ドコモの提供するプラン内容がまったく新しいものに変わることをご存知でしょうか。

2019年6月から、複雑化し過ぎてしまった料金形態を一新し、「シンプルでお得な料金プラン」と銘打ったドコモの新料金プラン(分離プラン)が始まりました。

ただ、新しいプランに変わるのは分かっていても、結局のところ、お得になるのかどうか分からず、いまいちピンと来ていないのではないでしょうか。

今回の新料金プランは、人によって月額料金が下がる場合もあれば、上がる場合もあります。それは、基本料金が安くなっても端末代金が大きくかかる場合があるためです。

この記事では、ドコモの新料金プランとはどのような内容なのかスペックレビューを行います。この記事を読めば、ドコモの新料金プランの全体的な概要を理解することができます。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。ドコモの営業担当者などから直接仕入れた情報を元に、新料金プランの内容を紐解いていきます。

新料金プラン(分離プラン)の概要

新料金プラン(別名:分離プラン)とは、基本料金と端末代金を別物として考えているプランです。

いままでは、「選んだ基本料金に応じて端末に値引きが入る」など相関関係がありましたが、今後は、基本料金と端末代金は完全に別として考えます

電気通信事業法の改正により、端末代金に対して「このプランに加入すれば…」などのややこしい“条件付きキャンペーン”を付けることが禁止されます。そのため、どのようなプランを選んだとしても、端末代金に一切影響を与えません。

新料金はパッケージプランである

また、従来の基本料金は、以下の3つのプランで構成されていました。

基本プラン必ず付けなければならない必須プラン。
選んだ内容によって無料通話のサービスが変わる。
ISPインターネット接続サービス(プロバイダー)。
これがないとインターネット全般のサービスが使えない。
パケットプランネット使用料。既定の容量(GB)以上使うと、
ネットの接続速度が落ちる(通信制限)。

これらを自由に組み合わせて、月額料金が決定していました(表内の金額はすべて税抜きです)。

▼例:単独契約(非家族向け)のスマホプランの場合

基本料金
(電話)
ISP
(プロバイダー)
パケットパック
(インターネット)
カケホーダイプラン
国内通話無料
2700円/月
SPモード
300円/月
ベーシックパック
容量:1〜20GB
2900〜7000円/月
カケホライトプラン
5分以内通話無料/回
1700円/月
ウルトラデータLパック
容量:20GB
6000円/月
シンプルプラン
30秒20円の通話料
980円/月
ウルトラデータLLパック
容量:30GB
8000円/月

例えば、基本料金を「カケホーダイライトプラン」、パケットパックを「ウルトラデータLパック」にした場合、合計で8000円/月(税抜)の月額料金になります(1700+300+6000=8000)。

一方、新料金プランは、上記の「基本プラン/ISP/パケットパック」を一体型(パッケージ化)にしたものになります。

そのため、今後は選んだ基本料金の中に、パケット料金もインターネット接続料金もすべて込みになっていると考えてください。

また、従来のプランは無料通話サービスが基本料金に組み込まれていたため、通話メインといえる内容でしたが、新料金プランではインターネットが主軸となっています。

その証拠に、無料通話サービスは、付けたければ付けても良いという程度の「オプション」という位置づけに変わっています。

そのため、音声通話オプションを付けなければ、これから紹介するどのプランに加入したとしても、通話は有料になります。通話は、20円/30秒(税抜)かかるため、よく通話する場合は音声通話オプションを付与する必要があります。

以上の内容を踏まえたうえで、新料金プランの内容を紹介します。新料金プランのカテゴリーは、全部で5つあります(表内はすべて税抜きです)。

プラン名月額料金内容
ギガホ6980円30GBの定額プラン
データ容量超過後も
通信速度1Mbps維持(※1)
ギガライト2980
~5980円
1~7GBの従量制プラン
使った分だけ増額するステップ型
データプラス1000円2台持ちユーザー向けプラン
ギガホ/ギガライト1回線につき
1回線まで組める(容量をシェア)
ケータイプラン1200円ガラケー利用者のみ申し込み可能
キッズケータイプラン500円12歳以下のキッズケータイ利用者のみ
申し込み可能(ファミ割加入必須)

上記のうち、スマホのメインプランとなるのが「ギガホ」と「ギガライト」です。

選べる2つのプラン「ギガホ」と「ギガライト」

ギガホは、インターネットの高速通信を30GBまで利用できる6980円/月(税抜)の定額モデルです。また、30GBデータ容量をオーバーしても、1Mbpsという通信速度が維持されます。

ギガライトは、1~7GBまでのデータ利用量に応じて、2980~5980円/月(税抜)まで月額料金が変動する従量制モデルになります。

既存プランと同様、スピードモード(自動)や1GB追加オプション(手動)を利用することで、1GB分を1000円(税抜)で通常速度に戻すこともできます。

ギガホの1Mbpsの魅力とは?

ギガホの特徴として、30GBの容量を超過しても、1Mbps(1000kbps)の速度を維持してくれます。ギガホ以外のプランの場合、指定のデータ容量を超えた場合、1Mbpsの約10分の1である128kbpsという通信速度になってしまいます。

では、1Mbpsは実際のところ、どれほどのスピードが出るのでしょうか。目安表を下に記します。

コンテンツ128kbps1Mbps
動画
(Youtube)
×
普通画質 360p
SNS
(LINE)

メッセージのみ

通話可(TV通話不可)
web
テキストのみ表示
ゲーム
(ポケモンGO)
×
音楽
(Spotify)
×
ファイル転送
(アプリダウンロード)
×
30MBなら約4分程度

ファイル転送は不向きのため、仕事などで利用する場合は1Mbpsでは少し困難かもしれません。ただ、それ以外の使い方であれば、多数のコンテンツをストレスなく利用することができます

「定期契約」および「自動更新なし」の選択

本題に入る前に、「定期契約」と「自動更新」について説明します。

ドコモに限った話ではありませんが、大手キャリアは、「定期契約あり」と「定期契約なし」の2種類の契約があります。前述の2つの契約は、以下のような違いがあります。

  • 定期契約あり…2年の契約縛り。契約期間中の解約には違約金9500円が発生する。
  • 定期契約なし…契約縛りは無いものの、1500円/月(税抜)の月額料金が加算される。

定期契約なしを選択してもいいですが、毎月1500円(税抜)かかるということは、約半年もすれば違約金分の料金を月額で引き落とされてしまいます(1500×6=9000)。

そのため、特別な理由がない限りは、「定期契約あり」がおすすめです。

「定期契約あり」の契約では、さらに2種類のプランに分かれます。それは、2年間の契約を自動的に更新する「自動更新あり」と、2年以降はいつ解約しても違約金を支払わなくて良い「自動更新なし」と呼ばれる契約です。

さて、ここからが本題です。今までは、「定期契約あり」もしくは「定期契約なし」の契約内容を途中で変更することはできませんでした。

ただし、新料金プランの場合、「定期契約あり」を選択した場合に限り、契約から22ヵ月までの間であれば「自動更新あり」から「自動更新なし」に変更することができます

したがって、2年付近にさしかかって、「ドコモを解約したいけど、更新月期間中には解約できない…」などといった事情があれば、22ヵ月までの間に自動更新なしの手続きを済ませておくといいでしょう。

そうすれば、25ヵ月目以降はいつ解約しても違約金が発生しません。

ただ、先ほども述べた通り、「定期契約なし」の契約は半年近く使えば違約金とほぼ同等の月額金を支払うことになります。

そのため、定期契約なしに移行する場合は、半年以内にドコモを解約しなければ、あまり意味の無い行為となってしまいます

また、「自動更新の有り無し」の変更は22ヶ月目までであれば問題ないですが、「自動更新契約」からいきなり「定期契約なし」へ変更してしまうと、中途解約扱いとなり解約金が発生してしまうため、注意してください。

なお、キッズケータイプランに関しては、初回2年以内の解約時のみ違約金がかかります。ただし、2年を経過しさえすれば、月額料金は変わらないまま違約金が発生しなくなります。

データプラスの概要

データプラスとは、タブレットなどに付帯する2台持ちを前提としたプランです。毎月1000円(税抜)を支払うことで、「インターネットのみの契約」で利用することができます。

ギガホ・ギガライトを契約している1回線につき、「データプラス」1回線をペアリング契約できます。ケータイプランやキッズケータイプランでは、ペアリングできないため注意してください。

なお、ペアリング回線同士は同一名義であることが条件です。また、「データプラス」側のデータ量は親回線の契約プランから使用することになります

データプラスは、ファミリー割引グループ内でのみペアリング契約をすることができます。今回の新料金プランは、すべてのキャンペーンやプラン適用の大前提の条件として「ファミリー割引」を組んでいる必要があります。

ちなみに、従来のプラン(カケホーダイ&パケあえる)では、「2台目プラス」と呼ばれるプランでしたが、内容的にはデータプラスの方が安く見積もりできます。

そのため、本体代金を考慮しなければ、データプラスの方がお得と言えます。

2つの音声オプション「かけ放題オプション」と「5分通話無料オプション」

新料金プランは、ギガホやギガライトなどの基本プランに加入しただけでは、通話は無料になりません。

概要の項目でも説明しましたが、今回の新料金プランはインターネットをメインとしています。したがって、無料通話サービスはオプションサービスとして任意で付けられるようになっています

逆に言えば、通話オプションを付与しない場合、どのプランを選んだとしても、30秒あたり20円の通話料金が発生してしまいます。

細かく内容を見ていくと、無料通話オプションは以下の2つがあります。

  • かけ放題オプション…1700円/月(税抜)
  • 5分通話無料オプション…700円/月(税抜)

もし、頻繁に通話を行う場合、通話の利用状況に応じて2つの音声オプションのうち、いずれかを選択して付与してください。

ちなみに、新料金プランに切り替えるときに通話オプションが不要の場合は、必ずショップや量販店の店員に「オプションは不要」ときっちり伝えてください

なぜなら、登録システムの都合上、従来のプランが「カケホーダイプラン」や「カケホーダイライトプラン」だった場合、新しいプランに切り替える際に、自動的にオプションが付与されてしまうからです。

  • カケホーダイプランに加入中→「かけ放題オプション」が自動付与
  • カケホライトプランに加入中→「5分通話無料オプション」が自動付与

おそらく店員が案内してくれるとは思いますが、新料金プランへの移行期間はスタッフも慣れていない登録業務を行っているため、聞きそびれてしまう可能性もあります。

その場合、不要な通話オプションが勝手につけられてしまいます。したがって、通話オプションをつけたくない場合は、必ず店員にその旨を伝えておきましょう。

簡単なようでややこしい料金形態

ドコモの新料金プランは以下の5つがあります。

  • ギガホ…6980円/月(税抜)
  • ギガライト…2980~5980円/月(税抜)
  • データプラス…1000円(税抜)
  • ケータイプラン…1200円(税抜)
  • キッズケータイプラス…500円(税抜)

上記の新料金プランでは、旧料金(カケホーダイ&パケあえる)ではできなかった「自動更新あり」と「自動更新なし」の途中変更が可能となっています。

データプラスは、ギガホ・ギガライト1回線につき、1回線のみペアリングできます。ペアリングする回線は同一名義の必要があり、パケットは主回線のデータ容量をシェアする形となります。

また、通話無料サービスはオプション扱いとなっているため、通話オプションを付与しなければ、30秒あたり20円の通話料がかかります。

ドコモの新料金プラン自体はシンプルであるものの、本記事で解説したように気を付けるべきことが多いため、注意が必要です。

契約縛りや条件付きが多いため、本当にシンプルで安くスマホを運用したい場合、格安SIMに変えることをおすすめします。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。