スマートフォンを機種変更するときの、電話帳やアプリのデータ移行は、いつも悩まされてしまうポイントです。機種変更を躊躇してしまう人の中には、「データ移行が不安だから」という理由の人も少なからずいます。

今のスマホをそのまま格安スマホとして使うのであれば、データはそのまま残っているため何もしなくても問題ありません。しかし、スマホを新しく用意するのであれば、新たなスマホにデータを引き継ぐ必要が出てきます。

ここではAndroidから格安SIMへ変えるときに、電話帳と写真をどのように引き継げば良いのかを解説します。後悔のない機種変更を行うのであれば、本記事を読んで、データの移行に失敗しないようにしましょう。

ガラケーの場合→ ガラケー編
iPhoneの場合→ iPhone編

電話帳を引き継ぐ方法

Androidから格安スマホへ電話帳を移す場合、最も簡単な方法として「Zeetle」というアプリを利用する方法があります。まずは、PlayストアからZeetleをダウンロードします。

Zeetleを起動後、最初の画面の真ん中あたりに「はじめる」というボタンがあります。まずは、これを押してください。次に注意事項が表示されたら、右下にある「同意する」を選択します。

アプリの操作説明をしてくれる画面に切り替わりますが、そのまま左下の「閉じる」を押してください。これでZeetleをはじめることができます。

Zeetleの標準画面にまでたどり着いたら、下の「あげる」を押してください。これで、このスマホから他のスマホにデータを送る状態になります。次の画面で右上の「連絡先」を選択して次に進んでください。

スマホの電話帳と連動して連絡先一覧が画面に表示されます。点が3つ縦に並んだような「メニューボタン」が右上にあるので、これを押しましょう。すると、「全て選択」という項目が現れます。

全て選択を押すと、すべての連絡先のチェックボックスにレ点が付きます。チェックボックスにレ点が付いたのを確認したら、下の送信ボタンを押してください。

すると、送信側のスマホから「ジ〜ッ」という機械音が鳴ります。このとき、受け手側のスマホを「もらう」状態の画面にしておき、その音を受信側のスマホに聴かせることで、電話帳のデータを移行することができます。

このアプリを推奨する理由は、音で通信を行うため、赤外線やBlue toothを使わずにデータを移せるからです。そのため、AndroidやiPhoneといったスマホの種類も関係なく、数分で簡単に移せてしまいます

ただし、スマホは両方ともインターネットに繋がっている必要があります

そのため、契約が切れているなどのスマホにインターネットが接続されていない状態の場合は、自宅の固定インターネットやモバイルルーターなどを受信させ、送受信のスマホを2つともインターネットに繋いでいる状態にしてください。

要は、Wi-Fi環境(ネット環境)のある自宅で行えば、誰でも問題なく実行することができます。

写真を引き継ぐ方法

写真を移す方法はさまざまですが、ここでは「googleフォト」と「google drive」の2つのアプリを利用します。Androidでは、ほとんど標準でアプリが備わっていることが多いため、ダウンロードはしなくても問題ありません。

ただ、最新の状態に更新されていない場合は、これらのアプリを最新の状態に更新する必要があります。「Playストア」のアプリを開き、googleフォトとgoogle driveを検索すれば更新ボタンを押すことができます。事前に更新だけしておいてください。

最近の状態にしてgoogleフォトを起動したら、あとは自動的に写真がgoogleフォトに保存されていきます。googleアカウントでログインされていない場合は、Gmailとパスワードを入力してログインをしてください。

このとき、カメラで撮った写真は自動的に保存されます。ただし、それ以外の方法で入手した写真は反映されません。例えば、インターネットで保存した写真などがそれにあたります。それらの写真も引き継ぐ場合は、以下の手順に従ってバックアップを有効にする必要があります。

  1. 左上の横線が三本引いてあるような「メニューボタン」を押す
  2. 「設定」を押す
  3. 「バックアップと同期」を押す
  4. バックアップと同期がONになっていることを確認する
  5. 「端末のフォルダのバックアップ」を押す
  6. 引き継ぎたい写真の入ったフォルダ名をONにする

これで、保存したい写真がgoogleフォトに保存されます。あとは、新しいスマホで再度googleフォトとgoogle driveをインストールしましょう。保存したときと同じgoogleアカウントでログインをすれば写真や動画のデータをすべて引き継ぐことができます。

ここまで写真を新しいスマホに引き継ぐ話をしましたが、本当は新しいスマホに写真や動画を移すことを私はオススメできません。その理由を以下で説明していきます。

写真・動画は新しいスマホに移すべきではない理由

格安スマホに限った話ではありませんが、機種変更時に前の携帯から引き継ぐべきではないデータがあります。それは「写真」と「動画」です。

携帯のデータ移行といえば、電話帳や写真を真っ先に頭に浮かべる人は多いです。しかし、写真や動画を新しいスマホに移すのは極力やめた方がいいです。なぜなら、写真・動画のデータはスマホに保存するデータの中で、最も容量が大きいからです。

例えば、私は写真をあまり撮らないため、スマホの中には写真が300枚以下しか入っていない状態です。それでも、下の画像のように各データの中で最も写真がスマホの容量を占有しています。

では、データ容量が大きいと何がまずいのでしょうか。それは、容量に負荷がかかるとスマホがどんどん重くなってしまうということです。

スマホにはデータを入れることができる量が決まっているため、最初から大容量の写真などを新しいスマホに移してしまうと、すぐにスマホの動作が遅くなってしまいます。操作精度が悪くなれば、使っているだけでイライラしてしまいます。

一度でも容量がいっぱいになってしまうと、データを減らしてみても処理能力が元に戻らないことがあります。これは、負荷をかけすぎたことによりシステムそのものに不具合が生じてしまうことがあるためです。

例えば、私が家電量販店で働いているとき、女子大生のお客さんが私からiPhoneを購入してくれたときに、「あまりアプリとか使わないから」といって、16GBという一番容量の小さい機種を購入していきました。

しかし、その半年後にその女子大生は再度来店しました。そして、「スマホが全然動かなくなった」と言って購入したiPhoneを持ってきたのです。中身を見ると、写真だけでデータ容量が10GB以上も食いつぶされていました。

iPhoneは初期搭載されているシステムで、すでに4〜5GB占有しています。つまり、先ほどの写真の容量で女子大生のiPhoneはほぼいっぱいになってしまい、容量過多による負荷が原因でフリーズしてしまったのです。

女子大生は要らないアプリや写真を削り、だましだまし使っていました。しかし、容量を削除しても動作が治ることはありませんでした。結局、その女子大生は同機種の容量の大きいものに買い直しました。

この話をすると、SDカードなどの外部端子に保存しておけば問題ないという人もいます。

SDカードとは、家電量販店などで販売している黒い小さなチップのようなもので、携帯やパソコンなどのデータを保管したり、引き出したりすることができるものです。

しかし、日本国内の7割以上の人が利用しているiPhoneはSDカードに対応していません。

またiPhone以外のAndroidであっても、対応したほとんどのお客さんは、SDカードを挿しているにも関わらず、保存先をSDカードに指定していません。

つまり、せっかくSDカードを利用しているのに、写真を本体に保存している人が圧倒的に多いのです。SDカードを挿すだけで保存先が自動的にスマホになる機種もありますが、手動で行わなければならない機種だということに気が付かないのです。

また、一度SDカードを抜いてしまうと設定した内容がリセットされてしまうこともあるため、挿し直したときに保存場所が本体に再設定されていることに気付かないというパターンもあります。

SDカードはあくまで外部端子のため、機種との互換性や整合性が保証されていない不確実なものです。そのため、保存領域をSDカードに依存し過ぎてしまうと、思わぬところでデータ損失やスマホの容量負荷に繋がることがあります。

以上のことから、データ容量が大きい写真を新しいスマホに移すことはオススメしません。そもそも、あなたは携帯で撮った写真を頻繁に見返すでしょうか。撮ったことに満足して、そのまま二度と日の目を拝むことのない写真も多いはずです。

圧倒的なデータ容量をもつ写真ですが、使用頻度はそこまで多くないのが現実です。であれば、丸ごと新しい機種に写真を移し替えるのではなく、パソコンなどのほかのデバイスに保管しておくべきでしょう。

写真・動画はパソコンやSDカードに保存しておく

パソコンへ写真を移すのであれば、USBケーブルやSDカードを利用すれば簡単に移行できます。USBケーブルには大きく3種類ほど種類があるため、用意する前に違いを把握しておく必要があります。種類は以下の3つになります。

  • Lightning(ライトニング)USBケーブル → iPhone用
  • microB(マイクロBタイプ)USBケーブル → 昔のAndroid用。2015年以前のモデルに多い
  • microC(マイクロCタイプ)USBケーブル → 現行のAndroid用。2016年以降のモデルに多い

持っている機種はAndroidのため、microUSBケーブルを利用します。ただし、上記のとおりmicroUSBにはBタイプ・Cタイプというふたつの種類があります。

2015年よりも前に発売した機種であればBタイプ、2016年以降に発売した機種はCタイプであることが多いです。もし、USB端子の種類が分からなければ、「スマホの機種名_充電器_タイプ」などでネット検索をすれば、すぐに分かります。

また、いま使っている充電器がコンセントとケーブルを着脱できるタイプであれば、コンセントから引き抜いて、そのままパソコンに挿して利用することが可能です。

Bタイプであれば台形、Cタイプであれば楕円のような形をした小さい方の端子をAndroid側に挿してください。そして、長方形の形をした大きい方の端子はパソコン側に挿します。

画像の機種はdocomoの「arrows Fit F01H(アロウズフィット)」です。本記事では、この機種を例にAndroid側の操作説明を進めていきます。

Androidスマホとパソコンを繋いだら、次にパソコンの画面操作にうつります。

【パソコン操作画面は写真が用意できていないため工事中】

もし、Androidとパソコンを繋いでもパソコン側で認識してくれなかった場合、考えられる原因は主に2つあります。

一つ目は、USBケーブルが充電のみしか利用できないタイプの可能性があります。これは、ケーブルの問題のため、データ移行と充電を兼用できるケーブルを用意する必要があります。

二つ目は、スマホ側がUSB接続モードになっていない可能性です。USB接続モードをONにするためには以下の手順を踏む必要があります。

まずは、標準機能の「設定アプリ」を見つけてください。設定アプリを押すと、端末管理という項目があるため、これを選択します。

続いて、端末管理のメニューの一番下に端末情報という項目があります。これを選ぶと、端末情報メニューの下あたりにビルド番号という項目があります。これを7回連続で押してください。

ビルド番号を押し続けると、「デベロッパーになるまであと○ステップです」という文言が出てきます。7回押し切ると、「これでデベロッパーになりました!」と出てきます。これで下準備は完了です。

デベロッパーになったあと、端末管理のメニュー欄に戻ると、「開発者向けオプション」という項目が追加されているのを確認することができます。

開発者向けオプションを押して次へ進むと、最初OFF状態になっているため、ボタンを押してON状態にします。

ONにすれば、オプション内のメニューを操作できるようになります。少し下に画面を移動すると「USBデバッグ」という項目がOFFになっているのが見えます。これが、外部とのUSB接続モードを担う項目のため、ここのチェックボックスにレ点をつけましょう。

これで、USB接続モードをONにすることができます。この状態でパソコンに接続し、正しく認識するかどうかを確認してください。

パソコンがない場合はSDカードに保存する

もし、家にパソコンがない場合は、SDカード自体に保存しておきましょう。ここからは、AndroidからSDカードへの保存方法を教えます。

まずは標準機能として搭載されているギャラリー・写真といった名前のアプリを選択してください。

次にメニューボタンを選びます。arrows Fit F01H(アロウズフィット)の場合、右上に3つの縦に並んだ点のようなボタンを押すことで先へ進みます。

メニューの中の、「アルバムを選択」を押しましょう。すると、写真を選べるようになります。必要な写真を選んだあと、右上の「移動/コピー」を押してください。

あとは、出てきた案内通りに項目を選びます。「内臓ストレージ/SDカードにコピー」を押して、選択したファイルを本体/SDカードにコピーしますか?という問いに対して「YES」を押してください。

コピーではなく、「移動」という選択肢もありますが、これを選ぶのはやめましょう。なぜなら、途中で失敗したときにデータが消えてしまう可能性があるからです。

どうしても前の機種のデータを消したければ、コピーが無事に完了したのを見届けてからにしてください。

若干、項目名の違いや順番が前後することはありますが、大凡どの機種も上記の手順にしたがって進めることができるはずです。

しかし、どこを探しても写真をSDカードにコピーする方法が見つからなかった場合、「ファイルマネージャー」というアプリを利用することで、どの機種でもSDカードにデータを移行することが可能になります。

ファイルマネージャーは、Androidの「Playストア」というアプリを使ってダウンロードできます。このとき、Googleアカウントを持っていなかった場合は、アカウントを作成してからでないとPlayストアを利用することができません。

Googleアカウントの作成とは、簡単に言えばGoogleの提供するサービスを利用するための会員登録をするようなものです。Playストアを押して、「新しくアカウントを作成する」という項目から進んでいけば、あとは手順通りに情報を入力していくだけで作ることができます。

Googleアカウントを作成し、Playストアからファイルマネージャーをダウンロードしたら、アプリを起動します。ファイルマネージャーを開くと、画面内に「画像」というアイコンがあるため、これを押します。

arrows Fit F01H(アロウズフィット)の場合、撮った写真はCameraというフォルダの中に格納されるため、Cameraを押して次に進んでください。

保存されている写真の一覧が表示されたら、どれでもいいので長押ししてみてください。すると、長押しした箇所の色が変わります。緑色に変わったら、ほかの写真も押してみましょう(このときは、短めに押しても大丈夫です)。

すると、押した箇所も色が変わっていくため、移行したいデータだけを選択してください。選び終えたら、左下のコピーを押しましょう。

コピーを押すと、下に「キャンセル/貼り付け」と書かれた帯が出現します。この状態のまま、左下の三角形をした「リターンボタン」を押して、ファイルマネージャーの一番最初の画面まで戻ってください。

続いて、「SDカード」のアイコンをタップすると、SDカードの中身が表示されます。もともとあるフォルダを選んでもいいですし、新しくフォルダを作ってその中に入れてもいいです。保存場所は任意のため、自分が分かりやすい場所を選択しましょう。

ここでは、「Moved_Data_SD」という元々あるフォルダを使います。

フォルダの中は空だったので、ここにコピーした写真をすべてコピーします。空のフォルダと表示されているページまで来たら、右下の「貼り付け」ボタンを押してください。すると、先ほどコピーした写真が一気に空だったフォルダに流れ込んできます。

これでSDカードに、Androidに保存されていた写真のバックアップを取ることができます。データ移行は機種によってやり方が異なるため、方法が分からなければ「ファイルマネージャー」を利用することで、このようにどの機種でもデータを移すことが可能となります。

また、写真や動画だけでなく、アプリなども不要なものは極力移すべきではありません。なぜなら、LINEや一部のゲームアプリは、使っていけば使っていくほどデータ容量が増えてしまうからです。

最初は大したことない容量でも、トーク履歴やゲーム実績などが蓄積していけば、場合によってはGB単位まで増えてしまうアプリもあります。利用頻度が少ないにもかかわらず、時間が経てば経つほどデータが膨張していくアプリは、あるだけ邪魔です。

そのため、いっぺんにデータを引き継ぎするのではなく、本当に必要なものだけ個別で引き継ぎをした方が、新しいスマホの容量を最大限活用することができますし、容量負荷による不具合も起こりません。

データを移行するときは、これらのことに注意しながら、必要なデータを新しいスマホへ移してください。

まとめ

本記事をまとめると、電話帳は「Zeetle」、写真は「Googleフォト+Google drive」で新しいスマホへデータを引き継ぎをすることが、データを簡単に移せる方法のひとつです。

ただし、写真・動画は容量が大きいため、新しいスマホへ移すよりもパソコンなどの別のデバイスに移す方が良いでしょう。スマホの容量に余白を持たせることで、容量負荷による動作の不具合を防ぎ、スマホを長持ちさせることに繋がります。

以上のことに気を配りつつ、大切なデータを格安スマホに引き継いでください。


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。