格安SIMへ乗り換えを検討しているのであれば、是非とも用意しておくべきものに「フリーメール」があります。

フリーメールとは、誰でも無料で作ることができるメールアドレスのことです。なかでも、googleが提供するGmail(Gメール)を作っておけば、あらゆる場面で重宝します。

今回は、格安スマホを利用する際に覚えておくべきGmailの必需性と、実際の登録方法や引き継ぎの仕方について解説します。

この記事を読めば、「なぜGmailが必要なのか」「どのようにGmailへ移行するのか」を知ることができ、今よりもメールの管理がしやすくなります。

キャリアメールに依存してはいけない理由

キャリアメールとは、大手携帯会社の3キャリアが提供している以下のようなメールアドレスのことを言います。

  • docomo.ne.jp
  • au.com
  • softbank.ne.jp
  • i.softbank.jp

格安スマホへ変更するのであれば、上記のキャリアメールに依存している状態は、あまり好ましくありません。なぜなら、他社へ乗り換えるときに、毎回メールアドレスを変更しなければならないからです

私は、家電量販店で携帯の販売をしており、他社への乗り換え(MNP契約)をお客さんへ提案することが頻繁にあります。その中で、他社へ乗り換えることを躊躇(ちゅうちょ)するお客さんのほとんどが、「アドレスを変えたくない」という理由で、乗り換えを拒んでいました。

確かに学校からの連絡網や、仕事用として利用しているメールアドレスをそう簡単には変える気にはなれないと思います。特に、今まで自分で変更したこともないのであれば尚更です。

ただ、キャリアのメールも、いつドメイン(@より後ろの文字列)が変更されるか分かりません。例えば、キャリアメールのドメインは、以下のように変更されたことがあります。

  • vodafone.ne.jp → softbank.ne.jp
  • ezweb.ne.jp → au.com

このように、キャリアメールもずっと同じアドレスが使えるわけではないことを認識する必要があります。

データの引き継ぎが困難

また、キャリアメールには、データ(メールのやり取り)を格安スマホに引き継げないというデメリットがあります。

引き継ぎをすることが絶対に出来ないわけではありませんが、有料でキャリアメールを利用できるように手続きしたり、複雑なデータの移行作業をしなければならなかったりと、非常に面倒な手間がかかります。

一方、フリーメールであれば、インターネット上にデータが保存されているため、アドレスとパスワードさえ覚えておけばデータ移行をする必要がありません。

そのため、早い段階でフリーメールへ変更しておくことで、スマホを乗り換える際の手間を極力減らすことができます。

特に、格安SIMは2年縛りの規制がゆるいため、携帯会社を気軽に切り替えることができるというメリットがあります。

この格安SIMの特権を活かすためには、データの引き継ぎで四苦八苦しないためにも、「キャリアに縛られないメール」にしておくことが非常に重要になります。

データ紛失のリスクが減る

前述したとおり、Gmailでやり取りしたメールは、クラウドと呼ばれる「インターネット上にある保管場所」にすべて保存されます。

そのため、携帯が故障したり紛失したりしてしまっても、他の端末(パソコンや新しい携帯)でGmailにアクセスするだけでデータを見ることができます。

しかし、キャリアメールの場合は、携帯が壊れてしまうと、携帯本体にデータが蓄積されているため、メール履歴も一緒に喪失する可能性があります。

したがって、必要なメール履歴を残しておくためにも、今のうちにGmailに変えておくことをおすすめします。

メール自体をあまり使わない場合であっても、LINEやFacebookなどのSNSや、ゲームアプリを利用するときに、登録用としてメールアドレスを準備しておかなければなりません。

スマホを利用する以上、あらゆるサービスはアドレスを用いたアカウント登録(会員証のようなもの)を要求されます

したがって、格安スマホを利用するのであれば、Gmailは是非とも用意しておきたい代物(しろもの)です。

なぜGmailなのか

ちなみに、フリーメールはGmailだけではありません。「yahooメール」や「Outlook.com」といったメールサービスなど、Gmail以外にもたくさんのフリーメールが存在します。

しかし、私はその中でもGmailを推奨しています。その理由は、以下の3つがあるからです。

  • サービスが終了する危険性が少ない
  • セキュリティレベルが高い
  • 大容量のデータを保存できる

以下で、それぞれの内容を説明していきます。

サービスが終了する危険性が少ない

実は、サービスが終了してしまったフリーメールも少なくありません。

HotmailはOutlook.comへとかわり、gooメールは無料版が廃止になるなど、さまざまな事情でサービス内容が変化しています。

しかし、Gmailは、おそらく知らない人はいないであろうインターネット事業に最大手である「google」が提供するサービスです。世界的なブランド力を持つgoogleのため、他の事業者と比べて、サービスが突然終了してしまう可能性は格段に少ないといえます。

せっかく、キャリアメールに縛られないためにフリーメールへ切り替えたとしても、フリーメールの内容そのものが変わってしまっては意味がありません。

そのため、信頼性の高いgoogleのサービスを利用することが最も安全だといえます。

セキュリティレベルが高い

また、Gmailは独自のフィルタリングサービスを設けており、迷惑メールに引っかかる確率が極めて低いことも特徴の一つです。

実際に、私は全部で5個のGmailを所有していますが、迷惑メールに引っかかったのは「捨てアドレス」として利用していた1個だけです。

Gmailであっても、サイトやサービスへ登録し続けると、どこかで漏洩(ろうえい)してしまうようです。ただ、DM(ダイレクトメール)などを自動的に迷惑メールBOXへ移動してくれるため、使いやすいことに変わりはありません。

大容量のデータを保存できる

またGmailは、15GBという大容量のデータが入るようになっています。これだけの量があれば、メール履歴で容量が満たされてしまうことはありません。

他の事業者では、yahooメールは10GB、BIGLOBEメールは5GB、というように比較すると、Gmailに方が容量的に優れています。

ただ、Google+(Googleが提供するSNS)やGoogleドライブ(画像など、様々なデータを保管しておける場所)といった別のgoogleサービスも15GBの中でまかなう形になります。

そのため、写真などのデータで膨大な容量を使用する場合は、もう一つ「メール用のgoogleアカウント」を用意しておくことをおすすめします。

先ほど述べたように、googleアカウントは非常に手軽に作ることができます。そのため、あらかじめ「メール用」や「写真保存用」などのアカウントを複数持っておくことで、「途中で容量が限界を迎え、アドレスを変更せざるを得なくなるような事態」を防ぐことができます。

メール一通のデータ量など、たかが知れています。文字だけのメールであれば50KB(0.00005GB)程度のものでしかありません。この計算でいけば、約30万通ものメールをやり取りしなければ15GBに到達しないことを意味します。

つまり、メールだけであれば、ほぼ無制限に入れられると考えて問題ないということです

以上のことから、私はGmailを推奨しています。

Gmailの作成方法

それでは、Gmailの登録方法を解説します。とはいえ、Gmailの登録方法は非常に簡単です。

【googleアカウント作成の手順】

  • googleのトップページへアクセス
  • 「ログイン」を押す
  • 「アカウント作成」を押す
  • 個人情報やアドレス、パスワードなどを入力する

以下、画像付きで解説していきます。

・「ログイン」を押す⇒「アカウントを作成」を押す

・名前、アドレス、パスワード、生年月日、性別、電話番号などを入力していく

これだけでgmailを作ることができます。だいたい、2〜3分もあればアカウントを1つ作ることができます。まずは、このgoogleアカウントを作成することから全てが始まります。

すでにGmailを持っている場合

元々、Androidのスマホを利用しているのであれば、googleアカウント(Gmail)はほぼ間違いなく持っているはずです。なぜなら、アプリ(LINEなど)をダウンロードするためには、googleアカウントが必須だからです。

既にGoogleアカウントを持っている場合、新しいスマホには「ログイン」をするだけのため、引き継ぐのは非常に簡単です。

ログインとは、登録しているメールアドレスとパスワードを入力して、ネットのサービスに接続する行為です。Gmailの中にあるデータはインターネット上に保管されているため、引き継ぎというよりは、別の端末から同じところを見ているような形になります。

ただ、自分で登録したパスワードを覚えていない人が非常に多いです。そのため、パスワードを把握するためには、パスワードを再設定する必要があります。

パスワードを再設定する

Googleアカウントのパスワードを変更するためには、まずは自分の持っているGmailのアドレスを把握する必要があります。

以下に、gmailアドレスを確認する方法を記載します。

【gmailを調べる方法】

  1. 「Playストア」を開く
  2. 左上のメニューボタン(横三本線のマーク)をタップ
  3. 自分のgoogle ID(gmail)を確認する

以下、画像付きで解説していきます。

・「Playストア」を開く⇒「メニューボタン」をタップ

・左上に表示されているアドレスを確認する(それがGoogle ID)

アドレスが分かったら、続いてパスワードを再設定します。

【googleアカウントのパスワードを再設定する】

  1. 検索からGoogleのトップページへアクセス
  2. 「ログイン」もしくは「自分のgoogleアカウント名」をタップ(右上にある)
  3. メールアドレスを入力する
  4. 「パスワードをお忘れの場合」をタップ
  5. 「別の方法を試す」をタップ
  6. アカウント復元の項目で、手順に従って「はい」をタップ

以下、画像付きで解説していきます。

・「ログイン」もしくは「自分のgoogleアカウント名」をタップ(右上にある)

・メールアドレスを入力し、「次へ」をタップ

・「パスワードをお忘れの場合」をタップ

・認証登録になるまで「別の方法を試す」をタップ

認証登録とは、googleアカウントに登録されている「緊急用アドレス」もしくは「電話番号」宛てに、「認証番号(一時的なパスワード)」を送り、その認証番号を画面に入力することで、パスワードを再設定できるという登録方法です。

ただ、他にもパスワードを再設定する手段はあります。しかし、上記の認証登録以外は、あまり有効な手法とはいえません。

なぜなら、パスワードが分からないにも関わらず「最後のパスワードを入力してください」と言われたり、「Googleアカウントを作った日付を正確に回答してください」と言われたりと、理不尽な要求をされることが多いからです。

このように難易度の高い質問が多いため、認証登録がもっとも手軽な方法といえます。認証登録は、以下のような流れで進みます。

この次の画面で、googleアカウントのパスワードを再設定することができます。新しいパスワードは、忘れないようにメモなどをしておくと良いでしょう。

以上の内容で、googleアカウントのアドレスとパスワードを把握することができます。googleドライブを利用するためには、このアカウントを管理しておきましょう。

ただし、先に述べた電話番号や緊急用アドレスを、googleアカウントを作ったときに登録していなかった場合、パスワードの再設定を行えない場合があります。

もし、パスワードの再設定が出来なかった場合、残念ですが新たにgoogleアカウントを作り直すしかありません。

Gmailのアドレスを変更したい

すでにGmailを持っているが、迷惑メールなどが入ってくるなどの理由で新しいGmailを作りたいときは、先に述べた方法でGoogleアカウントを新しく作るだけで問題ありません。

ただ、この時、今までのデータ(メールのやり取り)を引き継ぎたいというユーザーも多くいます。この場合は、どうすれば良いのでしょうか。

実は、Gmail同士であれば、メール履歴のデータは意外と簡単に引き継ぐことができます。ただ、パソコンが無いと出来ない作業になるため、以下の作業は、すべてパソコンで行う必要があります。

旧Gmailで行うこと

まずは、旧Gmailへアクセスしてください。Gmailは、googleのトップページからログインすることで入ることができます。

【旧Gmailで行うことの流れ】

  1. Gmailへアクセスする
  2. 「設定」を押す
  3. すべてのメールでPOPを有効にする

以下、画像付きで解説していきます。まずは、旧Gmailにアクセスしてください。

・「設定(歯車マーク)」を押す

・さらに「設定」を押す

・「メール転送とPOP/IMAP」のタブを押す⇒「すべてのメールでPOPを有効にする」にチェックを付ける

ここまでが、旧Gmailで行う作業になります。

新Gmailで行うこと

ここからは、新Gmailへアクセスしてください。以下の流れで作業をすすめていきます。

【新Gmailで行うことの流れ】

  1. 新Gmailアカウント内で旧Gmailにログインする
  2. メッセージのインポートを行う

・「アカウントとインポート」のタブを押す⇒「他のメールアドレスを追加」を押す

・旧googleアカウントで設定した名前とアドレスを入力し、「次のステップ」を押す

・「確認メールの送信」を押す

・旧Gmail宛てに届いた確認コードを入力し、「確認」を押す

・新旧Gmailが両方とも表示されていることを確認し、「メッセージと連絡先のインポート」を押す

・「続行」を押す

・先ほど入力した旧Gmailが表示されるため、該当のアカウントを押す

・「許可」を押し、ウィンドウを閉じる⇒「インポート開始」を押す

以上の方法で、Gmailの引っ越しを行うことができます。

Gmailの活用方法

また、Gmailの特性を活かすことで、Gmailをさまざまな用途に活用することができます。

捨てアドレスを作る

Gmailは前述したとおり、非常に簡単に作ることができます。この手軽さから、私も複数のGmailを所持しています。複数もつかどうかは人それぞれですが、私は、「仕事・重要」「娯楽・プライベート」「捨てアドレス」の3つのアドレスを所用しておくことをオススメしています。

特に、捨てアドレスを一つは持っておくことをオススメします。捨てアドレスとは、迷惑メールなどが入ってきても問題ない「どうでもいいアドレス」のことです

Amazonなどのネットショップや、FacebookなどのSNSを利用するときには、必ずメールアドレスを登録する必要があります。

インターネット上に、アドレス情報を預けるということは、情報漏洩(じょうほうろうえい)が起こる可能性があることを意味します。つまり、迷惑メールが入ってきやすくなるということです。

メールアドレスを一つにまとめてしまうと、迷惑メールや重要なメールがごちゃまぜになってしまう可能性が高くなります。

これを回避する方法として、捨てアドレスという「身代わり」を用意しておくことで、本当に大事なメールを見落とさずに済むようになります

備忘録として活用する

さらに、メールの検索機能を利用することで、膨大なメール履歴の中から欲しい情報をすぐに調べることができます。

この機能を利用すれば、「備忘録」としてメールを活用することもできます。

方法は、宛先を入れずに下書きとして保存しておくだけです。件名で「仕事」「娯楽」というように分類分けしておけば、検索で欲しい情報をすぐに引き出せるため、非常に便利です。

以下の画像は、私がGmailで保存している備忘録になります。

このような使い方もできるため、Gmailは持っていれば何かと重宝します。試してみてください。

まとめ

本記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • キャリアメールは、格安SIMには向いていない
  • Gmailは他のフリーメールよりも信頼性・セキュリティが高く、保存容量も大きい
  • Gmailは簡単に作ることができる(所要時間2~3分)
  • すでに作っているなら、ログインするだけで良い
  • Gmail→Gmailへデータを移すのはパソコンを利用する
  • Gmailは捨てアドレスや備忘録などにも使える

格安スマホを利用するのであれば、フリーメールは必需です。これを機に、大手携帯会社(3キャリア)に縛られない自由なスタイルを作っていきましょう。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。