 with BLE (Support aptX)
SAR値0.860W/kg(頭部)/1.101W/kg(身体)
その他機能テザリング
加速度センサー
コンパス
ジャイロセンサー
環境光センサー
近接センサー
指紋認証センサー
顔認証機能
非対応防水・防塵
おサイフケータイ(NFC)/FeliCa
ワンセグ/フルセグ
赤外線通信
手ぶれ補正
4K撮影
HDMI端子
MHL機能
ハイレゾ
ワイヤレス充電
DSDS/DSDV

付属品

当サイトでは、HUAWEI P20 liteを開封した際に中身の確認を行っています。この項目では、箱に入っている付属品などの説明をします。

HUAWEI P20 liteの付属品は、以下の写真のようになっています。左から順に、HUAWEI P20 lite専用ソフトケース・設定ガイド・取扱説明書・microUSBケーブル(Cタイプ)・コンセントアダプタ・イヤホンとなっています。

au端末のHWV32の場合

また、画像には載っていませんが、SIMトレーを開くためのSIMピンも同梱(どうこん)されています。

ただ、アクセサリーに関しては、保護フィルムが付いていないため、フィルムは自分で調達する必要があります。

HUAWEI P20 liteのおすすめ格安SIM

最後に、HUAWEI P20 liteをセット販売している格安SIM事業者(MVNO)の中で、おすすめの会社を紹介します。口コミや評判も良く、キャンペーンで安くなっている会社を2社厳選しました。

楽天モバイル

楽天カードや楽天市場など、楽天のサービスを利用するユーザーなら間違いなくお得になります。ネット無制限のプランがあるため、ゲームを多用するユーザーにも向いています。

  • 高画質や動画や高負荷なゲーム以外なら使い放題
  • リアル店舗がある
  • 楽天サービスとの連携特典が大きい

端末料金:1439円×24回=34538円(税込)

UQモバイル

ストレスなく、快適にネットやゲームをしたいなら、ダントツでオススメの事業者です。現状、通信品質でこの会社に勝てる事業者はいません。動作が遅くてイライラすることはなく、ストレスフリーで利用できます。

  • 圧倒的な通信品質
  • リアル店舗がある
  • 口座引き落としが可能

現在、キャッシュバックキャンペーン中!
10000〜13000円の現金還元
※端末セット購入の有無と選択したプランにより金額が変動します。

端末料金:1296円×24回=31212円(税込)


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。