arrows M04(読み方:アロウズ エム ゼロフォー)は、日本の家電メーカーである富士通が2017年7月20日に発売したスマートフォンです。

arrows M04は、「かんたんセット」と呼ばれるシニア向けの機能が備わっています。また、価格も安く購入できるため、老人向けの格安スマホとして注目を集めています。

ただ、実際に年配の家族に持たせても大丈夫なのか心配だと思います。また、どのあたりがシニア向けなのか、いまいち確証が持てないのではないでしょうか。

そこで、今回はarrows M04を実際に使ってみた視点から、性能や機能面をレビューしていきます。この記事を読めば、arrows M04がどのような機種なのかが分かります。

私は家電量販店で携帯の販売員をしています。お店でさまざまな機種を取り扱っているため、arrows M04が他の機種と比べてどのように違うのかを明確に説明します。

arrows M04のスペック(仕様)

arrows M04のスペック(仕様)の一覧を下記に載せます。まずは、ざっくりと、どのような内容の機種なのか確認しておきましょう。詳細は、次の項目で解説していきます。

カラー(色)
ホワイト、ブラック、ゴールド、ブルー、グリーン
サイズ(大きさ)約144×71×8.0mm
重さ約148g
OSAndroid™ 7.1
CPUQualcomm Snapdragon 410 MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
RAM(メモリ)2GB
ROM(ストレージ)16GB
SIMサイズnanoSIM
microSDmicroSD/SDHC/SDXC(最大256GB)
バッテリー容量2,580mAh
ディスプレイ約5.0インチHD IPS液晶
解像度720×1280
アウトカメラ約1310万画素 CMOS
インカメラ約500万画素 CMOS
対応バンドLTE Band1/3/8/19/26
3G Band1/5/6/8/19
GSM 850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n
BluetoothVer.4.1
SAR値1.074W/kg (頭部)/0.345W/kg (身体)
おサイフケータイ
(NFC)
モバイルsuica
nanaco
WAON
楽天Edy
QUICPay
モバイルスターバックスカード
ラッキータッチ
iDアプリ
ローソンモバイルPonta
モバイルdポイントカード
スマホサイフ
ticket board
その他防水・防塵 IPX5/IPX8(水洗い可能)
耐衝撃
Qi 急速充電(Quick Charge 3.0)
加速度センサー
ジャイロスコープ
地磁気センサー(コンパス)
RGBセンサー
近接センサー
ワンセグ
GPS
テザリング
miracast(ミラーリング対応)
簡易留守録(留守番電話)
緊急地震速報(Jアラート)
非対応指紋認証/顔認証
赤外線通信
4K撮影
ダブルレンズ
HDMI端子
MHL機能
フルセグ
ハイレゾ
ワイヤレス充電
DSDS/DSDV

arrows M04の開封・付属品

当サイトでは、arrows M04を開封した際に中身の確認を行っています。この項目では、箱の中に入っている付属品などの説明をします。

箱の外観

ダンボールのような質感の箱

箱の中身

機種本体・USBケーブル・コンセントアダプタ・説明書類・SIMトレー予備が同梱

クイックスタートガイド・操作説明書・保証書など

Googleアカウント設定用紙・SIMの差し込み方の説明用紙なども入っている

USBケーブル・コンセントアダプタ

microUSBケーブルとコンセントアダプタで充電ができる

SIMトレーの予備

SIMトレーは小さいので、失くしてしまったときの予備が入っている

arrows M04の外観・デザイン

続いて、arrows M04の外観を見てみましょう。この項目では、arrows M04のデザインや、側面に取り付けられた端子について説明します。

正面の外観・デザイン

比較的小さめのサイズ。角は丸みを帯びている

背面の外観・デザイン

指すべりがサラサラしていて持ちやすい

側面の外観・デザイン

余分なものは付いていない非常にシンプルなデザイン

上部と下部の外観・デザイン

右上にはワンセグアンテナが収納。右下にはストラップを付けられる

SIMトレーの外観・デザイン

左側面に爪を差し込む溝がある。そこに、爪を引っ掛けてトレーを引き出す
SIMカードとmicroSDカードの収納口は別々

arrows M04の画面・ディスプレイ

続いて、arrows M04を起動して画面を開きます。

ロック画面

最初のロック画面では、時計の表示・クイックカメラ・ロック解除ボタンなどがあります。ロック解除ボタンを押せばホーム画面に移動できます。

クイックカメラは、すぐに写真を撮りたいときに押せば、ロックを解除していなくてもカメラが撮れる機能です。

中央には、通知一覧が表示されます。ここにメールやLINE、ニュースなどの最新情報を表示させることができます。

ちなみに、他人に覗かれないように画面ロックをしたい場合は、設定で変更できます。種類は、パターンロック(9つの点)・ロックNo(数字のみ)・パスワード(英数字)の3つがあるため、好きなセキュリティをかけましょう。

ホーム画面

画面ロックを解除すると、ホーム画面(最初の画面)が開きます。あとは、Playストアで好きなアプリを入れて自分好みにカスタマイズします。

もともと入っているプリインストールされたアプリや画面内で出来ることは以下のようになっています。

▼ホーム画面のトップページに必要な機能が集約されている

▼画面が見づらい高齢者のために、画面の拡大機能が付いている

画面サイズ・画質・文字サイズ

画面サイズは、5.0インチです。今のスマホの中では、平均的な大きさとなっています。画質に関しては普通です。荒くはないですが、ものすごく綺麗かというとそうでもない感じです。

▼arrows M04で解像度の高い画像を見てみた

高齢者が使うときには、写真よりも文字の見やすさなどを重視します。ニュースサイトやメールを読むときには、右下の虫眼鏡マークを押すと、部分的に画面を拡大させることができます。

▼部分的に画面を拡大できる

高齢者の方は、ピンチアウト(指2本でつまむような動作をすることで画面を拡大させる機能)を苦手とするユーザーが多いです。そのため、虫眼鏡機能を使って拡大させるのはとても有効です。

また、アプリによってはピンチアウトに対応していないものもあります。しかし、虫眼鏡機能であれば、arrows M04にもともと備わっている機能のため、ピンチアウトに対応していないアプリでも拡大してみることが出来ます

▼本来、ピンチアウトに対応していないLINEも拡大できる

右下の虫眼鏡を押すと、画面が拡大する

このように、虫眼鏡の機能を使えば、LINEやメールなどの細かい文字も大きくしてみることができます。

arrows M04の通信規格

それでは、次はarrows M04の通信関連について説明します。

arrows M04の対応バンド

対応バンドとは、ドコモ・ソフトバンク・auの電波に対応しているかどうかを判断するものです。前述のスペック表に記載したarrows M04の対応バンドについて解説します。

▼arrows M04の対応バンド

LTE:1/3/8/19/26

▼各キャリアで取り扱っているバンド(周波数帯)

docomo1 / 3 / 19 / 21 / 28 /42
softbank1 / 3 / 8 / 11 / 28 / 41 / 42
au1 / 11 / 18 / 26 / 28 / 41 / 42

上記のキャリアが所有するバンドのうち、対応すべき周波数帯を太字にしています。

Band1は高速通信でエリアが最も広いメインの周波数帯です。Band1に対応していないスマホは、基本的に使い物にならないと思っていいです。

また、「ドコモのBand19」「softbankのBand8」「auのBand18と26」はプラチナバンドです。

プラチナバンドとは、高速通信ではないものの、ビルなどの障害物に阻まれても通信が切断されない周波数帯です。建物が密集している日本では、プラチナバンドも必需の電波となります。

arrows M04は、上記のメインバンドとプラチナバンドにすべて対応しているため、基本的にどのキャリアの電波でも問題なく電波を受信することができます。ちなみに、arrows M04はauのband18に対応していませんが、band26に対応していればプラチナバンドは使えるため、問題ありません。

実際に、ドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイル・楽天モバイル・mineo(Dタイプ)の音声通話SIMを挿入したところ、正常に動作したことが確認できています。

「みちびき」には対応しているのか?

「みちびき」とは、日本が運用している衛星です。いわゆる日本版GPSのようなものです。

みちびきによる位置情報検索サービスを行いたい場合に利用されますが、日本で対応できる機種は少ないです。arrows M04は「みちびき」に対応しているのでしょうか。

それを確認する方法として、「GPS test」というAndroidアプリがあります。当サイトでは、GPS testを使い、みちびきに対応しているかを調べます。

▼GPS testの測定結果

上の画像にある通り、arrows M04は「みちびき」には非対応でした。実際に、「みちびき」でマップを利用しようとしましたが、位置がブレブレで現在位置の照準が定まらないため、使い物になりませんでした。

arrows M04の性能

では、実際にarrows M04の性能について考えていきます。当サイトでは、端末の性能を数値化できる「Aututu BenchMark」というアプリを用いてベンチマークスコアを計測しています。

ベンチマークとは、比較可能な数量的な性質を指します。つまり、Antutuを用いることで、本来目に見えない「性能」を数値化し、端末の性能を比較できるということを意味します。数字として算出するため、ひとつの目安になります。

▼arrows M04のAntutu ベンチマークスコア

▼Antutu ベンチマークスコアの指標

スコアスコアの性能レベルに向いている人
150000点以上高性能を追い求めている人向け。
100000点以上3Dアクションゲームをしたい人向け。
75000点以上動画やゲームをやりたい人向け。
50000点以上SNSを使いたい人向け。
30000点以上電話・メール・調べ物がしたい人向け。
29999点以下持ってさえいればいいという人向け。

上記の目安表を見てもらうと、arrows M04は、インターネットで調べ物をしたり、電車やバス運行状況を確認したりする程度の使い方に向いていることが分かります。

arrows M04はお世辞にも性能の高い機種とはいえません。したがって、スマホの基本的な使い方である「電話」「メール」「インターネット」が使えれば良いという人以外には、あまりオススメできません。

ちなみに、他の機種のAntutuベンチマークスコアは以下のようになります。

  • 【iPhone7】178090点
  • 【AQUOS sense plus】87607点
  • 【AQUOS sense lite】57147点

iPhoneなどのハイエンドモデルには遠く及びません。老人向けのスマホとして候補に上がるAQUOS sense plusやAQUOS sense liteと比較しても、性能においては最下位レベルです。

ただ、LINEなどのメッセンジャーツールは問題なく使えます。そのため、LINEを使いたい場合は、arrows M04でも問題なく使えるため、安心してください。

arrows M04とゲームアプリの相性

arrows M04のベンチマークスコアは30000点代であるため、ゲームには向いていません。ただ、あくまで数字上の結論であるため、実際にどの程度できるものなのかを検証しました。

結論からいえば、PUBG MOBILEや荒野行動といった3Dアクションゲームは、動作の遅さが見られたため、arrows M04ではやらない方が良いです。対人戦のアクションゲームは、コンマ1秒の遅れが命取りになることもあるため、3Dアクションゲームにはまったく向いていません。

ただ、ツムツムやモンストなどの動きの少ないゲームであれば、問題なくプレイ可能です。1時間近くプレイしてみましたが、プレイそのものに支障はありませんでした。ただ、10分ほど使っていると発熱が目立ちます。

実際に、私がarrows M04で快適にプレイできたゲームアプリを一覧にしてまとめました。もし、ゲームアプリを本機でプレイしたい場合は参考にしてください。

▼ツムツムのプレイ動画(ダウンロードにはやたら時間がかかりました…)

  • ツムツム
  • 刀剣乱舞アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(ミリシタ)
  • モンスターストライク(モンスト)
  • グランブルーファンタジー(グラブル)
  • アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)
  • BanG Dream!(バンドリ)
  • 星のドラゴンクエスト(星ドラ)
  • パズル&ドラゴンズ(パズドラ)
  • パワプロ
  • ポケモンGO
  • Fate / Grand Order(FGO)

arrows M04と動画アプリの相性

もう一つ、処理能力を要するものに動画系のサービスがあります。youtubeなどを見るときに、動きが遅くないかを検証しました。

▼arrows M04でYoutubeを視聴したときの映像

Youtubeに関しては、一応問題なく見ることはできました。ただ、インターネットの接続状況によって読み込みの速度が左右されることはあるため、注意が必要です。

また、arrows M04はもともと機種の性能がそこまで高くないため、ガタが来るのも早いです。中身のシステムが更新されていけば、どんどん動きが鈍くなっていくでしょう。

そのため、最初のうちは動画が見られたとしても、そのうち動作が鈍くなってしまうかもしれません。

arrows M04のカメラ機能

この項目では、arrows M04のカメラの機能と使い方について説明します。

arrows M04には、他の機種にあるオートフォーカス・手ブレ補正・夜間撮影などの特殊な機能は付いていません。そのため、さまざまなシチュエーションに合わせて最適な撮影をすることが難しい機種となっています。

ただ、機能が付いていないがゆえにシンプルな操作となっています。やはり、カメラに関しても、「撮影できれば良い」と考える高齢者の方が使うのに適しています。

▼カメラの撮影方法

▼調整する補正機能はほとんどない

このように、基本的な機能しか備わっていないため、綺麗な写真を撮りたいと考えている場合は、違う機種にした方がいいかもしれません。

ただ、ガラケーに比べれば画質は良くなっています。そのため、ガラケーから始めてスマホに変える場合は、そこまで悪い画質には見えないでしょう。実際に、arrows M04で撮影した写真を以下に載せるので、参考にしてください。

▼建物の写真

▼遠くのオブジェクト

▼遠くのオブジェクトを拡大

上の写真を拡大して撮影したもの

▼接写撮影

花の接写撮影
腕時計の接写撮影

arrows M04の防水仕様(水洗いの方法)

arrows M04は、公式で「水洗いができる」という宣伝をしているほど、防水に特化している機種です。水洗いを推奨しているスマホはなかなか無いため、メリットとしては大きいです。

なぜなら、スマホは頻繁に触れるものなので、見た目以上にかなり汚いからです。お菓子を食べたり、トイレに行ったりした手で触っているので、あらゆる汚れが付着しています。

その汚れたスマホを「洗剤」を使って水洗いできるため、衛生的にはかなりの利点になります。

実際に、arrows M04を水洗いしてみましたが、その後なんの問題もなく利用することができました。以下に、水洗いの手順を記載しておきます。

▼水洗いするまえは必ず電源を切り、側面のキャップを閉じておきます

▼洗剤は、市販のハンドソープなどでOKです

▼やや弱めの流水で洗剤を洗い流します

▼布やタオルなどで拭く

▼10回ほど降って付着した水滴を落とす

▼10回ほどタオルの上でトントンと叩き、端子口の水滴を落とす

▼端子の口にティッシュなどを軽く入れて、内部の水を吸い取る

▼30分~1時間、電源を切ったまま放置する

上記のようにして、水洗いできます。注意点は、水洗いの際に電源を必ず切ることと、キャップを必ず閉めておくことです。

電源を起動したときに、端子などに水滴がついていると故障の原因になるため、水洗いしたときは、30分以上経ってから電源を入れるようにしてください。

arrows M04のバッテリー

arrows M04のバッテリー容量は2580mAhです。今は、標準のバッテリー容量が3000mAh程度と言われているため、標準のバッテリー容量よりすこし少ないです。

基本的には、1日1回は充電したほうがいいです。ガラケーに馴染みの深い老人にとっては1日1回の充電は多いと感じるかもしれません。ただ、そこまでスマホを利用しないのであれば2日程度なら持ちます。

また、ゲームや動画などを多用する場合は特に消費電力が多くなります。

実際に、ツムツムというLINEのゲームアプリで遊んだところ、2時間で100%の状態から87%までバッテリーが減少しました。そのため、負荷の大きい作業をする場合は1日持たない可能性もあると考えてください。

セルスタンバイ問題はどの程度か?

セルスタンバイとは、通話回線が未接続の状態のことです。スマホは、通話回線が繋がっていないと通話の電波を受信しようとして消費電力が大きくなってしまいます。これをセルスタンバイ問題と言います。

つまり、インターネットのみの契約である「データ通信専用SIM」を挿しているときには通話ができないため、アプリなどを使っていなくても消費電力が激しくなってしまう可能性があるということです。

ただ、実際に楽天モバイルとmineoの「データ通信専用SIM」を挿してみたところ、消費電力が多くなる現象は見受けられませんでした。他の格安SIMでは試していないため、確実に起こらないという保証はありません。

arrow M04通話回線を受信することができる「音声通話SIM」か「SMS付きデータ通信SIM」を契約することを推奨します。

arrows M04の価格・キャンペーン

arrows M04の各種格安SIMにおける値段の比較表を下記に載せています。定価からほとんど変わっていないところもあれば、格安で購入できる会社までさまざまです。購入の際の参考にしてください。

格安SIM事業者名通常価格
楽天モバイル一括:29138円(税込)
分割:1214円×24ヶ月(税込)
mineo(マイネオ)一括:34344円(税込)
分割:1431円×24ヶ月(税込)
IIJmio(みおふぉん)一括:23544円(税込)
分割:981円×24ヶ月(税込)
BIGLOBEモバイル一括:38616円(税込)
分割:1609円×24ヶ月(税込)
イオンモバイル一括:40824円(税込)
分割:1701円×24ヶ月(税込)
DMMモバイル一括:36504円(税込)
分割:1797円×24ヶ月(税込)
LINEモバイル一括:35424円(税込)
分割:1530円×24ヶ月(税込)

arrows M04のおすすめ格安SIM

最後に、arrows M04をセット販売している格安SIM事業者(MVNO)の中で、おすすめの会社を紹介します。口コミや評判も良く、キャンペーンで安くなっている会社を2社厳選しました。

楽天モバイル

楽天カードや楽天市場など、楽天のサービスをあなたや家族が利用していれば、間違いなくお得になります。

  • 高画質や動画やゲーム以外なら使い放題
  • リアル店舗がある
  • 楽天サービスとの連携特典が大きい

端末料金:1214円×24回=29138円(税込)

IIJmio(みおふぉん)

老舗の事業者のため、通信品質が非常に安定しています。通信速度もそこそこ早いため、ストレスなく快適に使えます。

  • 通信品質が安定している
  • 災害時に強い
  • 目立つデメリットがない

arrows M04キャンペーン中!
35424円(税込)→23544円(税込)

端末料金:981円×24回=23544円(税込)


大手携帯会社では、ショップ店員に不要なオプションを付けられたり、複雑な条件で分かりにくかったり、なかなか理想的な契約を行うことができません。

一方で格安SIMであれば、Webから申し込むことで月1,500~2,000円などの通信料となります。また、プラン内容も、すべて自分の思い通りに決めることができるため、不要なオプションで金額が高騰することはありません。

ただ、格安SIMによって、以下のような違いがあります。

  • 通信速度の速さ
  • 特典やキャンペーンの充実度
  • アフターフォロー
  • ショップの有無
  • カード払い以外の支払いが可能か
  • 単独契約向けか複数契約(家族)向けか

これらを理解したうえで格安SIMを選ぶようにしましょう。以下のページで格安SIMの特徴を解説しているため、それぞれの事業者の違いを学ぶことで、格安SIMを選ぶときの失敗を防ぐことができます。