スマホの機種変更のときに、電話帳やアプリなどのデータを引き継ぐことに手こずってしまう人は多いです。中には、データの引き継ぎが不安という理由で機種変更をやめてしまう人さえいます。

機種をそのまま使い回さない限り、データ移行は避けることのできない問題です。しかし、どのように移せばいいのか分からなかったり、本当に移せるか不安だったりするのではないでしょうか。

実は、iPhoneからiPhoneへデータ移行をする場合、他のスマホと違い、非常に簡単にデータを移すことができます。今回はiPhoneのデータのバックアップ方法をいくつか紹介するとともに、データを引き継ぐにあたっての注意点なども話していきます。

データ移行に失敗して後悔をしたくないと思っているのであれば、本記事を事前に読んでしっかり対策してください。

ガラケーの場合→ ガラケー編
Androidスマホの場合→Android編

iTunesで引き継ぐ

iPhoneのデータの引き継ぎにおいて、最も一般的な方法はパソコンで移すことにあります。

iPhoneを提供しているApple社が「iTunes」というソフトをインターネットで無料配布しているため、まずはこのソフトウェアをダウンロードしてください。「iTunes」で検索をすれば、一番上にダウンロードページが出てくるはずです。

iTunesを起動したら、iPhoneをパソコンに接続しましょう。普段、充電で利用している付属の白いケーブルで繋ぐことができます。

本来であれば、iPhoneをパソコンに繋ぐだけでiTunesの画面が自動的にiPhoneと接続される状態になりますが、設定によっては手動で行わなければならない場合があります。

設定変更を行う方法は、画面左上の「編集」から「環境設定」を選択してください。

次のウィンドウに表示されるいくつかのアイコンの中から「デバイス」を選びましょう。すると、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」という項目があります。ここのチェックボックスを外してください。

これにより、iTunes起動時、もしくはiPhoneの接続時に、自動的にiTunesがiPhoneを認識するようになります。これで下準備は完了です。

iTunesがiPhoneを認識すると、左上にiPhoneのようなマークが表示されるため、これをクリックします。すると、画面右側にiPhoneの情報閲覧や管理などを行える画面が出てきます。

ここで、iOSというiPhoneの中にあるシステムが最新の状態に更新されているかをチェックしてください。画面内の「更新プログラムの確認」というボタンをクリックし、「このバージョンのiPhoneソフトウェアは最新バージョンです」と表示されれば問題ありません。

最新ではなかった場合は、画面の手順に従ってiOSを最新の状態にアップデートしてください。

次に、iPhoneのデータをiTunesにバックアップします。下の写真のように、「このコンピューター」という項目にチェックを付け、右側の「今すぐバックアップ」を選択します。

すると画面上に「バックアップ中」と表示されるため、しばらく待ちます。最新のバックアップという項目に「このコンピュータ:バックアップした時間」と表示されれば、バックアップは完了です。

あとは、新しいiPhoneをパソコンに繋ぎ、今すぐバックアップのとなりにある「バックアップを復元」を押してください。iPhone側にAppleのリンゴマークが表示されれば、中身のデータが復元された状態になっています。

もし、新しいiPhoneが中古品や譲り受けたものだった場合、下の写真のようなメッセージが表示されることがあります。このときは、iPhone側で「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。

設定アプリの一番上にあるユーザー名(自分が任意で決めた名前)をタップします。続いて、「iCloud」を選択します。

少し下に画面をスクロールさせると「iPhoneを探す」という項目がオンになっています。これをオフにすることで、先ほどのメッセージを回避することができます。

iTunesは容量などを気にすることなく、ほぼ完璧な状態でデータを移すことができます。そのため、パソコンとネット環境があるならば、この方法が一番オススメです。

iCloudで引き継ぐ

家にパソコンがない場合は、iCloudというAppleのサービスを利用することで、データを引き継ぐことができます。

iCloudのメリットはパソコンなど他の端末がなかったとしても、Wi-Fi環境(ネット環境)さえあれば、iPhoneひとつでデータのバックアップが取れるところにあります。

まずは、Wi-Fi環境(ネット環境)にiPhoneを接続しましょう。「設定」のアプリを押したあとに「Wi-Fi」をタップします。すると、近くを飛び交っているネットワークの一覧が表示されます。

自分の家で使っている無線ルーターという機械に、接続機器の名称と、セキュリティキーと呼ばれるパスワードが記載されています。

先ほどのネットワークの一覧に、この接続機器の名称が表示されているはずです。その機器名をタップして、セキュリティキーを入力すればiPhoneをWi-Fiに接続できます。

画面上の4Gと書かれたアイコンが扇型の電波のようなマークに切り替われば成功です。

先ほどの設定画面に戻り、一番上のユーザー名(自分が任意で決めた名前)が表示された項目をタップします。次の項目の「iCloud」を押せば、iCloudと接続されているアプリの一覧が表示されます。

ここで、右側が緑色になっている状態(ON状態)のアプリはiCloudのバックアップ対象になっているアプリです。ここで移したくないアプリをOFFに設定しておくことで、データの取捨選択が可能となります。

少し下に画面をスクロールすると、「iCloudバックアップ」という項目があるのが分かります。

これをオフからオンに切り替えると、注意書きが出てくるため、「OK」を押してください。パソコンを介さずにデータ移行する場合は、この注意事項は特に気にしなくても問題ありません。

ONにしたあと、すぐ下に「今すぐバックアップを作成」を押すことで、インターネット上にデータのバックアップが開始されます。

バックアップは早ければ数分で終わります。しかし、古いiPhoneだったり、自宅のネットのスピードが遅かったりすると1時間以上かかることもあります。そのため、多少時間に余裕を持って実行してください。

「最後に作成されたバックアップ:時間」が下に表示されればバックアップ完了です。

もし、容量が足りなくてバックアップが取れなかった場合は、iCloudの容量を有料で増やすことができます。有料とはいっても、130円/月ほどで容量を10倍にすることができます。iPhoneを利用し続けるのであれば入っておいて損はありません。

有料コースを申し込む場合は、バックアップアプリの一覧ページの上に「ストレージを管理」という項目があるため、これを押します。

続いて、「ストレージプランを変更」を押せば、容量を増やす選択肢が出てくるため、ここで増やしたい容量のコースを選択することで容量を増量することができます。

どうしても、有料コースを申し込みたくない場合は、先ほどのアプリ一覧のページで不要なアプリをOFFにしたり、写真を個別で引き継いだりしましょう。特に、引き継ぐデータを絞り込むのであれば、写真・動画の引き継ぎをOFFにすることを優先すべきです。

なぜなら、写真・動画系のデータはiPhoneの中で最も容量の占有率が高いデータだからです。

下の写真は、私のiPhoneのデータの内訳です。私はあまり写真を撮る方ではありません。しかし、200〜300枚程度の写真しかなくても、他のどのアプリよりもデータ容量が大きいことが分かります。

iCloudは、初期状態では5GBまでしかデータを保存することができません。そのため、写真などのデータが5GB以上になっていると、有料コースを選択しない限りデータを引き継ぐことができなくなります。

写真だけで5GB以上の容量がかかってしまう人は意外と多いです。そのため、まずは写真・動画をどうにかすることだけを考えてください。

写真をiCloudを介さずに移行する方法として、「Googleフォト」と「Google drive」という2つのアプリを利用する方法があります。

まずは、App storeにて上記の2つのアプリをダウンロードします。これらのアプリを利用するためには、Googleアカウントが必要になります。Googleフォトを起動し、「アカウントを追加」という項目をタップすればGoogleアカウントを作成することができます。

Googleアカウントの作成とは、Googleのサービスを利用できるようにするための会員登録のようなものです。Googleアカウントを作成したら、Googleフォトを起動します。

「バックアップと同期」をオンにして「完了」を押すと、自動的に写真がGoogleフォトに保存されます。このとき、「Wi-Fiを利用できないときはモバイルデータ通信を使用」という項目はオフにしておきましょう。

もし、上記の設定をオンにした場合、Wi-Fi環境に繋いでいない状態でgoogleフォトに写真を移すと、大量の写真を移行するデータ使用量がかかってしまいます。

スマホは、一ヶ月間利用できるインターネットの使用量を契約時に選んだプランによって定められているため、写真・動画のような大容量のデータをWi-Fi環境以外で移してしまうと、それだけで一ヶ月使えるネット使用量を食いつぶしてしまう可能性があります。

そのため、このような大容量の処理を行うときは、できるだけWi-Fi環境下で行うようにしてください。

Googleフォトに写真が同期されたら、新しいiPhoneでも同じようにGoogleフォトとGoogle driveをインストールしてください。

Googleアカウントを作成したときに決めたメールアドレスとパスワードを入力してログインすれば、バックアップした写真・動画が復元されます。

ちなみに、Googleフォトは容量無制限でデータの保存ができますが、多少画質は落ちてしまいます。

もし、画質を維持したい場合は「高画質」にチェックがついている項目を「元のサイズ」に変更することでそのままの状態でGoogleフォトに写真を保存することができます。しかし、容量は15GBまでと制限されるため、注意してください。

見れれば良いというレベルであれば、元のサイズで移さない方が良いです。なぜなら、容量が重くなり、データ移行に時間がかかるからです。

このようにして個別に写真を移すことで、容量過多によってiCloudが使用できない事態を避けることができます。その結果、他の移したいデータを新しいiPhoneに移行することができるようになります。

クイックスタートはデータを引き継ぐサービスではない

iOS11バージョン以降、クイックスタートという機能が追加されました。新しいiPhoneの初期設定のときに、前のiPhoneを近くに置いておくことで、設定情報を引き継ぐことができます(※両方ともiOS11以上のバージョンにする必要があります)。

このサービスを利用することで、データの引き継ぎができると勘違いしている人がいますが、あくまで設定の情報を引き継ぐのみになります。引き継ぐ情報は以下の内容になります。

  • Apple ID
  • 言語設定
  • キーボード設定
  • Wi-Fi設定・パスワード

上記の内容はiTunesやiCloudでも細かい部分までは引き継ぐことはできません。そのため、クイックスタートを行った上でiTunesやiCloudを利用すれば、より完璧な状態でiPhoneを引き継ぐことができます。

クイックスタートを行う場合は、新しいiPhoneの初期設定をするときに、古いiPhoneを側に置く必要があります。すると、古いiPhoneの方に「新しいiPhoneを設定」という画面が出てくるため、画面内の「続ける」というボタンをタップしてください。

次に新しいiPhoneの方に、粒子がモヤモヤと漂っているようなイメージ映像が表示されます。このとき、古い方のiPhoneはカメラが起動しています。

古いiPhoneのカメラの円枠に、新しいiPhoneのイメージ映像を読み込ませれば、設定情報を新しいiPhoneに読み込ませることができます。

手順通り進めていくと、古い方のiPhoneで「新しいiPhoneの設定を完了した」という文言がでてくるため、「OK」を押して終了してください。あとは、新しいiPhoneの設定を完了させれば設定を引き継いだ状態になります。

このようにして設定情報を移行すると、面倒な設定を省くことができるため、オススメです。

写真・動画をパソコンに保管する

新しいiPhoneの容量が今よりも少ない、もしくは今と同じ程度の容量しか入らない機種を選んだ場合、写真などの大容量のデータは新しい機種へ移さない方が良いケースもあります。

iPhoneはSDカードなどの外部デバイスを利用することができません。そのため、iPhoneは最初に定められた容量の中で、データのやりくりを行う必要があります。

例えば、iPhone6 64GBからiPhone8 64GBに機種変更をするとします。本体に入れられるデータ容量は同じ64GBです。仮に、前のiPhoneで50GBほどデータ容量を使っているとします。

この場合、新しいiPhoneにデータを丸ごと移してしまうと、iPhone 64GBの容量を最初から50GB占有してしまうことになります。

さらに、iPhoneに元々入っているシステムが5GBほどあるため、50GBのデータが入ってしまうと、自分がこれから使えるデータ容量は10GBを下回ります。そんな状態で、数年間そのiPhoneを使うことを余儀なくされるわけです。

iPhoneに限らず、スマートフォンは容量がいっぱいになると負荷がかかります。負荷が大きくなると、動きが遅くなったり、電池消費量が激しくなったりして不具合が多くなります。最悪の場合、データ的な要因でスマホが起動しなくなることもあります

AndroidなどiPhone以外のスマホであれば、SDカードという小さな黒いチップのようなものにデータを移しておくことができます。しかし、iPhoneはSDカードに非対応のため、iPhoneの予め定められた容量でデータを管理しなければなりません。

そのため、せめて総容量の3分の1程度は余裕を残しておきましょう。総量が64GBの場合は20GB程度使わずにいればベストです。

新しいiPhoneの容量に余力を残す方法のひとつとして、パソコンに写真などを保管しておくことなどがあげられます。

まずは、普段充電に使っている付属の白いケーブルをパソコンに挿しましょう。パソコン側にiPhoneで設定している名前のフォルダが表示されます。以下のようにフォルダを開けていけば写真のある階層にたどりつきます。

  1. iPhoneの名前(初期状態はiPhone7やiPhone8など)
  2. internal storage
  3. DCIM
  4. ○○○(番号)APPLE

続いて、写真を保存するフォルダを用意します。すでに作ってあるフォルダをそのまま使う場合は、この作業は特に必要ありません。

デスクトップ画面で右クリックを押せば、右メニューがあらわれます。メニュー内の「新規作成」を押しましょう。すると、「フォルダー」という項目があります。

フォルダーを押して、フォルダ名を決めれば、新しいフォルダが完成します。

あとは、先ほどの「○○○APPLE」というフォルダの中に入っている写真を新しく作ったパソコンの中のフォルダに移します。左クリックを押したまま、移したい写真までカーソル(矢印)を移動させて左クリックを話せば、カーソルで囲った部分までが選択状態になります。

あとは、もう一度囲った部分を左クリックしながら、新しく作成したフォルダまでカーソルを持っていき、左クリックを離すと写真が新しいフォルダに移ります(ドラッグ&ドロップ)。

このようにして写真をパソコンに移しておけば、大事な写真を捨てることなく、新しいiPhoneの容量問題を解決できます。

まとめ

パソコンがある場合は、100%の状態で引き継ぎができるため、iTunesを優先的に利用しましょう。パソコンが無い場合、Wi-Fi環境があればiCloudを使うことでデータのバックアップが取れます。

ただし、iCloudにはデータを保存しておける容量に上限があるため、有料で容量を増やすか、一番容量の大きい写真・動画系のデータをGoogleフォトなどで個別に引き継ぎましょう。

もし、新しいiPhoneの容量が少ない場合は、データ容量の負担が大きい写真・動画を移すのは諦め、パソコンなどに別途保存しておくのをオススメします。容量の負荷が大きいとiPhoneの故障にも繋がるからです。

以上の内容に気をつけた上で、iPhoneのデータ移行を行ってください。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。