折りたたみ携帯(ガラケー)から初めてスマートフォンに乗り換えるとき、今まで保存していた連絡先や写真をどのようにしてスマホに移せばいいのか分からない人は多いです。

さらに、ガラケーのデータを保存できたとしても、それをスマホで復元させる方法が分からなければ、不安で機種変更をためらってしまいます。ましてや、それが格安SIMに切り替えるとなればなおさらです。

ここでは、ガラケーから格安スマホに乗り換えるときに、電話帳や写真のデータを引き継いだり、バックアップを取ったりする方法を伝えます。

これを読めば、初めてスマホを契約したときにデータの引き継ぎで後悔をしてしまうことはなくなるでしょう。

iPhoneの場合→ iPhone編
Androidスマホの場合→ Android編

電話帳を移行する

まずは、携帯であれば必須ともいえる電話帳の移行方法です。しかし、データの移し先がiPhone(アイフォン)なのか、Android(アンドロイド)なのかでデータの引き継ぎ方法が異なります。

Android・iPhoneとは、スマートフォンを大きく2つに大別した種類のことを指します。簡単にいえば、Apple(アップル)という会社が作っているスマホがiPhoneで、それ以外の機種をAndroidといいます。

Androidへ電話帳を引き継ぐ方法

ガラケーからAndroidに切り替える場合は、SDカードを使うことで電話帳を移すことができます。

SDカードとは、家電量販店などで販売している黒いチップのようなもので、パソコンや携帯のデータを保存したり、引き出したりすることができます。

まずは、SDカードを用意してガラケーに入れましょう。電池パックのフタを外すか、側面のハッチを開けば挿入口が見つかります。

ここからの説明は、auの「GRATINA(グラティーナ)」という機種を例に話を進めていきます。

SDカードを挿れて携帯の電源を起動したら、本を開いたようなマークをした「電話帳ボタン」を押してください。だいたい左上にあります。

すると、連絡先一覧が表示されるため、そのページでメニューボタンを押してください。画面の右下と左下の項目が、それぞれガラケーの右上と左上のボタンに連動しています。

GRATINA(グラティーナ)では、右側にメニューがあるため、右上のボタンを押せばメニューが開きます。

メニューリストを開くと、「microSDへコピー」という選択肢があるため、これを押します。続いて、「全件コピー」を選ぶと、ガラケーに保存されたすべての連絡先をSDカードにコピーすることができます。

ちなみに、機種によっては全件コピーを選ぶときに端末暗唱番号と呼ばれるパスワードを聞かれることがあります。自分で設定している場合は別ですが、作った記憶がなければ初期設定のまま登録されているはずです。

端末暗証番号が初期設定のままであれば、パスワードは各携帯会社により以下のように指定されています。

  • ドコモ「0000」
  • au「1234」
  • ソフトバンク「9999」

このようにして、まずはガラケーからSDカードに電話帳のバックアップを取ってください。SDカードに電話帳データのバックアップを取ったら、次はAndroidへSDカードにバックアップしたデータを復元します。

ここからの説明は、docomoの「arrows Fit F01H(アロウズフィット)」という機種を例に行います。

スマホは側面にハッチがついていることが多いため、まずはそこからSDカードを入れてください。

SDカードを挿入して電源を起動したら、スマホの画面内で電話帳アプリを見つけてください。機種によって「電話帳」や「連絡先」といった感じで名前が異なるため、注意が必要です。

電話帳アプリを起動したら、点が3つ縦に並んでいるようなアイコンをした「メニューボタン」を押します。

メニュー内にある「SDカード/SIMカード/共有」という選択肢を押してください。電話帳のインポート/エクスポートという項目内に「SDカードへバックアップ/復元」という選択肢が出てくるため、これを押します。

次のページで、バックアップや復元といったSDカードの利用目的を聞いてきます。ここでは、ガラケーで保存した電話帳をスマホへ引っ張り出すため、「復元」を選択してください。

どのデータを移したいのかを聞かれるため、「電話帳」を選択します。最後に下の「復元開始」ボタンを押してください。

これで、Androidスマホの中の電話帳をSDカードに保存することができます。

iPhoneへ電話帳を引き継ぐ方法

ガラケーからiPhoneにデータを移すときは、SDカードを利用することができません。なぜなら、iPhoneはSDカードに対応していないからです

ガラケーからiPhoneに電話帳を移す方法として、パソコンを経由して電話帳を引き継ぐということがあります。つまり、「ガラケー → SDカード → パソコン → iPhone」という順番で電話帳にデータを移行するということです。

ガラケーからSDカードに電話帳を保存する方法は、前述しているため割愛します。

SDカードに写真のバックアップを取ったら、SDカードをパソコンに挿しこみます。ガラケーはmicroSDという小さなカードのため、パソコン用の大きいサイズに変える必要があります。

サイズを変換するためにアダプターを利用する必要があります。家電量販店で、500〜1000円ほどで販売しているため、これを用意しましょう。

小さなSDカードを大きいアダプターに挿し込めば、大きいSDカードとしてパソコンなどでも利用できるようになります。アダプターを取り付けたら、パソコンに挿してください。

続いて、SDカードのデータをパソコンに移します。SDカードを開くと、vcfというファイルがあります。これを、メールでiPhoneに送信して下さい。

あとはiPhone側で、メールに添付されているvcfファイルを押し、「○○件すべての連絡先を追加」という表示を押せば、あとは自動的にiPhoneに電話帳が保存されます。

このようにして、ガラケーの電話帳を移行先のスマホへ引き継いで下さい。

写真を移行する

続いてガラケーに保存してある写真をスマホに移行するときの方法です。こちらも、iPhoneかAndroidでやり方が異なります。それぞれのパターンを以下で説明していきます。

Androidへ写真を引き継ぐ方法

SDカードを挿れて電源をつけたら、メニューボタンを押してください。

メニューボタンは機種によってボタンの位置が違います。そのため、メニューと書かれたボタンがあったらそれを押し、メニューボタンが見当たらなければ真ん中のボタンを押せばメニュー画面に移動します。

GRATINA(グラティーナ)の場合は、メニューというボタンがないため、真ん中のボタンを押せば、メニュー画面に入れます。

続いて、「データフォルダ」、もしくは「データBOX」などと書かれた、ガラケーに保存された写真が見られる項目を選択してください。写真が保存されているフォルダがいくつか出てくるため、SDカードに移したい写真が入っているフォルダを選んでください。

全部移したい場合は、一番上の「全データ表示」を押せば、全ての写真を表示することができます。ただし、携帯で保存したさまざまな画像を丸ごと移してしまうため、写真以外のいらないものまで保存してしまいます。

例えば、小さな花や星のようなアイコンなど、自分で保存した記憶のないものまで含めてデータを移してしまうのです。そのため、不要な画像がある場合は、自分で移したい写真を選ぶべきです。

写真が保存されているページになったら、メニューを開きます。GRATINAの場合は、画面の右側に「メニュー」の項目があるため、ガラケー右上の「アプリ」と書かれたボタンを押せば、メニューが開きます。

すると、メニューの中に「microSDへコピー」という項目が見つかるため、これを押してください。

1件コピー・選択コピー・フォルダ内全件コピーといった選択肢が出てきます。1件コピーは今選択している写真1枚だけをSDカードに保存します。選択コピーは何枚か自分で選んだ写真をSDカードに保存します。

そして、フォルダ内全件コピーは選択したフォルダの中に入っている写真を丸ごとSDカードに保存します。ここでは、フォルダ内全件コピーを選びましょう。「フォルダ内のデータを全件コピーしますか?」と出てくるため、「YES」を押してください。

これで、microSDに選んだ写真がすべて保存されます。microSDカードにちゃんと写真が保存されているかを確認したい場合は、データフォルダを押した後に「microSD」と連動している左上の「電話帳ボタン」を押してください。

先ほど、SDカードに写真を保存するときに選んだフォルダを選択すれば、中の写真を確認することができます。

これで、ガラケーからSDカードに写真を保存することができます。続いて、SDカードに保存した写真をAndroidに復元させる方法を教えます。

古いAndroidスマホでなければSDカードを挿すだけで、SDカードに保存された写真をスマホ側で確認することができます。「ギャラリー」もしくは「写真」などの標準アプリを起動すれば見ることができます。

arrows Fit F01H(機種名)の場合

写真ではD_PAというフォルダ名になっていますが、名前は任意で変更することもできるため、特に決まった名前はありません。画面を見て写真が保存されている場所の名前をしっかりと覚えておいてください。

上記のように、ほとんどの場合はSDカードをスマホに挿入するだけで写真移行は完了します。ただし、挿しただけでは反映されないスマホも存在します。そのような場合は、「ファイルマネージャー」というアプリを利用することで解決します。

ファイルマネージャーとは、スマホやSDカードの中身を直接見ることができ、写真などのデータを保存したい場所にダイレクトに移動させることができるアプリです。

ファイルマネージャーはAndroidの「Playストア」からダウンロードすることで使えるようになります。

ただ、googleのアカウントを作っていなかった場合、googleアカウントを作らなければなりません。googleアカウントの作成とは、Androidスマホアプリをダウンロードするために必要な会員登録のようなものです。

Playストアが利用できるようになったら、検索フォームに「ファイルマネージャー」と入力してください。ファイルマネージャーが検索でヒットしたら、「インストール」を押してスマホの中にアプリを入れます。

ダウンロードが出来たら、ファイルマネージャーを押して起動します。項目の中から「SDカード」を選択すれば、SDカードの中身を確認することができます。

ただ、先ほども言ったとおり、写真が保存されているフォルダ名は決まった名前がないため、どこに保存されているかは目視で確認してください。今回は、「PRIVATE → AU → DF → D_PA」という順番でフォルダをたどれば、ガラケーから移した写真を確認することができます。

写真の保管場所を見つけたら、どの写真でもいいので長押しをしてください。すると、長押しをした箇所だけ色が変わります。色が変わったあとは、他の写真も短く押すだけで色が変わります。

スマホに移したい写真にすべて色を付けたあと、下の帯にある「コピー」を選択します。

すると、下にキャンセル/貼り付けと書かれた帯が現れます。この帯が出現した状態のまま、三角形、もしくはUターンのようなマークをした「リターンボタン」を押して一番最初のページまで戻り、「画像」を選んでください。

保存したい場所を指定して、下の「貼り付け」ボタンを押せば、先ほどコピーしたSDカード内の写真をスマホ側へ移すことができます。

以上の方法で、ガラケーからAndroidスマホへ写真を移すことができます。

iPhoneへ写真を引き継ぐ方法

ガラケーからiPhoneへ写真を移行する場合は、上記のAndroidの方法で移すことはできません。先に述べた通り、iPhoneはSDカードを挿すことができないからです。

iPhoneへ写真を移行するにはパソコンを利用して、間接的にデータを移行することになります。

まずは、ガラケーからSDカードに写真のデータを移してください。やり方は前述しているため割愛します。

続いて、パソコン側に「iTunes(アイチューンズ)」というAppleが提供しているソフトをインターネットからダウンロードする必要があります。インターネットで「iTunes」と検索すれば、一番上にiTunesをダウンロードできるページが出てきます。

iTunesをパソコンにダウンロードしたら、iPhoneをパソコンに接続してください。購入時に付属している白いケーブルで繋ぐことができます。

iTunesがパソコンにインストールされている状態で、iPhoneをパソコンに接続すると、iTunesが自動で起動します。しばらくすると、左上にiPhoneのようなマークが出てくるため、そのマークをクリックして下さい。

iPhoneのようなマークをクリックすると、左のメニュー欄に「写真」という項目が出てきます。「写真」を押すと、右側に「写真を同期」というチェック項目が現れますので、四角のチェックボックスをクリックしてレ点を付けてください。

チェックを付けた場所のすぐ下に、「写真のコピー元」という項目があります。このすぐ横のボタンを押すと、「フォルダを選択」という文字が出てきます。

「フォルダを選択」を押すと、パソコンの中のフォルダを選べるので、ガラケーで保存した写真が保存されているフォルダを選んでください。

例えば、今回の例ではD_PAというフォルダにガラケーの写真が入っているため、「SDHC(G) → PRIVATE → AU → DF → D_PA」という順番でフォルダを選んで目的のフォルダを選択します。

フォルダを選択したら、右下にある同期ボタンをクリックします。ここでいう同期とは、いわゆるコピーのようなものです。しばらくすると同期が終了し、iPhone側に写真が移っています。

以上の手順で、ガラケーの写真をiPhoneに引き継ぐことができます。

まとめ

ガラケーからスマホへデータを移すとき、AndroidとiPhoneで移行方法が異なります。

ガラケーからAndroidへデータを移すときはSDカード、iPhoneへデータを移すときはパソコンを利用して引き継ぎを行ってください。

上記の方法をうまく活用すれば、ガラケーの電話帳や写真をスマホに引き継ぐことができます。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。